> 渡邉恒雄の検索結果

渡邉恒雄 の検索結果

第1特集
プロ野球の裏に暗闘あり【1】

ついに”55本HRタブー”が破られた裏で政界を巻き込むセ・パ覇権闘争が勃発!

――  2013年のプロ野球は、「55本タブー」がついに破られた記念すべき年になった。一方で、”統一球”と呼ばれる新規格のボールに関して、NPB側が変更を明らかにしていなかったことが発覚し、それに伴い加藤良...

ついに”55本HRタブー”が破られた裏で政界を巻き込むセ・パ覇権闘争が勃発!
第1特集
スポーツと在日タブーの歴史【1】

Jリーグの”在日枠”の存在理由とは? スポーツ界における在日タブーの今

――  日本のスポーツ界では、多くの在日朝鮮人・韓国人の選手が活躍している。古くはプロ野球界で活躍した張本 勲や、告白本を出版した金村義明、サッカーでは李 忠成や鄭 大世らが、一般に知られるところだろう。し...

Jリーグの”在日枠”の存在理由とは? スポーツ界における在日タブーの今
第2特集
醜聞に揺れる”盟主”読売巨人軍の内実【9】

野球ギャグマンガ『かっとばせ! キヨハラくん』作者が感じる、巨人「最後のスターは清原だった」

―― かつて「コロコロコミック」(小学館)で連載されていた『かっとばせ! キヨハラくん』に始まる野球ギャグマンガ。一部少年の心に妙な刷り込みを与えた同作作者(実は中日ファン)は、当時とその後、巨人をどう見て...

野球ギャグマンガ『かっとばせ! キヨハラくん』作者が感じる、巨人「最後のスターは清原だった」
第2特集
醜聞に揺れる”盟主”読売巨人軍の内実【8】

「週刊ベースボール」編集長・小林光男が語るファン心理 盟主だからこそ表に出た醜聞の意義とは?

―― 50年以上もの歴史を誇る専門誌「週刊ベースボール」。常にファンの目線から球界と巨人軍を見てきた同誌編集長は、一連の醜聞をどう見るのか?

「週刊ベースボール」編集長・小林光男が語るファン心理 盟主だからこそ表に出た醜聞の意義とは?
第2特集
醜聞に揺れる”盟主”読売巨人軍の内実【7】

スポーツライター永谷脩が苦言「ついに表面化した巨人軍の”カネ”と”驕り”」

―― スポーツライターとして長きにわたり球界を見続けてきたジャーナリストは「今回の不祥事は巨人軍の驕り」だと苦言を呈す。その根底にあるものは何か? 特別視される巨人軍の闇を語る。

スポーツライター永谷脩が苦言「ついに表面化した巨人軍の”カネ”と”驕り”」
第2特集
醜聞に揺れる”盟主”読売巨人軍の内実【6】

『Gファイル』執筆者のジャーナリスト・武田賴政が指摘! 「球界が角界のように腐敗するかの分水嶺」

―― 94~97年の第二次長嶋政権を支えた、アメリカ仕込みのスポーツマネジメントのプロフェッショナル・河田弘道。彼の秘蔵資料に触れ、その中身を知ったジャーナリストは、「当時と今と、巨人は何も変わらない」と指...

『Gファイル』執筆者のジャーナリスト・武田賴政が指摘! 「球界が角界のように腐敗するかの分水嶺」
第2特集
醜聞に揺れる”盟主”読売巨人軍の内実【5】

「巨人の四番に女性問題がないわけがない」ビビる大木が嫌いになれない“1億円を払う”原の天然ぶり

―― 先日熱愛報告も行ったMCを務めている情報番組『PON!』(日本テレビ)での、「我が巨人軍は~」というチームの状況報告はすっかりおなじみとなった。そんな芸能界きっての巨人ファン・ビビる大木の現在の思いと...

「巨人の四番に女性問題がないわけがない」ビビる大木が嫌いになれない“1億円を払う”原の天然ぶり
第2特集
醜聞に揺れる”盟主”読売巨人軍の内実【4】

元セ・リーグ事務局長の渋澤良一が指摘する球界の問題点「球界の傲岸無礼な態度は、国全体の病巣だ」

―― ——長年、読売新聞の運動部に在籍し、読売巨人軍、セ・リーグの運営トップに立った球界きっての論客は、昨今の問題をどう見るのか?

