サイゾーpremium  > ニュース  > 社会  > 小林よしのりVS佐藤優 論争ではなく戦争...
ニュース
2人の大物論者が喧々囂々

小林よしのりVS佐藤優 論争ではなく戦争勃発!?

+お気に入りに追加

1992年──『ゴーマニズム宣言』の連載が開始された年。掲載誌は皮肉なことに「SPA!」だった

0811_satomasaru.jpg
佐藤氏は「SPA!」の連載で3ページに渡り反撃。よしり
ん(とは書いていないが)の攻撃を「人格的な誹謗中
傷としか思えない」としている。

 よしりんこと、漫画家の小林よしのり氏が、論壇の寵児・佐藤優氏にケンカを売った。「SAPIO」(8月20日・9月3日合併号/小学館)掲載の『ゴーマニズム宣言』において、佐藤氏批判を3ページにわたって繰り広げたのだ。ここでよしりんは、自身の重要テーマである沖縄論に佐藤氏が噛み付いてきたと捉え、激高している。いわく〈佐藤優が琉球新報(7月12日)にデタラメな記事を書いている〉〈要するにこう言いたいわけだ。「小林よしのりって奴は、沖縄のことを本気で考えて行なっているのではなく、金と虚栄心を目的にやってる悪い人だぜ!」呆れた話だ。「国策捜査」で罪をでっち上げられたと言ってる奴が、人に濡れ衣を着せている!〉などなど。

 しかし、「SAPIO」といえば、よしりんだけではなく、当の佐藤氏も長期連載を持つ媒体。そこで佐藤氏を猛攻撃するとは、穏やかではない。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2020年11月号

映画界の伝説・角川春樹を再研究!

映画界の伝説・角川春樹を再研究!
    • 【角川春樹】映画界の生きる伝説
    • 【角川映画】日本映画史をつくった5本

NEWS SOURCE

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