サイゾーpremium  > ニュース  > カルチャー  > 円谷プロ的!? 超カオスなのになぜかポッ...
ニュース
9年ぶりにアルバムを発表する、"ミュージシャンズミュージシャン"な彼らを直撃!

円谷プロ的!? 超カオスなのになぜかポップなKIRIHITOを聴け!

+お気に入りに追加
0906_cfile_kirihito1.jpg

 ギターを持ってふらふら揺れつつ、足でカシオ・トーンを弾く脱力系のボーカルと、立ったままドラムを叩くコワモテのあんちゃん。日本を代表するパンク・デュオKIRIHITOは、ステージ上では正直ちょっと"異様な人たち"だ。竹久圏(Guitar,Vocal,etc)と早川俊介(Drums,etc)の2人によって1994年に結成され、ルー・リード&ジョン・ケイルによる『Songs for Drella』というド渋いアルバムを心の支えに、2人だけで15年走り続けてきた。その音楽は、「ロックンロールの神様=チャック・ベリーの脳ミソが爆発して、ブラックホールの果てまでぶっ飛んでいった」とでも言いたくなるような、土臭く、それでいて『2001年宇宙の旅』のような壮大な近未来を想い起こさせる。

「いやあ、僕らのやっていることはそんなスケールの大きなものじゃなくて、円谷プロみたいなもんですよ(笑)」(早川)

 あら、ステージ上ではコワモテの早川さん、実はニコニコ気さくでいらっしゃる。ライブ時の"ヤバい人"感を感じさせない2人は、何度か競演もしてきたZAZENBOYSをはじめ、さまざまなミュージシャンからリスペクトを受ける"ミュージシャンズミュージシャン"ともいうべき存在だ。そんな彼らが、この6月、実に9年ぶりのアルバムを発表する。

「9年の間にライブをやっていく中で、新曲も作ってたんですよ。曲ができて壊れて、できて壊れての繰り返しで。それがようやく実を結んだ感じですね」(竹久)

「このアルバムに入っている『On-do』って曲ができたとき、新しいことができるかも、と感じました。すごくうまいロックをやるんじゃなくて、もっとオリジナルなノリでダンスできればな、と」(早川)

 待望のアルバムには、大友良英ら、アンダーグラウンドミュージック界の大物たちも、アツいコメントを寄せている。机上で生まれる初音ミクの音に疑問符を抱いたら、KIRIHITOのカオスで「ナマ」の良さを再発見!
(胡桃川育夫)

0906_kirihito_kae.jpg

きりひと
左/竹久圏(Guitar,Vocal,etc)、右/早川俊介(Drums, etc) 。94年結成、95年アルバム『DA.VI.DE.BO』でデビュー。これまでに3枚のアルバムを発表し、3度のアメリカツアーを行う。


0906_cfile_kirihito3.jpg

『Question』
9年の時を経て生まれた、今までになくポップでキャッチーな1枚。日本語詞が多用され、早川がボーカルを担当した曲があったりと、バラエティに富み、これまで彼らの曲を聴いたことがなくても聴きやすい!
発売/P-Vine Records 価格/2730円(税込)


Recommended by logly
サイゾープレミアム

2020年11月号

映画界の伝説・角川春樹を再研究!

映画界の伝説・角川春樹を再研究!
    • 【角川春樹】映画界の生きる伝説
    • 【角川映画】日本映画史をつくった5本

NEWS SOURCE

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