サイゾーpremium  > ニュース  > 芸能  > TBS&テレ東が露骨な“みやぞん潰し”!? トライアスロン中継に「アドベンチャーレース」かぶせる妨害作
1806_miyazon.jpg『みやぞん 日めくり with あらぽん ― まいにち、感謝してますぅ~ ― (ニューメディア)』(辰巳出版)

 露骨すぎる“みやぞん潰し”に、視聴者は唖然としたようだ。

 毎年夏恒例の『24時間テレビ』(日本テレビ系)が、今年も8月25~26日に放送され、平均視聴率が15.2%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)を記録。瞬間最高視聴率は放送終了直前の34.7%だったことがわかった。

 番組の目玉企画といえば、毎年大きな感動を呼ぶ「100キロマラソン」。今年はANZEN漫才・みやぞんが史上初となるトライアスロン形式に挑戦。スイム1.55キロ、バイク(自転車)60.4キロ、ラン100キロを走破した。しかし、視聴者はどうもモヤモヤさせられたようだ。

「今年も含めて5年連続で番組のフィナーレ直前、ほぼ同じ時刻にランナーがゴールしていたことで、またぞろ“時間調整疑惑”が浮上。しかもバイクでは、メイン会場で歌うサンプラザ中野くんのサビのタイミングがズレたまま、みやぞんがゴールしてしまう。すると、みやぞんはなぜか、もう1周“ウィニング・ラン”を始め、画面には『バイク残り400m』との表示が出され“2度目のゴール”となりました。こうした不自然な演出には視聴者も興ざめとなったようです」(テレビ誌ライター)

 実際、昨年の同番組と比較してみると、平均視聴率は3.4%減、瞬間最高視聴率も5.8%減と振るわなかった。

 最近では「視聴率稼ぎ」「障がい者を見世物にしている」「出演者たちの高額ギャラ」が批判の的となっているが、今年はそれに加えて他局による“妨害”もあったという。

「あからさまだったのがTBSです。みやぞんのスイムが終わって、これからバイクがスタートするというタイミングで、人気番組『クレイジージャーニー』をかぶせてきました。その内容は総距離600キロを3日間で踏破するという『アドベンチャーレース』の密着映像。地球上で最も過酷といわれており、TBSが日テレにケンカを売って、みやぞんのトライアスロンを“ショボく”見せようとしているとしか思えませんでした。また、テレビ東京も同様に25日夜の『SPORTSウォッチャー』で、『アドベンチャーレースに取り付かれた男』として田中正人氏を特集。断崖絶壁に挑む、50歳の彼が死の危険を感じるレースを20年以上に渡ってチャレンジし続けている様子を放送しています」(テレビ関係者)

 みやぞんが偉業を成し遂げたのは間違いだけに、視聴者も小賢しい演出や妨害などせずに、もっと素直に感動させてもらいたかったはずだ。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2021年2月号

“男性学”のススメ

“男性学”のススメ
    • 【男らしさ】イメージの変遷
    • 男性学(基)【ブックガイド】
    • 【キリスト教】の男性優位主義
    • 女子が萌える【ラップ男子】
    • コロナ禍で始動【Zoomgals】
    • サンドウィッチマン【男同士のケア】
    • 【青柳翔】が語る“男らしさ”
    • オトコが乗る【軽自動車】
    • 【マンガ・アニメ】の軽自動車
    • 【ジャニーズ】男性アイドル像
    • 時代錯誤な【ジェンダー観】
    • 【サザエさん】は有害か?
    • 『サザエさん』の【初回】
    • 【井田裕隆】に聞くAV男優像
    • ポルノ視聴と【男性性の劣化】の関係
    • おじさんの【フェイスブック】
    • 【フェイスブック運営】側とのズレ
    • 育児特化の【ベビーテック】
    • 5秒でわかる【ベビーテック】
    • 【自民党】に根付く男尊女卑

「篠崎こころ」ラグジュアリーに魅せた麗しさ

「篠崎こころ」ラグジュアリーに魅せた麗しさ
    • 【篠崎こころ】召しませ #金髪ショー党

NEWS SOURCE

インタビュー

    • 【岡田結実】バラエティの人気者はエゴサで成果を感じる
    • 【STUTS】人気トラックメイカーがラップに初挑戦!
    • 【土井裕泰】TBSのエースディレクターの問題作に迫る

連載

    • 【あまつまりな】流れに身を任せちゃうんです。
    • 【グレイテスト・ラウンドガール】に新メンバー!
    • あの素晴らしい【恵美】をもう一度
    • 【コロナと不況】21年に生き残る術
    • 【萱野稔人】ソロ社会化とコミュニティの変化
    • ありがとう、【小松の親分さん】
    • ワクチンがつくる【コロナ後の世界】
    • 【丸屋九兵衛】ショーン・コネリーを語る
    • 【町山智浩】「ストレンジ・フィーリング」カトリックの洗脳とオナニー
    • 【コロナ対策論議】の根本的欠如
    • 「謎」と「静」で振り返る【2020年】
    • 【小原真史】の「写真時評」
    • 【笹 公人】「念力事報」鬼狩りの時代
    • 【稲田豊史】「妻が口をきいてくれません」圧巻の“胸クソ”読後感
    • 【辛酸なめ子】の「佳子様偏愛採取録」
    • 【本場仕込み】のビールが飲める“リビングルーム”
    • 【更科修一郎】幽霊、批評家は文化的背教者なのか。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』