サイゾーpremium  > ニュース  > 芸能  > TBS&テレ東が露骨な“みやぞん潰し”!? トライアスロン中継に「アドベンチャーレース」かぶせる妨害作
1806_miyazon.jpg『みやぞん 日めくり with あらぽん ― まいにち、感謝してますぅ~ ― (ニューメディア)』(辰巳出版)

 露骨すぎる“みやぞん潰し”に、視聴者は唖然としたようだ。

 毎年夏恒例の『24時間テレビ』(日本テレビ系)が、今年も8月25~26日に放送され、平均視聴率が15.2%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)を記録。瞬間最高視聴率は放送終了直前の34.7%だったことがわかった。

 番組の目玉企画といえば、毎年大きな感動を呼ぶ「100キロマラソン」。今年はANZEN漫才・みやぞんが史上初となるトライアスロン形式に挑戦。スイム1.55キロ、バイク(自転車)60.4キロ、ラン100キロを走破した。しかし、視聴者はどうもモヤモヤさせられたようだ。

「今年も含めて5年連続で番組のフィナーレ直前、ほぼ同じ時刻にランナーがゴールしていたことで、またぞろ“時間調整疑惑”が浮上。しかもバイクでは、メイン会場で歌うサンプラザ中野くんのサビのタイミングがズレたまま、みやぞんがゴールしてしまう。すると、みやぞんはなぜか、もう1周“ウィニング・ラン”を始め、画面には『バイク残り400m』との表示が出され“2度目のゴール”となりました。こうした不自然な演出には視聴者も興ざめとなったようです」(テレビ誌ライター)

 実際、昨年の同番組と比較してみると、平均視聴率は3.4%減、瞬間最高視聴率も5.8%減と振るわなかった。

 最近では「視聴率稼ぎ」「障がい者を見世物にしている」「出演者たちの高額ギャラ」が批判の的となっているが、今年はそれに加えて他局による“妨害”もあったという。

「あからさまだったのがTBSです。みやぞんのスイムが終わって、これからバイクがスタートするというタイミングで、人気番組『クレイジージャーニー』をかぶせてきました。その内容は総距離600キロを3日間で踏破するという『アドベンチャーレース』の密着映像。地球上で最も過酷といわれており、TBSが日テレにケンカを売って、みやぞんのトライアスロンを“ショボく”見せようとしているとしか思えませんでした。また、テレビ東京も同様に25日夜の『SPORTSウォッチャー』で、『アドベンチャーレースに取り付かれた男』として田中正人氏を特集。断崖絶壁に挑む、50歳の彼が死の危険を感じるレースを20年以上に渡ってチャレンジし続けている様子を放送しています」(テレビ関係者)

 みやぞんが偉業を成し遂げたのは間違いだけに、視聴者も小賢しい演出や妨害などせずに、もっと素直に感動させてもらいたかったはずだ。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2018年12月号

禁断の映画と動画

禁断の映画と動画
    • 【ライブ配信】儲けのカラクリ
    • 【本田翼】もハマるゲーム実況
    • 決定!2018年【邦画ラジー賞】
    • 【アジア系】が逆襲するハリウッド
    • 注目のハリウッド【アジア系俳優】
    • 【片山萌美】ショーガールグラビア
    • 俳優に責任を問う【報道の愚行】
    • 【自主制作映画】の現場からの悲鳴
    • 【小川紗良×堀田真由】映画大討論会
    • Netflix産【ヒップホップ映像】の社会性
    • 傑作【ヒップホップ】動画10選
    • 【ネトフリ×ヒップホップ】作品レビュー
    • 映画・ドラマ【サントラ】の裏事情
    • ネトフリの【麻薬ドラマ】のリアル度
    • 奇想天外【アフリカ】の忍者映画
    • 世界は【忍者】をどう描いたか?
    • 【深夜アニメの劇場版】が儲かる不思議
    • 劇場版アニメに見る【ポストジブリ】争い
    • 【ジャニーズ】がキラキラ映画で失敗する理由
    • 意外と面白い【キラキラ映画】レビュー
    • 【中東情勢の今】がわかる映画
    • 【芸能プロ】に映画監督が所属する理由

"異能作家"たちが語る「文学、新宿、朗読」論

    • 【石丸元章×海猫沢めろん×MC漢×菊地成孔】対談

NEWS SOURCE

    • タッキーも初出場?【紅白&レコ大】芸能行政
    • 【佐伯泰英】がご乱心?作家と遺産問題
    • 【電力自由化】後の不公平な業界構造

インタビュー

    • 【奥山かずさ】ニチアサで躍進した女優の未来
    • 【TENG GANG STARR】新鋭の男女ユニットラッパー
    • 【ガリットチュウ福島】モノマネ芸人、写真集までの歩み

連載

    • 【橋本梨菜】ギャル男をマネタイズしたいんです。
    • 【RaMu】YouTubeで人気の美女が泡まみれ
    • 【ダレノガレ】は突然に
    • 日本の【AI市場】と日本企業のAI導入の真実
    • 【オスカー社員】が大量退社で瓦解!?
    • 祭事的【渋谷ハロウィン】分析
    • 【出前アプリ】を支えるライダーたちの過酷な日常
    • 【フレディー・マーキュリー】の一生
    • 町山智浩/『ボーイ・イレイスド』ゲイの息子と神のどちらを選ぶのか?
    • ジャーナリスト殺害事件で変わる【サウジ】の覇権
    • 小原真史の「写真時評」
    • 五所純子の「ドラッグ・フェミニズム」
    • 「念力事報」/それがジュリー
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ研究所」
    • 【カーネーション】フェミ論点全部乗せの名作朝ドラ
    • 「俺たちの人生は死か刑務所だ」ギャングの豪快な人生
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 【山陰】でビール造りに励む男
    • 【薔薇族】刊行で去っていく友と、死を恐れぬ編集者
    • 幽霊、紅衛兵たちのアニメ映画興行。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』