サイゾーpremium  > 特集  > 9勝1敗でプリウス圧勝!! 雑誌が下した...
第1特集
専門誌から総合誌まで10誌の比較記事を"比較"!

9勝1敗でプリウス圧勝!! 雑誌が下したトヨタvsホンダ【1】

+お気に入りに追加

――エコカーブームの到来によって、トヨタ・プリウスとホンダ・インサイトというハイブリッドカーが注目を集めている。クルマ雑誌から一般誌まで、そんな両車の性能を比較する記事が登場したが、実際、買うならどっちがい〜のよ?

 今年4月1日から新グリーン税制がスタートしたこともあり、クルマ業界にエコブームが到来している。中でもハイブリッドカーの人気は高く、2月に発売されたホンダ・新型インサイトと5月に発売されたトヨタ・新型プリウスは、他車の追随を許さない2強としてしのぎを削っている状況だ。

 この両車のバトルだが、何も今に始まったことではない。実はこれ、ハイブリッドカー開発の歴史にもつながっているのだ。

 1997年、世界初のハイブリッド市販車としてトヨタが初代プリウスを、それに遅れること2年、99年にホンダが初代インサイトを販売。ここから両社の「ハイブリッド開発競争」がスタートすることになる。その後、トヨタは01年にエスティマ、クラウンのハイブリッド版を発売、同年にホンダもシビックハイブリッドで対抗した。

 そして03年、トヨタは、フルモデルチェンジした2代目プリウスを発売するや、この年のグッドデザイン賞を受賞したボディラインや「S-VSC」「キーレスドアオープン」などの最新技術が好評を博し、インサイトを大きく突き放した。

 しかし、このような状況下にあっても、一般消費者にとってハイブリッドカーが広く浸透していたわけではない。当時は世間一般に今ほどのエコ意識はなく、税金といくつかのオプションを選択すると購入費用は300万円超、同クラスの一般車は230〜250万円程度であったことから、消費者への訴求力は低かったのだ。

 契機となったのは05年。オスカー授賞式の会場を訪れたハリウッド俳優たち全員が、日本製のハイブリッドカーに乗っていたと報じられた。ハリウッド俳優たちがこぞって日本のハイブリッドカーに飛びついたのだが、これにより、認知度が高まったことは疑いがない。

 そんな状況下、今年2月ホンダのインサイトが、最低グレードの「G」を車体価格189万円で発売。その結果、発売した月の受注は、目標の3倍となる1万5000台を記録、その後も勢いは衰えず、順調に販売台数を伸ばしていく気配を見せた。

 これを見て戦々恐々としたのがトヨタ。3代目プリウスの開発を進めていたのだが、発売前は「250万円前後」と言われた値段設定の最低グレード「L」を205万円にまで下げてきた。この結果、発売した5月の販売台数は1万915台、トップに返り咲き、インサイトの独り勝ちを見事に阻止するカタチとなったのである。

 これらのメーカー間の熾烈な価格競争に新グリーン税制の導入も重なり、ハイブリッドカーは消費者にとって一気に身近な存在になった。

 さて、こうした流れを受け、クルマ雑誌をはじめとするさまざまなメディアで、ハイブリッドカーの特集が組まれるようになったが、「エンジン音が静かなことによる歩行者の危険性」「ガソリン車に比べて圧倒的に加速が悪い」(コラム参照)などの欠点を指摘している記事はほぼ皆無。特に、クルマ専門誌にこの傾向が顕著のような印象を受けてしまう。その理由の裏側には、自動車業界の体質が大きく関係しているという。

自動車メーカーと専門誌の蜜月関係

 まず、クルマ雑誌が新車情報を掲載する際、自動車メーカーが行う試乗会に参加する必要がある。そこで車体のデータや乗り心地などの情報、クルマの写真を手に入れなければ、記事を作成できないからだ。

 新車スクープや辛口批評「ざ・総括。」で知られるタブーなき自動車雑誌「ニューモデル マガジンX」(三栄書房)編集長の神領貢氏は、このことが雑誌やフリーの自動車評論家たちを縛る「鎖」になると語る。

「例えば新車の試乗会を行うとして、用意できる車の数に制限もあるし、人員の問題もあるため、すべての自動車雑誌の編集者や評論家が呼ばれるわけではありません。当然、メーカー側にとって必要と判断された関係者に声がかかる。ですが、新車に試乗して納得のいかないデキだったとしても、悪くは書けませんよ。少しでもメーカーにとって不利なことを書くと、次から呼ばれなくなったり、ほかの企画でも車を借りられなくなりますから」

 これらのシステムについては、メーカーの媒体認識によるところが大きい。

「メーカーは、おそらくは認めないでしょうが、市販されている自動車雑誌を、商業誌ではなく、自社や業界の『宣伝媒体』のひとつだと思っているはず。だからなのか、メーカーがクルマ雑誌に支払っている広告費も、ほかのジャンルの雑誌と比較すれば安い(苦笑)。ただ、業界を活性化させるために専門誌への宣伝は必要なので、クルマ雑誌の部数が減少しても広告を入れないということはありませんが」(同)

