サイゾーpremium  > 連載  > 町山智浩の「映画でわかるアメリカがわかる」  > 米国民が待ち続けた大統領の謝罪の言葉
連載
町山智浩の「映画がわかる アメリカがわかる」 第17回

米国民が待ち続けた大統領の謝罪の言葉

+お気に入りに追加

【今月の映画】

『フロスト×ニクソン』
0903_machiyama.jpg
(C)2008 Universal Studios. All RIGHTS RESERVED 政界復帰を狙う元大統領リチャード・ニクソンから"謝罪"を引き出すことで、全米進出を狙うテレビ司会者デビッド・フロスト。77年、4500万人の国民が見守る中、2人の対決による伝説のインタビュー番組が生まれようとしていた......! 本年度アカデミー賞作品賞をはじめ、主要5部門にノミネートされた話題作。
監督/ロン・ハワード 脚本/ピーター・モーガン 出演/フランク・ランジェラ、マイケル・シーンほか 配給/東宝東和 3月28日より、TOHOシネマズ シャンテほかにて全国ロードショー

 1月20日、オバマ新大統領の就任式。前大統領ジョージ・W・ブッシュを乗せたヘリコプターが飛び立つと、群衆は「ヘイヘイヘイ、グッバイ」と、野球でKOされてマウンドから降りるアウェイの投手を揶揄する歌で見送った。

 34年前、同じように国民の憎悪を浴びながらヘリでホワイトハウスを去った大統領がいた。リチャード・ニクソンである。

 1974年、ニクソン大統領がワシントンにあるウォーターゲート・ビルの民主党本部を盗聴しようとしたことが発覚した。さらに彼はFBIに圧力をかけて捜査を妨害し、補佐官に盗聴を命令する電話のテープを消去した。民主党は弾劾を要求したが、ニクソンは自ら職を辞し、最後まで謝罪しなかった。しかも後任のフォードから特赦を受けたので、法廷でニクソンを裁くチャンスも消えた。アメリカ国民はどうしても納得できず、モヤモヤした気持ちを抱え続けた。

 それから3年後、ニクソンからついにアメリカ国民に対する詫びの言葉を勝ち取った男がいた。イギリス人テレビキャスター、デビッド・フロストである。彼と元大統領との丁々発止の戦いを描いた映画『フロスト×ニクソン』が、全米で公開された。

 フロストはもともと政治にはそれほど興味のない、奥様番組の司会者だった。アメリカのテレビにキャスターとして売り込みをかけたが、「ただのタレントだろ?」と相手にされなかった。そこで、ニクソンのインタビューに一発逆転をかけたのだ。

 CBSテレビもニクソンにインタビューを申し込んでいた。ニクソンは恩給を受け取れず金に困っていたので、両者を競り合わせた。結果、フロストは自分で莫大な借金をして、60万ドル(現在の数億円に相当)を提示してCBSに競り勝った。

 アメリカの視聴者が見たいものは、ただひとつ。ニクソンがウォーターゲート事件について懺悔し、謝罪する瞬間だ。その映像が撮れなければインタビューはどこのテレビ局にも売れず、フロストは破産する。

 ニクソンがインタビューを受けたのは、金のためだけではなかった。ここできっちり弁明して汚名をすすぎ、共和党の重鎮として政界に返り咲きたい。

 インタビューは毎日2時間ずつ4日間で合計8時間だが、ニクソンはウォーターゲートに関する質問は2時間だけ、という条件をつけてきた。

 最初の3日間、ニクソンはひとつの質問に対してダラダラと適当なことを話し続けて時間を稼ぎ、フロストに質問する隙を与えなかった。これで謝罪を引き出すことなどできるのか?

『フロスト×ニクソン』は舞台劇の映画化で、主役2人は舞台版も映画版も同じ。ニクソン役のフランク・ランジェラは本物よりもはるかにハンサムでダンディだが、だからこそ強敵としてドラマにサスペンスを与える。フロスト役のマイケル・シーンは、『クィーン』でブレア首相を演じた童顔の演技派。シナリオも『クィーン』のピーター・モーガン。

