サイゾーpremium  > 連載  > 鮫肌文殊と山名宏和の「だから直接聞いてみた」  > フルーツ・オ・レ(メロン味)の果汁1%っ...
連載
鮫肌文殊と山名宏和の「だから直接聞いてみた」第38回

フルーツ・オ・レ(メロン味)の果汁1%って、入ってる意味あるんですか?

+お気に入りに追加
0903tyokusetu-samehada.jpg
明治乳業のHPより
回答者 明治乳業広報室 様

 2009年元日、山名と一緒に『にっぽんリサーチTV ザ・パーセンティズム』(フジテレビ系)という特番を担当した。内容は、たとえば「社内不倫をしているOL」数十人に「不倫しているがために社内でドキドキすることは?」のようなテーマでアンケートを取り、その答えを100%の円グラフ化。多かった答えを2チームが対抗戦形式で予想していき、先に円グラフの51%以上を占めたほうが勝つというごくごくシンプルなもの。

 整形美女やシングルマザーなど、結構芳しい人種中心にアンケートを実施して、やってる我々スタッフもその意外な答えに驚かされることが多々あり。中でも視聴率的に盛り上がったのが、人気グラビアアイドルに聞いた「嫌いな撮影場所はどこ?」というアンケート。1位の「海・ビーチ26%──理由:水着の中に砂が入って痛いから」と、2位の「森22%──理由:虫がいるから」は予想の範囲内であったが、少数意見になかなか味わい深いものがあった。

 6位が「生活感のある部屋7%」──理由は「写真集を購入してくれたファンが"こんなビンボー臭い部屋に住んでんのか"と誤解して、"もっとセンスの良い所に住め!"とダメ出ししてきてウザいから」なんだと。

 さらに7位は「磯・岩場4%」──理由は「磯や岩場で撮影していると、近くの漁師さんが集まってきてズラリと並んで見学するので恥ずかしいから」だという。まあ私が漁師の立場なら、自分の職場で現役バリバリのグラドルが撮影やってたら、そりゃ覗きに行くわな。

 さて、そんな「聞いてナットク」なパーセンティズムだけならいいが、世の中には理不尽なものもある。それが今回のギモン「ジュースにおける果汁1%の意味」についてだ。わずか1%なら、入れても入れなくても同じじゃなかろうか? だから直接、明治乳業広報室に聞いてみた。

『フルーツ・オ・レ(メロン味)の果汁1%って、入ってる意味あるんですか?』

担当者 えぇ、はい。入っている意味があるかということですか......(10秒ほど沈黙)。ではお客様はそれについてご心配な点とかがあったんですか?(かなり申し訳なさそうに)

──いや、心配というか。1%なら入っていてもいなくても変わらないんじゃないかと思いまして。なんでわざわざ1%だけ入れたか気になって。

担当者 ......えぇ、さようでございますか。はい、一般的に1%というと非常に少ない分量かとお思いになられるかとは思うのですが、使用しないとなりますと、フレーバーや香料などだけでメロンの風味を出すことになってしまいますので。それよりは(たとえ1%でも)果汁が入っていたほうが、よりメロンの風味を感じていただけるということで、非常に少ないですが、配合させていただいております。

──もしかして、無果汁と表記すると印象が悪いから1%だけでも入れとけって! ってことはないですか?

担当者 ......それはないと思います。はい。やはり果汁を入れることによって風味が変わってきますので、微量ですが入れさせていただいております......(申し訳なさそうに)。

終始、申し訳ない感120%の担当者さん(女性)なのであった。しかし、これで「果汁1%」だとしても入っている意味が、確かにあるらしいことはわかった。でもなあ。世の中の99.9%の人が「やっぱり意味なくねっ!?」って言うと思うよ、担当者さん!


[明治乳業株式会社]
1917年に設立された、国内最大手の乳業メーカー。極東練乳株式会社として設立され、28年に明治牛乳を発売。40年に現社名に変更し、明治製菓株式会社の乳業部門を受託し、現在に至る。昨年9月、明治製菓との共同持株会社による経営統合を発表した。

(さめはだ もんぢゅ)
1965年、神戸にて誕生。放送作家。『ぐるぐるナインティナイン』(日テレ系)、『さんまのスーパーからくりTV』(TBS系)などを手がける。この春、各局で「ダイエット特番戦争勃発か!?」の情報が(って、私も1本担当しているんですが)。水面下でデブの女芸人やタレントを、プロデューサーが奪い合いしているらしい。はたして朝バナナダイエットに続くブームは来るのか? 柳の下にドジョウは何匹......。


Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年9月号

戦争と平和

戦争と平和

竹内渉、究極の"美尻"撮

竹内渉、究極の
    • 【竹内渉】が魅せた色香と素顔

インタビュー

連載

    • 【RaMu】二郎デビューしたんです。
    • 【川上愛】スパイに間違えられたモデル
    • 【菜々子】が一番大事
    • 【動画メディア】の未来と情報発信のあり方
    • 【萱野稔人】人間は"教育"によって生かされている(後)
    • 高須基仁の/【テレビ】はもう終わった
    • 盆踊りに【使徒】襲来
    • 中国大富豪たちの【ポッドキャスト】
    • 【RIZE】逮捕で考える薬物とロック
    • 町山智浩/【おしえて!ドクター・ルース】90歳のセックス・セラピスト
    • ポピュリズム政策【MMT】は日本経済の救世主か?
    • 小原真史の「写真時評」
    • 五所純子「ドラッグ・フェミニズム」
    • 笹 公人「念力事報」/帝国の翳り
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/マンガ『1122』ソリューションとしての不倫
    • アッシュ・ハドソンの「アングラ見聞録」
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 伊賀の里でビールを仕込む【忍者ブルワー】見参!
    • 幽霊、新しい大衆はもう猿を見ない。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』