サイゾーpremium  > 連載  > 鮫肌文殊と山名宏和の「だから直接聞いてみた」  > 一度開けた炭酸飲料の炭酸を、 抜けにくく...
連載
鮫肌文殊と山名宏和の「だから直接聞いてみた」第44回

一度開けた炭酸飲料の炭酸を、 抜けにくくすることはできませんか?

+お気に入りに追加
0909samehadasaida.jpg
photo by bhollar from flickr

今回の回答者 サントリーお客様相談室 様

 夏は炭酸である。

 実際、サイダーなどの炭酸飲料の消費量は夏場のほうが増えるそうだし、僕も普段は飲まない炭酸飲料を頻繁に飲むようになる。

 中でも我が家で一番よく飲まれる炭酸飲料は、ウイスキーのソーダ割りだろう。つまり、ハイボールだ。ハイボールというと、サントリーの販売戦略にうまいこと乗せられてしまっているようだが、サントリーのCMが始まる前から、夏場にはハイボールをよく飲んでいる。

 使うウイスキーはラフロイグ。ウイスキー専門家が、ラフロイグをソーダで割ると美味いと教えてくれたのだ。ラフロイグはスモーキーな味わいのかなりクセのある酒で、好き嫌いが分かれるところだが、ソーダで割ると、あらビックリ、そのクセがいい感じに薄まって、蒸し暑い夏にはぴったりの酒となる。

 と、ここまで書いて気づいたのだが、そういえばラフロイグもサントリーが扱っている酒ではないか。しまった。またしてもサントリーの片棒を担いでしまったか。

 そんなわけで、我が家の冷蔵庫には、夏場になるとソーダが常備される。500㎖のボトルだ。これをひと晩で飲みきることはなかなかない。半分使って、残り半分は次の日の夜に使うことになる。

 だが、2日目のソーダはどうしても炭酸が抜けてしまっている。初日のさわやかさがない。太ってしまったジュノンボーイのようだ。なので、ちょっとがっかりとした気分で酒を飲むことになる。

 しかし、僕の場合、500㎖だからまだ2日で飲みきれる。では、もっと大きなペットボトルで炭酸飲料を飲んでいる人たちはどうなのか。3日4日にわたって飲めば、炭酸はかなり抜けてしまうことだろう。

 あの抜けていく炭酸、なんとかならないものなのか。

 そこで片棒を担いだ代わりに、数ある飲料メーカーの中から、サントリーお客様相談室に直接聞いてみた。

 『一度開けた炭酸飲料の炭酸を、抜けにくくすることはできませんか?』

担当者  そうですね、いわゆる一回栓を開けたことによって空気中の酸素とかが、ペットボトルの中に入ってしまうことが炭酸の抜けてしまう原因になってしまうのですが、通常のペットボトルのキャップを閉めていただくほかに、ちょっとビンの形状でハマるかどうかわからないのですが、市販されているもので、一回栓を開けたときに、中の空気を追い出して栓をするような道具が売られていることがあるというのは聞いたことがございますので。

──なるほど。

担当者  なので、そういったものをお使いいただくしかないんですけども、それも完全に炭酸が抜けるというのを防ぐものではないと思いますので、徐々に抜けていくことには変わりはないと思います。なるべく、栓を開けた後にはお早めに飲んでいただくことをお勧めしておりますので、まあだいたい500㎖のペットボトルだと、その日に飲んでいただくことをお勧めしております。

──そうですか。

担当者  大きい2ℓのサイズも、衛生面を考えてお早めに飲んでいただきたいと考えております。だいたい栓を開けてから2~3日をご案内しておりますので、その期間内に飲んでいただけたら、完全に炭酸が抜けてしまうということはないので、お早めに飲んでいただくことがよろしいかと思います。

とても親切な説明だった。だが、中身はほとんどない。それがなんとも哀しい。それはまるで丁寧な仕事をするけどブサイクな風俗嬢のような哀しさだったのだ。

[サントリーホールディングス株式会社]
1899年に創業され、今年4月に持ち株会社として設立された、国内屈指の総合飲料メーカー。ちなみにラフロイグとは、スコットランドのアイラ島内におけるスコッチウィスキー蒸溜所、またはそこで産出されるウィスキーの名称である。日本での販売ライセンスはサントリーが持ち、750㎖で4000円前後。

やまな・ひろかず
1967年、東京にて誕生。放送作家。『行列ができる法律相談所』『ザ!鉄腕!DASH!!』(ともに日テレ系)などを手がける。担当番組がひとつ終わることになったのだが、幸いにも10月スタートの新たな番組の依頼が来ました。しかし、電話で番組内容を告げられる前に、まず「金がないんだけど」。まあ、タレントのギャラも下がってますからねえ。


Recommended by logly
サイゾープレミアム

2021年2月号

“男性学”のススメ

“男性学”のススメ
    • 【男らしさ】イメージの変遷
    • 男性学(基)【ブックガイド】
    • 【キリスト教】の男性優位主義
    • 女子が萌える【ラップ男子】
    • コロナ禍で始動【Zoomgals】
    • サンドウィッチマン【男同士のケア】
    • 【青柳翔】が語る“男らしさ”
    • オトコが乗る【軽自動車】
    • 【マンガ・アニメ】の軽自動車
    • 【ジャニーズ】男性アイドル像
    • 時代錯誤な【ジェンダー観】
    • 【サザエさん】は有害か?
    • 『サザエさん』の【初回】
    • 【井田裕隆】に聞くAV男優像
    • ポルノ視聴と【男性性の劣化】の関係
    • おじさんの【フェイスブック】
    • 【フェイスブック運営】側とのズレ
    • 育児特化の【ベビーテック】
    • 5秒でわかる【ベビーテック】
    • 【自民党】に根付く男尊女卑

「篠崎こころ」ラグジュアリーに魅せた麗しさ

「篠崎こころ」ラグジュアリーに魅せた麗しさ
    • 【篠崎こころ】召しませ #金髪ショー党

NEWS SOURCE

インタビュー

    • 【岡田結実】バラエティの人気者はエゴサで成果を感じる
    • 【STUTS】人気トラックメイカーがラップに初挑戦!
    • 【土井裕泰】TBSのエースディレクターの問題作に迫る

連載

    • 【あまつまりな】流れに身を任せちゃうんです。
    • 【グレイテスト・ラウンドガール】に新メンバー!
    • あの素晴らしい【恵美】をもう一度
    • 【コロナと不況】21年に生き残る術
    • 【萱野稔人】ソロ社会化とコミュニティの変化
    • ありがとう、【小松の親分さん】
    • ワクチンがつくる【コロナ後の世界】
    • 【丸屋九兵衛】ショーン・コネリーを語る
    • 【町山智浩】「ストレンジ・フィーリング」カトリックの洗脳とオナニー
    • 【コロナ対策論議】の根本的欠如
    • 「謎」と「静」で振り返る【2020年】
    • 【小原真史】の「写真時評」
    • 【笹 公人】「念力事報」鬼狩りの時代
    • 【稲田豊史】「妻が口をきいてくれません」圧巻の“胸クソ”読後感
    • 【辛酸なめ子】の「佳子様偏愛採取録」
    • 【本場仕込み】のビールが飲める“リビングルーム”
    • 【更科修一郎】幽霊、批評家は文化的背教者なのか。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』