サイゾーpremium  > ニュース  > 芸能  > 吉澤ひとみ容疑者の「夫の素性」を特定させた、鈴木愛理の“痛恨ミス”って!?
ニュース
【サイゾー芸能ニュース】

吉澤ひとみ容疑者の「夫の素性」を特定させた、鈴木愛理の“痛恨ミス”って!?

+お気に入りに追加
1809_suzuki.jpg『鈴木愛理 全集 2010-2017 『 永遠 』』(ワニブックス)

“痛恨のミス”に、投稿した本人は青ざめたことだろう。

 9月6日に、飲酒運転とひき逃げで逮捕された元モーニング娘。の吉澤ひとみ容疑者だが、26日、東京地検が起訴したことにより、報道される際の表記が吉澤ひとみ(本名・川前ひとみ)容疑者に変更された。これにより、今まで非公開としてきた夫の素性が明らかになった。

「吉澤容疑者の夫は、『IT社長』と言われていましたが、どこの会社か、どれほどのセレブなのかといった情報は明かされていませんでした。報道が『吉澤』という旧姓だったことを不思議がっていた人も多く、“本名”が注目されていました」(芸能ライター)

 ネット上ではすぐに“捜索”が開始されたが、ある人物が書いたブログに“決定的なヒント”が記されていたことで、あっという間に特定に至ったという。

「ハロプロのアイドルグループ『℃-ute』の公式ブログにて、当時メンバーだった鈴木愛理が、2016年3月26日に吉澤の結婚式の模様を投稿。『そんな吉澤さんが真っ白のドレスに身を包んでいらっしゃって旦那様と幸せそうに着席されていて』のコメントと共に、夫婦のツーショット写真を掲載しているのです。一般人の夫には顔に目線を入れる配慮をしているものの、ウェルカムボードに書かれた夫の下の名前を隠し忘れていた。そのため、フルネームが特定されてしまったというわけです」(同)

 どうやら、吉澤容疑者の夫はF社で、ホームページよると、業務内容は「マーケティング戦略の立案/コンサルティング」「プロジェクトマネジメント」「デザイン制作」「システム開発」「スマートフォン アプリ開発」「健康管理機器の販売」とある。

「過去の求人募集を見ると、月給の社員ではなく、時給1,000~2,000円でのスタッフを求めていたようで、世間が想像するような“IT企業”ではなさそう。ネット上でも『副社長の人がいろんな企業の役員やってるし、単なる名義貸しなんじゃないの』『虚業感が半端ないな』『アプリ受託開発屋なのにIT社長とか呼んでええんかこれ』といった声が聞かれます。夫は吉澤容疑者に『警察へ連絡して、戻れ!』と忠告したそうですから、ものすごい財界人とまではいかずとも、常識人であることは間違いないようですが」(週刊誌記者)

 ソロ歌手に転身した鈴木は、今年6月に1stアルバムを発売。その際には「鈴木愛理を知っていますか?」というCMが大々的に流されたが、まったく別の角度から知名度を上げてしまったようだ。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2018年12月号

"異能作家"たちが語る「文学、新宿、朗読」論