元セ・リーグ事務局長の渋澤良一が指摘する球界の問題点「球界の傲岸無礼な態度は、国全体の病巣だ」
第2特集
醜聞に揺れる”盟主”読売巨人軍の内実【3】

「責任転嫁ばっかりしてると選手に呆れられる」“球界の野良犬”愛甲猛が知る原スキャンダルと野球賭博

―― 横浜高校甲子園優勝投手からドラフト1位でロッテ入り、プロ生活晩年の中日でも代打の切り札として活躍した愛甲猛。そして今や、球界随一のぶっちゃけキャラとなった彼が知る、巨人の本当の強さとは。

「責任転嫁ばっかりしてると選手に呆れられる」“球界の野良犬”愛甲猛が知る原スキャンダルと野球賭博
第2特集
醜聞に揺れる”盟主”読売巨人軍の内実【2】

「マスコミには清武の味方になる理由がないだけ! 巨人の裏金は他球団が悪い」エモやんが語る球界と巨人

―― 元選手であり、著作やスポーツ紙などで持論を展開してきた”エモやん”こと、プロ野球解説者の江本孟紀氏。彼は、巨人にまつわる一連の事件や現状をどのように見ているのだろうか。

「マスコミには清武の味方になる理由がないだけ! 巨人の裏金は他球団が悪い」エモやんが語る球界と巨人
第2特集
醜聞に揺れる”盟主”読売巨人軍の内実【1】

清武の乱、契約金超過問題、トドメに原の1億円……紳士なんかじゃない! 巨人軍スキャンダル史

―― “球界の紳士””球界の盟主”と呼ばれてきた読売巨人軍が、「週刊文春」6月28日号の報道に端を発するスキャンダルに、揺れている。かねてより同球団に対しては球界の内外から毀誉褒貶相半ばしてきたが、今回の事...

清武の乱、契約金超過問題、トドメに原の1億円……紳士なんかじゃない! 巨人軍スキャンダル史
ニュース
放射線量は「100ミリシーベルトだって大丈夫」!?

野田政権がゴリ押し!「原子力規制委員会」のトンデモな面々たち

――  野田政権は7月26日、原発行政を監視する新組織「原子力規制委員会」のメンバーに、内閣府原子力委員会の田中俊一・元委員長代理をトップとする5人の委員を内定した。だが、すでに指摘されているように、この田...

野田政権がゴリ押し!「原子力規制委員会」のトンデモな面々たち
第1特集
清武英利への直撃インタビュー

清武英利元巨人軍球団代表が『巨魁』に込めた本当の思いとは? 出版差し止め請求とナベツネが書いた大きな嘘

―― 2011年に起きた「清武の乱」にはじまる一連の騒動について綴られた『巨魁』が、今年3月に発売された。同書の著者であり、本騒動の中心人物である清武英利氏は、今なお、もうひとりの主人公、ナベツネの標的にさ...

清武英利元巨人軍球団代表が『巨魁』に込めた本当の思いとは? 出版差し止め請求とナベツネが書いた大きな嘘
第2特集
楽天・三木谷浩史は日本経済を変えるのか?【2】

恵まれた環境と如才ない処世術でのし上がった"財界のジジ転がし"三木谷浩史が反旗を翻すまで

―― 果たして本当に三木谷浩史は日本経済を変えるのか──? その問いを解く前に、彼がこれまでどういったルートを歩み、経済界とどのように渡り合ってきたのか、あらためて振り返ってみよう。

恵まれた環境と如才ない処世術でのし上がった
ニュース
選手の契約金問題で読売vs朝日勃発

巨人軍契約金問題を新聞業界再々編につなげる朝日の深慮遠謀

―― 巨人、6選手に契約金36億円 球界申し合わせ超過」──。ご存知の通り、3月15日付の「朝日新聞」朝刊1面はこんな大見出しの「スクープ」を掲載、これをきっかけにした騒動は1カ月以上たった今も続いており、...

巨人軍契約金問題を新聞業界再々編につなげる朝日の深慮遠謀
第1特集
"ギョーカイのドン"はこの男たちだ!

東電勝俣からマックス松浦まで! 顔に表出するゴーマン度各界の"ナベツネ社長"を探せ!!

