> 特集  > アダルト
第1特集
宗教から見る女性問題【1】

宗教は女性を抑圧してきたのか? 三大宗教の女性観とその“功罪”

―― 果たして宗教は、女性を抑圧してきたのだろうか? 確かにイスラム教では、男尊女卑による差別があり、旧約聖書では、女性は男性の一部から生まれてきたという記述がある。“性”の問題を取り上げる今回の特集にお...

宗教は女性を抑圧してきたのか? 三大宗教の女性観とその“功罪”
第1特集
世相が見える性愛文学大賞2016

男が書くセックスはつまらん! 芥川賞『火花』の女性観は性差別!?今を感じる性愛文学賞

―― フェミニズムやジェンダー、セックスは文学のテーマとして、実にポピュラーだ。“性愛文学”とも呼ぶべきこれらの作品をあげていくことで、現代人の性に対するスタンスも見えてくるのではないだろうか? ここでは、...

男が書くセックスはつまらん! 芥川賞『火花』の女性観は性差別!?今を感じる性愛文学賞
第1特集
気鋭の【マンガ家】が女子会に潜入!

【マンガ家・小山健】が、「出会って5分でバイブ」ヤリマン女子会に潜入!

―― 気鋭のマンガ家・小山健が、女子会に潜入! 男の前では語られない「聞くだけでインポになる」ほどの会話とは!?

【マンガ家・小山健】が、「出会って5分でバイブ」ヤリマン女子会に潜入!
第1特集
法で裁けないヤバすぎる性犯罪【2】

こんなにある!性犯罪いろいろ――強姦から盗撮まで……性犯罪の種類と量刑を解説

―― 性犯罪と一口に言っても、軽犯罪から無期懲役に至る罪までさまざま。ここでは、その種類とそれぞれの刑罰の程度を見ていこう。

こんなにある!性犯罪いろいろ――強姦から盗撮まで……性犯罪の種類と量刑を解説
第1特集
法で裁けないヤバすぎる性犯罪【1】

殺人事件の裏にある強姦・死姦…異常性愛者は“更生”できない!? 性犯罪と法のスリリングな関係

―― 強姦致傷容疑で逮捕された高畑裕太の一件では、被害女性との示談が成立し、不起訴処分となった。では、性犯罪で逮捕された者を弁護するプロセスとは、いかなるものなのか? また、「性犯罪者は再犯率が高い」という...

殺人事件の裏にある強姦・死姦…異常性愛者は“更生”できない!? 性犯罪と法のスリリングな関係
第1特集
宗教画としてのマリア像の真実【2】

マリアさまはGカップだった!? ブラジャーのプロフェッショナルが聖母の豊穣な母性を徹底計測!

―― 某下着メーカーに20年間勤務するおっぱいのプロフェッショナル“佐々木先生(仮名)”がマリア図像のバストを測定!

マリアさまはGカップだった!? ブラジャーのプロフェッショナルが聖母の豊穣な母性を徹底計測!
第1特集
宗教画としてのマリア像の真実【1】

エロいマリア像掲載で「プレイボーイ」に大バッシングも! 禁断!聖母のおっぱい大研究

―― 宗教画のモチーフとして描かれ続けてきた聖母マリア像。その描かれ方にはタブーも多いはずだが、彼女の描かれ方を見ると、時代背景や権力者の影響、画家の美的感覚などが反映されている。ここでは女性の身体でもっと...

エロいマリア像掲載で「プレイボーイ」に大バッシングも! 禁断!聖母のおっぱい大研究
第1特集
浮世絵春画に見る獣姦問題【2】

古今東西、そこそこメジャーな性癖とはいえ…そもそも“獣姦”はなぜダメなのか?違法化が進む獣姦

―― こちらの記事では、“自由闊達な性表現のひとつ”として獣姦春画を見てきたが、精神医学の世界では、獣姦はやはり、「性的倒錯に診断される」ようで……

古今東西、そこそこメジャーな性癖とはいえ…そもそも“獣姦”はなぜダメなのか?違法化が進む獣姦
第1特集
浮世絵春画に見る獣姦問題【1】

犬に猫、牛馬に蛸、エイまで! 北斎の「蛸と海女」はタブーか? 浮世絵春画に見る“獣姦”の意味

―― 明治以降、“露骨で卑猥なもの”として公には拒絶されてきた春画だが、そこには日本文化における性に対する特色が数多く込められている。今回、春画が提示する数ある性問題の中から、動物と人との交わりを描いた”獣...

