>   >   > リア・ディゾン、写真集復刊でよぎる「馬」と「花びら」……2大“黒歴史”って!?
ニュース
【サイゾー芸能ニュース】

リア・ディゾン、写真集復刊でよぎる「馬」と「花びら」……2大“黒歴史”って!?

+お気に入りに追加
1808_leahdizon.jpg『リア・ディゾン写真集「Petite Amie」 Kindle版』(週刊プレイボーイ)

 2006、07年に発売され、合わせて発行部数30万部以上を記録したリア・ディゾンの初写真集『Petite Amie』(集英社)とムック『ハロリア! Hello! Leah』(同)が、デジタル版として復刊され、8月6日に配信がスタートした。

「彼女は2006年に来日し、『グラビア界の黒船』というキャッチコピーでグラビア界を席巻。その後、歌手デビューも果たし、07年に『NHK紅白歌合戦』に出場しています。しかし、08年に結婚と妊娠を電撃発表。結婚会見ではファンに対して『ポイしないで』との迷言を残し、翌09年に女児を出産しています。その後、10年に離婚。17年には『週刊プレイボーイ』(集英社)でグラビアを披露しています。今回の復刊も日本で活動を再開させる布石かもしれませんね」(週刊誌記者)

 そんなリア・ディゾンは、日本でブレイクした途端、アメリカでの過去の“B級仕事”が続々と発掘されてもいた。中でも強烈だったのが、07年に日本も発売されたDVD『リア・ディゾン in USA』だ。アメリカでレースクイーンとして活動していた05年頃の撮影だが、作中のインタビューで衝撃の発言をしているのだ。

「エッチなのよ。いちばんイケナイことは……私はとても積極的な子だったのよ。ヤッたのは馬と……馬とヤッた」

「ご丁寧に日本語のテロップもかぶさっていました。あのスレンダーなボディと馬と!? と、週刊誌でも話題騒然となりました。ただ、正確には『I did horses』と発しており、『horses』には“恋人以外”という訳し方もあるそう。いずれにせよ、『ユルい下半身』だったのは間違いなさそうですが(笑)」(芸能記者)

 さらに、このDVDを宣伝するために掲載された「週刊ポスト」(徳間書店)のグラビアでも、ひと騒動起こしている。

「ラジオ番組でこのグラビアを丹念に眺めていたパーソナリティが、掲載されたカットに、彼女の“花びら”が写っていると断言したのです。膝立ちして後ろを振り返る彼女の股間から飛び出して見える“何か”を巡っては、ネット上でも『影だ!』『ポロリだ!』と議論が巻き起こったものです」

 全盛期以上のお色気キャラでの復活なら、当時のファンも大歓迎では?

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミア

2018年11月号

禁断の家電・ガジェット

禁断の家電・ガジェット
    • テック系企業の【経済地理額】
    • 次世代のテック系【注目都市】
    • 世界を席巻する【アジア家電】
    • 【D.O.I.×BERBAL】安室奈美恵論
    • 【アムロ】を支えたPの本音
    • 知られざる地方【テック企業】
    • 米国【大麻用電子たばこ】産業事情
    • 【星名美津紀】家電とエロス
    • 進化し続ける【アダルトVR】の今
    • 最新【バーチャルセックス】のしくみ
    • 【三代目JSB・山下健二郎】スニーカー愛
    • 【三代目Air Jordan Brothers】選出!
    • 【リバタリアン】生んだネットの終焉
    • 各国【ネット規制】の事件簿
    • 【ゲーム依存】はビョーキか否か?
    • 【モノ雑誌】の「読プレ」豪華番付
    • 【景品表示法】を弁護士はどう見るか

防弾少年団がアメリカを制する日

防弾少年団がアメリカを制する日
    • 今さら聞けない【BTS】基礎講座
    • 数字で見る【K-POP】世界進出
    • BTS支持層【アジア系アメリカ人】の連帯

NEWS SOURCE

インタビュー

連載

    • 【忍野さら】友達の財布に私のトレカを入れるんです。
    • 【小林レイミ】デビュー4年目の初グラビア!
    • 振り返れば【芽衣】がいる
    • 【電力業界】に切り込んだ元フィンテック起業家
    • 【新潮45】を潰したのは誰だ!
    • 【阿波踊り】内紛の実情
    • 【中国】を支配する巨大顔認証システム
    • 【88ライジング】がアジアと米国を繋ぐ
    • 町山智浩/『ブラック・クランズマン』アメリカ・ファーストを謳うのは誰か
    • 政権の利益誘致政策に踊らされる【英語教育】の欺瞞
    • 小原真史の「写真時評」
    • 五所純子「ドラッグ・フェミニズム」
    • 「念力事報」/黒い水脈
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ研究所」
    • 【おとぎ話みたい】文化系男子が患う恋愛の病
    • ギャング集団に所属するアパレル屋
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • ビールの世界を超越し始めた【職人】
    • ひとりぼっちたちを繋ぐ【薔薇族】の誕生
    • 幽霊、雑誌の去勢と俗物主義の衰退。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』