―― ──読売新聞のドン、ナベツネこと渡邉恒雄。しかし他業界にもナベツネたちは存在する...

東電勝俣からマックス松浦まで! 顔に表出するゴーマン度各界の
第2特集
プロ野球を100倍楽しむドラフト(裏)物語【3】

菅野事件"はKK事件の再来か──制度改革は"球界の盟主"のさじ加減? 読売巨人軍裏面史

―― ──特集【2】のドラフト事件と変遷史を始め、ドラフトの歴史を振り返ってみると、世...

菅野事件
第2特集
プロ野球を100倍楽しむドラフト(裏)物語【2】

田淵幸一強奪事件から、菅野の指名拒否問題まで! スカウトや選手の人生を翻弄したドラフト事件史

―― ──1965年にプロ野球へ導入されて以降、ドラフト制度は幾度かの改変を経てきた。...

田淵幸一強奪事件から、菅野の指名拒否問題まで! スカウトや選手の人生を翻弄したドラフト事件史
ニュース
球界のドンが放ったメディアコントロール

清武の乱で無駄骨を折った記者の徒労と内ゲバに奔走する読売の報道統制

―― 「私の愛した巨人」(ワック)。  今年度下半期、もっとも世間を騒がせた"内輪モメ...

清武の乱で無駄骨を折った記者の徒労と内ゲバに奔走する読売の報道統制
ニュース
球界のプリンスになれなかったサラブレッド

ついに赤西軍団入り情報も? 原辰徳を悩ませる不肖の息子と六本木の武勇伝

――  読売巨人軍監督・原辰徳の悩みの種は尽きない。 「リーダー原辰徳84の言葉」(東...

ついに赤西軍団入り情報も? 原辰徳を悩ませる不肖の息子と六本木の武勇伝
第1特集
球界のドンが抹殺した野球中継【3】

元阪神の"トラブル番長"江本孟紀が吠える!「野球中継の減少で、有名解説者はテレビからいなくなる!!」

―― ──ここまで見てきたように、全国ネットではもはや瀕死のプロ野球中継において、当然...

元阪神の
第1特集
球界のドンが抹殺した野球中継【2】

「読売新聞が売れれば、オールオッケイ!」ナベツネがプロ野球中継を殺した5つの理由

―― ──ナベツネによってプロ野球中継、特に巨人戦が地上波から消えてしまった理由は、こ...

「読売新聞が売れれば、オールオッケイ!」ナベツネがプロ野球中継を殺した5つの理由
第1特集
球界のドンが抹殺した野球中継【1】

もう、テレビで野球は見れないのか? "独裁運営"ナベツネに殺された「巨人戦中継」

―― ──ここ数年、目立った話題もなかった読売ジャイアンツに、"お家騒動"が勃発した。...

もう、テレビで野球は見れないのか? 
第1特集
賢人が薦める"業界タブー"を破った本【3】

元毎日新聞幹部・河内孝が薦める「マスコミの深層」読本── 裁判所の「押し紙」批判から読む マスコミ業界の構造的"無理"

―― (写真/磯部昭子 A/M)  今年は、日本のマスメディア界が大きな転機を迎える年...

元毎日新聞幹部・河内孝が薦める「マスコミの深層」読本── 裁判所の「押し紙」批判から読む マスコミ業界の構造的
ニュース
尖閣ビデオは機密ですらない!

80歳の三宅久之吠える! "機密費受領"は心外の極みだ

――  吉田茂内閣の「バカヤロー解散」から菅直人内閣の「尖閣問題」まで、56年にわたり...

80歳の三宅久之吠える! 
サイゾープレミア

2017年3月号

グラビア写真学

グラビア写真学

ジリ貧ラジオが今背負うもの

ジリ貧ラジオが今背負うもの
    • 今【ラジオ】が"本番"な理由
    • 【星野源】が伊集院光を倒す日
    • 過激な【深夜お笑い番組】
    • ニッポン放送【女性アナ】カレンダー
    • 【音楽番組】は"事故"の宝庫
    • 【書き起こし】で広がるラジオの輪

AVと女性の性欲、そしてポルノグラフィ

AVと女性の性欲、そしてポルノグラフィ
    • 【腐女子】熟女セクシー女優×政治学者

インタビュー

連載