犬に猫、牛馬に蛸、エイまで! 北斎の「蛸と海女」はタブーか? 浮世絵春画に見る“獣姦”の意味
第1特集
日本のテレビはLGBTに優しいのか?【2】

【レイザーラモンHGが改めて語る】東西ゲイタウンの重鎮へ挨拶に…「ハードゲイ」が受けた批判とその心積り

―― 2005年、まさに後に“一発屋”と呼ばれるに相応しいレベルで大々的にブレイクしたHG。今はスーツに身を包み、コンビで漫才をやるのが主となりつつある彼に、改めて当時のハードゲイキャラの成り立ちと影響を尋...

【レイザーラモンHGが改めて語る】東西ゲイタウンの重鎮へ挨拶に…「ハードゲイ」が受けた批判とその心積り
第1特集
日本のテレビはLGBTに優しいのか?【1】

次なる便利ワードは「LGBT」か? マツコもりゅうちぇるも一緒くた!? 「オネエ」でテレビが覆い隠すもの

―― 00年代中盤のオネエブーム以降、すっかりテレビにはオネエタレントが定着した。隆盛を誇る「オネエ」だが、この言葉がいつの間にか男性同性愛者全体を指す単語として機能するようになってはいないだろうか。テレビ...

次なる便利ワードは「LGBT」か? マツコもりゅうちぇるも一緒くた!? 「オネエ」でテレビが覆い隠すもの
第1特集
奇書か名著かエロスの知的好奇心【2】

性の文化史だけじゃない!歴代首相が愛読した作品社の経済書

―― こちらの記事では「異端と逸脱の文化史」シリーズの書籍を中心に紹介してきたが、内田氏は作品社では政治経済・思想哲学の書籍も編集。ジャック・アタリ、アントニオ・ネグリといった世界的な思想家の著作も手がけて...

性の文化史だけじゃない!歴代首相が愛読した作品社の経済書
第1特集
奇書か名著かエロスの知的好奇心【1】

インポテンツも体位も“文化”として考察――性器や性的不能と社会を繋ぐ「異端と逸脱の文化史」の系譜

―― 『江戸の糞尿学』『“特殊性欲”大百科』『ヴァギナの文化史』『お尻とその穴の文化史』……。タイトルは強烈だが、装丁はエレガントな人文書。中身は知的好奇心をくすぐり、社会や人間の本質を浮き彫りにしていく内...

インポテンツも体位も“文化”として考察――性器や性的不能と社会を繋ぐ「異端と逸脱の文化史」の系譜
第1特集
心置きなくヌケる個室ビデオ店のヒミツ【2】

AVの品揃えから客層まで…サラリーマンのオアシスたる都内の個室ビデオを勝手にレビュー!

―― 興味はありつつも、いかがわしい外観から個室ビデオにはなかなか入りづらい──。そんな読者のために、平日の午後に訪れた2大グループ〈金太郎・花太郎〉〈宝島24〉の4店舗の様子をレポートしよう!

AVの品揃えから客層まで…サラリーマンのオアシスたる都内の個室ビデオを勝手にレビュー!
第1特集
心置きなくヌケる個室ビデオ店のヒミツ【1】

飛び散った精液も拭き取るブラックな労働環境…風営法のグレーゾーンで営業! “個室ビデオ”産業のウラ側

―― 金太郎、花太郎、宝島24──。AVを気兼ねなく快適に鑑賞できることから、自宅ではオナニーがしづらい所帯持ちサラリーマンの“救済の場”として機能している個室ビデオ。これまでユーザー目線で店内の様子をレポ...

飛び散った精液も拭き取るブラックな労働環境…風営法のグレーゾーンで営業! “個室ビデオ”産業のウラ側
サイゾープレミアム

2019年6月号

令和時代の(新)タブー

令和時代の(新)タブー

NEWS SOURCE

インタビュー

連載