 フロストがニクソンから謝罪を引き出し、この成功をきっかけにサーの称号を得るほどの大ジャーナリストへと出世したことは歴史的事実。結末は明白な上に、インタビューの内容は書き換えられない(DVDで発売されている)。この縛りの多い題材を、「静かなる決闘」へと盛り上げるため、モーガンはいくつかのフィクションを加えている。中でも、夜中に酔っ払ったニクソンが突然フロストに電話をかけるシーンは完全に捏造。劇映画で何を創作しても自由とはいえ、映画だけを見た人は事実だと信じてしまうだろうから、ちと問題だ。『クィーン』でダイアナ妃の死に対するエリザベス女王の心境を勝手に想像しまくって2時間のドラマを作ったことに比べると罪は軽いが。

 しかし、「元大統領を謝らせる!」だけの話が全米1000館以上で大公開されたのは驚き。やはりニクソン以下の支持率を記録したブッシュが、まだ謝っていないからだろう。

 去年12月、ABCテレビのキャスター、チャーリー・ギブソンが任期終了間際のブッシュに単独インタビューした。ギブソンは当然フロストのニクソン・インタビューを知っているから、かなりストレートにブッシュから反省の言葉を引き出そうとした。たとえば「イラクに攻め込んで後悔していませんか?」と。でもブッシュは「あれは情報が間違っていたせい」と責任転嫁するだけ。「大統領の8年間を総括すると?」という質問にもブッシュは「楽しかったよ」と答えて、ギブソンを呆れさせた。勝てない戦争を起こして何万人も死なせた上に、世界経済までダメにしておいて、楽しかっただって?

「歴史的にあなたは、どう評価されると思いますか?」と聞かれても、「気にしない。歴史になる頃には死んでるし」と実に無責任な答え。がっかりした「ローリングストーン」誌は、代わりにブッシュの一人称で謝罪記者会見を創作した。ニクソンのほうが反省しただけ、はるかに立派だったね。


Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年12月号

禁断のSEX論

禁断のSEX論
    • 若者の42%が【チェリー】なSEX事情
    • ポルノ動画サイトの【奇妙なタグ】
    • ヤバい【動画タグ】10選
    • フェイクポルノ天国【中国】の技術力
    • 最先端の【AIモザイク除去】に驚愕
    • AV女優【ハダカの値段】は変わったか
    • 80年代人気AV女優は【風俗】へ?
    • 性的コンテンツにされる【貧困女子ネタ】
    • 【貧困】というコンテンツの課題
    • なぜ【第七世代】は童貞を表明するのか
    • 子どもに【性】を教える奥深き絵本
    • タブーを破る【新宿二丁目MCバトル】
    • 【MC漢】が語るオネエスタイルダンジョン
    • 【現役肉食JD】赤裸々SEX座談会
    • 堕胎産業が普及を阻む日本の【ピル】事情
    • 【ピル】の程普及率とマタハラ
    • 女性が描き読む【マンガのペニス】
    • 大島薫【BLのペニス】レビュー
    • 【ペドフィリア】のキワどい治療
    • 【ミーガン法】の成り立ちと欠点

とももともも初エロス

とももともも初エロス
    • 現役上智大生【とももともも】の美体

NEWS SOURCE

    • 台風で露呈した【安倍政権】の緩み
    • 音楽業界【アーティスト収入格差】
    • 【かんぽ不適切販売】の余波

インタビュー

    • 【甲斐まりか】英語も独語も操る人気モデル
    • 【葵揚】『いだてん』で輝くイケメン坊主
    • 【owls】煙たいグルーヴの重厚ヒップホップ
    • 【CHAI】NEOかわいいで世界を狙う

連載

    • 表紙/大間乃トーコ「ワンピースのボタンが飛んじゃうんです」
    • 【清水綾乃】健康美グラドル
    • 【KEIKO】とマナブ
    • モバイル研究家に聞いた【5G】への期待と不安
    • 【萱野稔人】人間の本性としての暴力と協力
    • 未知の可能性を秘めた【奥東京】
    • 【m-flo】多様性を体現する3人の帰還
    • 町山智浩/【ジョン・デロリアン】開発者と隣人がたどる数奇な運命
    • 【アマゾン大火災】と日本企業の関係
    • 小原真史の「写真時評」
    • 五所純子「ドラッグ・フェミニズム」
    • 笹 公人「念力事報」/あるいは大腸菌でいっぱいの海
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/【生理ちゃん】が男性にもたらした功績
    • アッシュ・ハドソンの「アングラ見聞録」
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 麦芽ではなく【麹】で作るビールの美味
    • 更科修一郎/幽霊、精神的福祉国家の眠れる奴隷。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』