> ヌードの検索結果

ヌード の検索結果

第1特集
新しくてヤバいヌード写真【1】

篠山紀信から中国のレン・ハンまで――LGBT的連帯と裸体の素材化 国内外ヌード写真の最“尖”端

―― 写真家が“作品”として発表するヌード写真。日本でそれは、「芸術か、わいせつか?」という議論を巻き起こしつつも、しばしば世間の注目を集めることがあった。では今、その最前線の表現はどうなっているのか? ...

篠山紀信から中国のレン・ハンまで――LGBT的連帯と裸体の素材化 国内外ヌード写真の最“尖”端
第1特集
新しくてヤバいヌード写真【2】

世界の写真家によるさまざまなヌード写真、その最前線

―― 前記事で挙げた写真家の作品を見ていこう。

世界の写真家によるさまざまなヌード写真、その最前線
第1特集
エクストリームな欧米のファッション誌【1】

クロエ・セヴィニーのアソコに海老が! モデルのヌード写真は当たり前!? 海外ファッション誌の最“尖”端

―― 欧米のファッション誌というと、「VOGUE」や「ELLE」といったモード誌を思い浮かべる読者もいるだろう。だが海外では今、そうした雑誌では味わえない尖った写真や記事が炸裂するファッション誌が増殖中!?...

クロエ・セヴィニーのアソコに海老が! モデルのヌード写真は当たり前!? 海外ファッション誌の最“尖”端
第1特集
エクストリームな欧米のファッション誌【2】

トランスジェンダー、クラシカルヌード…etc. 日本では見られない! 尖りすぎた海外ファッション誌の中身とは

―― こちらの記事で紹介した雑誌のゴージャス&ヌーディな中身を見てみよう。

トランスジェンダー、クラシカルヌード…etc. 日本では見られない! 尖りすぎた海外ファッション誌の中身とは
第1特集
グラビア写真家を批評する【1】

“フォーマット”を踏襲しているだけ!? 篠山紀信は本当にスゴいのか? グラビアカメラマンの写真的功罪

―― 篠山紀信、渡辺達生、野村誠一……。グラビア写真界にはそのような大御所カメラマンがいるが、やはり一般的には被写体であるアイドルやタレントのほうに目を向けられることが多いだろう。では、その世界で活躍する写...

“フォーマット”を踏襲しているだけ!? 篠山紀信は本当にスゴいのか? グラビアカメラマンの写真的功罪
第1特集
グラビア写真家を批評する【2】

フォーマットの発明者【篠山紀信】から革新者まで――有名グラビアカメラマンの基礎知識

―― グラビア写真についてあれこれ語りたいなら、被写体のアイドルだけでなく、大御所カメラマンの経歴もざっと知っておいたほうがいいかもしれない。

フォーマットの発明者【篠山紀信】から革新者まで――有名グラビアカメラマンの基礎知識
ニュース
【premium限定連載】芸能評論家・二田一比古の芸能ゴシップ今昔物語

安達祐実がヌード写真集を出版した本当の理由

――  ヌード写真集のタイトルは「私生活」。大人の女に変身との意図があるという――。安達祐実の写真集は、久々のスクープヌードといえるかもしれない。当の写真集だが、ヘアヌードではないセミヌードに近いもの。手ブ...

安達祐実がヌード写真集を出版した本当の理由
第1特集
性器写真集の傑作たち【2】

アートなチ◯コ写真は"わいせつ"ではない!? 法的にアウトになる性器写真の基準とは?

―― 結局のところ、どのような性器のカットが収められた写真集が日本の法律に引っかかってしまうのだろうか? ここでは、”ゲイジツ”側の見解はさておいて、その法的なボーダーラインについて弁護士に話を訊いてみた...

アートなチ◯コ写真は
第1特集
性器写真集の傑作たち【1】

チ◯コとマ◯コをアートへ昇華!? 奥深き性器写真集の傑作たち

―― レスリー・キーが男性器を撮った写真集を販売したとして逮捕され、話題となった。だが、写真表現が生まれてから何人もの実力作家たちが性器をカメラのフレームに収め、そんなカットで写真集を編んできた。

チ◯コとマ◯コをアートへ昇華!? 奥深き性器写真集の傑作たち
サイゾープレミアム

2019年5月号

「情弱ビジネス」のカラクリ

「情弱ビジネス」のカラクリ
    • 【情弱】という言葉の変遷史
    • 【あなたにおすすめ】広告のカラクリ
    • 進化する【情報商材】の最新手口
    • 蔓延する【コンサル】の誘惑
    • 【携帯ショップ店員】ぶっちゃけ座談会
    • 女性たちを惑わす【化粧品】の情報戦
    • 【セレブ】たちのSNSビジネスの裏
    • 世界のお騒がせ【インフルエンサー】
    • 【カニエ・ウエスト】は情弱か?
    • 【裏稼業】と情弱の摂取構造
    • 【ソシャゲ】開発者が語る炎上の裏側
    • 統計目線で考える【占い】の真価
    • 【診断アプリ】の危険な手口
    • 【不動産投資】詐欺まがいの手口
    • 【消費者庁】は被害者を救えるか?

佐山彩香が挑む10年目の"新境地"

佐山彩香が挑む10年目の
    • 【佐山彩香】デビュー10周年グラビア

インタビュー

連載

    • 【都丸紗也華】キラキラ系が苦手なんです。
    • 【岸明日香】唐揚げの音で孤独を癒す
    • 【ラウンドガール】男を"オトす"必殺グラビア
    • いつか【ゴマキ】と朝帰りッ
    • 研究者が予言する【ロボット】の平等な未来
    • 高須基仁/追悼【内田裕也】
    • 【東京】に輸入される祭り文化
    • 【シリコンバレー】が中国ベンチャーをパクる日
    • 【ボブ・マーリー】米国人音楽市場の今
    • 町山智浩/【魂のゆくえ】腐敗した教会と牧師の闘争
    • 【経済統計】の不正と偽装で見えた日本経済
    • 小原真史の「写真時評」
    • 五所純子の「ドラッグ・フェミニズム」
    • 笹 公人「念力事報」/さよなら平成、ありがとう平成
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/男が期待するヒロイン像にはハマらない『キャプテン・マーベル』
    • 【白塗り店主】の変なバー
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 元チューバ奏者の【チェコ人】が本場のピルスナーで勝負
    • 伊藤文學/【薔薇族】華々しき"摘発史"
    • 幽霊、過去を裁いて復讐する者たち。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』