サイゾーpremium  > ニュース  > 芸能  > 吉澤ひとみ容疑者の「夫の素性」を特定させた、鈴木愛理の“痛恨ミス”って!?
ニュース
【サイゾー芸能ニュース】

吉澤ひとみ容疑者の「夫の素性」を特定させた、鈴木愛理の“痛恨ミス”って!?

+お気に入りに追加
1809_suzuki.jpg『鈴木愛理 全集 2010-2017 『 永遠 』』(ワニブックス)

“痛恨のミス”に、投稿した本人は青ざめたことだろう。

 9月6日に、飲酒運転とひき逃げで逮捕された元モーニング娘。の吉澤ひとみ容疑者だが、26日、東京地検が起訴したことにより、報道される際の表記が吉澤ひとみ(本名・川前ひとみ)容疑者に変更された。これにより、今まで非公開としてきた夫の素性が明らかになった。

「吉澤容疑者の夫は、『IT社長』と言われていましたが、どこの会社か、どれほどのセレブなのかといった情報は明かされていませんでした。報道が『吉澤』という旧姓だったことを不思議がっていた人も多く、“本名”が注目されていました」(芸能ライター)

 ネット上ではすぐに“捜索”が開始されたが、ある人物が書いたブログに“決定的なヒント”が記されていたことで、あっという間に特定に至ったという。

「ハロプロのアイドルグループ『℃-ute』の公式ブログにて、当時メンバーだった鈴木愛理が、2016年3月26日に吉澤の結婚式の模様を投稿。『そんな吉澤さんが真っ白のドレスに身を包んでいらっしゃって旦那様と幸せそうに着席されていて』のコメントと共に、夫婦のツーショット写真を掲載しているのです。一般人の夫には顔に目線を入れる配慮をしているものの、ウェルカムボードに書かれた夫の下の名前を隠し忘れていた。そのため、フルネームが特定されてしまったというわけです」(同)

 どうやら、吉澤容疑者の夫はF社で、ホームページよると、業務内容は「マーケティング戦略の立案/コンサルティング」「プロジェクトマネジメント」「デザイン制作」「システム開発」「スマートフォン アプリ開発」「健康管理機器の販売」とある。

「過去の求人募集を見ると、月給の社員ではなく、時給1,000~2,000円でのスタッフを求めていたようで、世間が想像するような“IT企業”ではなさそう。ネット上でも『副社長の人がいろんな企業の役員やってるし、単なる名義貸しなんじゃないの』『虚業感が半端ないな』『アプリ受託開発屋なのにIT社長とか呼んでええんかこれ』といった声が聞かれます。夫は吉澤容疑者に『警察へ連絡して、戻れ!』と忠告したそうですから、ものすごい財界人とまではいかずとも、常識人であることは間違いないようですが」(週刊誌記者)

 ソロ歌手に転身した鈴木は、今年6月に1stアルバムを発売。その際には「鈴木愛理を知っていますか?」というCMが大々的に流されたが、まったく別の角度から知名度を上げてしまったようだ。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年3月号

欲望の美人学

欲望の美人学
    • 【美人コンテンツ】炎上考現学
    • 複雑化する【ミスコン】批判の論点
    • 【ミス・ユニバース】の問題点
    • 【世界で最も美しい顔】の胡散臭さ
    • 【柳美稀】が魅せた美グラビア
    • 進化する【美ジネス】の最前線
    • 【整形大国・韓国】の顔採用事情
    • 【ブス作品】とルッキズムの関係
    • 傑作【ブス主人公】作品レビュー
    • 【スダンナユズユリー】がネオ・レディースに!
    • 【ディスニー・プリンセス】変遷の記録
    • 【キリスト教】の女性受容史
    • 【日本酒と美人】の意外な歴史
    • 知っておくべき【5大美人酒】
    • 【地域別美人言説】の謎を追う!
    • 【ジブリヒロイン】芸能界ドラフト会議

乃木坂46・斉藤優里のパジャマパーティ

乃木坂46・斉藤優里のパジャマパーティ
    • 乃木坂の太陽【斉藤優里】が登場!

NEWS SOURCE

    • 自民党と【創価学会】の不協和音
    • 【沢田研二】だけじゃない空席問題
    • 脆弱な日本の【サイバーセキュリティ】

インタビュー

    • 【是永瞳】大分から来た高身長ガール
    • 【六道寺】特攻服のママさんシンガー
    • 【ちぃたん☆】絶賛炎上中のゆるキャラ

連載

    • 【園都】サウナーなんです。
    • 【平嶋夏海】美尻アイドルの偏愛録
    • 【88rising】世界戦略の真実
    • 深キョン熱愛ショック!【恭子から俺は!!】
    • 世界中で議論される【AIと倫理】
    • 高須基仁/【エロ】の匂いを消すこの国に抗う
    • 映画【盆唄】に見る人々のたくましさ
    • 【ファーウェイ】創業者の素顔を追う
    • 【ブラック・クランズマン】に思うファンクとディスコの70年代
    • 町山智浩/【バイス】ブッシュを操る副大統領
    • 厚労省の【不正統計問題】と統計軽視の代償
    • 小原真史の「写真時評」
    • 五所純子「ドラッグ・フェミニズム」
    • 笹 公人/【嵐】の夜に
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ研究所」
    • 稲田豊史/希代のマーケター【西野カナ】
    • 【アッシュ×スラッシュ】実弟が聞くキワどい話
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • ニコタマに地ビールを!【ママ友】たちの挑戦
    • 伊藤文學/【新世代ゲイ雑誌】の価値観
    • 更科修一郎/幽霊、【サイコパス】に救われたい人々。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』