 つまるところ、メーカー側と媒体には「持ちつ持たれつの関係」が出来上がっているということであるが、試乗会にしろ、広告にしろ、昔から続いてきた体質がその関係を構築して、定着させてしまったのだ。

「それでも業界が上向いているときは新製品を追いかけるだけで部数が伸びていたから、メーカーからもらう情報をそのまま記事にしてもよかった。でも、最近はWEBの台頭により、月刊や隔週がメインのクルマ雑誌の速報性が薄くなりました。また、一般消費者の目も肥えてきたことで、専門誌に魅力を感じなくなっています。『マガジンX』も、月刊化した20年前は試乗会に呼ばれない、車は貸してもらえない、写真もダメで、記事を作るのにいろいろと苦労しました。私の前職であるJAF時代の個人的関係から広報資料の提供を受けたり、極秘の試乗会へこっそり撮影に行ったりして、他誌とは違う切り口を意識しながら、なんとかやってきました。そして20年間続いているという実績で徐々にメーカーからも認められるようになり、車を借りたりできるまでになったんです。まあ、いまだに試乗会には呼ばれませんけどね(苦笑)」(同)

 自動車業界そのものが世界的に見ても不況が叫ばれる中、クルマ雑誌も旧態依然のシステムを盲信するだけでは近い将来立ちゆかなくなる。「マガジンX」のようにメーカーからの制約を受けない独自の切り口で消費者の興味を喚起したり、表で紹介している「NAVI」のように自動車業界以外の広告収入源を開拓するなど、新しい方向性を模索していく必要があるということだろう。

 本企画では、持ち上げてばかりのハイブリッドカー紹介記事ではなく、優劣を付ける「プリウスとインサイトの比較記事」のみを集め、"比較記事の比較"を試みてみた。やはりプリウスが優勢と見て取れるだろうが、クルマ選び、またはエコロジーへの理解の一助としていただければ幸いである。


Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年9月号

戦争と平和

戦争と平和
    • 平和を願った【ジャニー喜多川】の戦後史
    • 【スピルバーグ映画】が訴える戦争
    • アメリカの【アトミック・カルチャー】
    • 【PTSDになった日本兵】の悲しき境遇
    • 【BTSDアメリカ兵】を描いた傑作映画
    • 米軍では反発も…【LGBT自衛隊員】の憂鬱
    • 戦争を金に!【トランプ】の魂胆
    • ドラッグ、殺人【米ラッパー】の司法戦争
    • アイドルが歌う【反戦歌】と音楽業界
    • 【激戦地区】の異文化と気候の地政学
    • 【映画監督・塚本晋也】ベトナム戦争映画のトラウマの意義
    • 【映画監督・想田和弘】GoProで撮影された映画で観客が失神
    • 【映画監督・宮崎大祐】戦争の記憶を掘り起こす異常な暴力映像
    • 【ラッパー・Kダブシャイン】禁断のアメリカ史を描いたフィルムメーカー
    • 【イスラーム映画祭主宰・藤本高之】中東紛争に肉薄した3作品
    • 卍とハーケンクロイツ【ナチスと仏教】の結びつき
    • 国防としての【サイバーセキュリティ】

竹内渉、究極の"美尻"撮

竹内渉、究極の
    • 【竹内渉】が魅せた色香と素顔

NEWS SOURCE

    • 【関ジャニ錦戸】退所報道の舞台裏
    • 【ソニー】音楽ビジネス大改革の裏側
    • 【秋元司・内閣府副大臣】の疑惑とは

インタビュー

    • 【上原実矩】──"年金"で女優業に目覚める !?
    • 【田川隼嗣】──18歳が月9の現場で武者震い
    • 【釈迦坊主】──元ホストラッパーの光と闇

連載

    • 【RaMu】二郎デビューしたんです。
    • 【川上愛】スパイに間違えられたモデル
    • 【菜々子】が一番大事
    • 【動画メディア】の未来と情報発信のあり方
    • 【萱野稔人】人間は"教育"によって生かされている(後)
    • 高須基仁の/【テレビ】はもう終わった
    • 盆踊りに【使徒】襲来
    • 中国大富豪たちの【ポッドキャスト】
    • 【RIZE】逮捕で考える薬物とロック
    • 町山智浩/【おしえて!ドクター・ルース】90歳のセックス・セラピスト
    • ポピュリズム政策【MMT】は日本経済の救世主か?
    • 小原真史の「写真時評」
    • 五所純子「ドラッグ・フェミニズム」
    • 笹 公人「念力事報」/帝国の翳り
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/マンガ『1122』ソリューションとしての不倫
    • アッシュ・ハドソンの「アングラ見聞録」
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 伊賀の里でビールを仕込む【忍者ブルワー】見参!
    • 幽霊、新しい大衆はもう猿を見ない。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』