サイゾーpremium  > 連載  > 町山智浩の「映画でわかるアメリカがわかる」  > ハリウッドが認めたアジア系ヒーローって?
連載
町山智浩の「映画がわかる アメリカがわかる」 第8回

ハリウッドが認めたアジア系ヒーローって?

+お気に入りに追加

【今月の映画】

『ハロルド&クマー/グアンタナモからの脱出』
0806_machiyama.jpg
クソ真面目な韓国系アメリカ人・ハロルドと、超だらしないインド系アメリカ人・クマー、まったく正反対の性格の親友2人が、ひょんなことからテロリストに間違われ、グアンタナモ収容所に送られてしまい──。アジア系が主役とあって、人種的ステレオタイプをネタにした痛快なギャグも満載!
監督・脚本/ジョン・ハーウィッツ、ヘイデン・シュロスバーグ 出演/ジョン・チョー、カル・ペンほか 日本での公開は未定

『ラスベガスをぶっつぶせ』という映画が、アジア系アメリカ人たちから激しく批判されている。

 これは、90年代にマサチューセッツ工科大学の学生たちが、確率論によるブラックジャック必勝法の実践として全米各地のカジノに挑戦し、合計5億円も荒稼ぎした実話を基にしている。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年6月号

令和時代の(新)タブー

令和時代の(新)タブー

NEWS SOURCE

インタビュー

連載