サイゾーpremium  > ニュース  > 芸能  > リア・ディゾン、写真集復刊でよぎる「馬」と「花びら」……2大“黒歴史”って!?
ニュース
【サイゾー芸能ニュース】

リア・ディゾン、写真集復刊でよぎる「馬」と「花びら」……2大“黒歴史”って!?

+お気に入りに追加
1808_leahdizon.jpg『リア・ディゾン写真集「Petite Amie」 Kindle版』(週刊プレイボーイ)

 2006、07年に発売され、合わせて発行部数30万部以上を記録したリア・ディゾンの初写真集『Petite Amie』(集英社)とムック『ハロリア! Hello! Leah』(同)が、デジタル版として復刊され、8月6日に配信がスタートした。

「彼女は2006年に来日し、『グラビア界の黒船』というキャッチコピーでグラビア界を席巻。その後、歌手デビューも果たし、07年に『NHK紅白歌合戦』に出場しています。しかし、08年に結婚と妊娠を電撃発表。結婚会見ではファンに対して『ポイしないで』との迷言を残し、翌09年に女児を出産しています。その後、10年に離婚。17年には『週刊プレイボーイ』(集英社)でグラビアを披露しています。今回の復刊も日本で活動を再開させる布石かもしれませんね」(週刊誌記者)

 そんなリア・ディゾンは、日本でブレイクした途端、アメリカでの過去の“B級仕事”が続々と発掘されてもいた。中でも強烈だったのが、07年に日本も発売されたDVD『リア・ディゾン in USA』だ。アメリカでレースクイーンとして活動していた05年頃の撮影だが、作中のインタビューで衝撃の発言をしているのだ。

「エッチなのよ。いちばんイケナイことは……私はとても積極的な子だったのよ。ヤッたのは馬と……馬とヤッた」

「ご丁寧に日本語のテロップもかぶさっていました。あのスレンダーなボディと馬と!? と、週刊誌でも話題騒然となりました。ただ、正確には『I did horses』と発しており、『horses』には“恋人以外”という訳し方もあるそう。いずれにせよ、『ユルい下半身』だったのは間違いなさそうですが(笑)」(芸能記者)

 さらに、このDVDを宣伝するために掲載された「週刊ポスト」(徳間書店)のグラビアでも、ひと騒動起こしている。

「ラジオ番組でこのグラビアを丹念に眺めていたパーソナリティが、掲載されたカットに、彼女の“花びら”が写っていると断言したのです。膝立ちして後ろを振り返る彼女の股間から飛び出して見える“何か”を巡っては、ネット上でも『影だ!』『ポロリだ!』と議論が巻き起こったものです」

 全盛期以上のお色気キャラでの復活なら、当時のファンも大歓迎では?

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年2月号

日本のタブー

日本のタブー

小阪有花、危険なエロス

小阪有花、危険なエロス
    • 元祖タブーグラドル【小阪有花】

インタビュー

連載

    • 【長澤茉里奈】ストロング系なんです。
    • 【犬童美乃梨】筋トレ女子、秘密の習慣
    • いとしの【戸田恵梨香】
    • 自由な【インターネット】は終わった
    • 一茂、良純【中年ジュニア】の時代が到来
    • 知られざる【北島三郎】まつり話
    • 【スタバ】を襲う謎のコーヒー起業家
    • 【Zapp】ロボット声の魔力
    • 町山智浩『運び屋』
    • 【ゴーン前会長逮捕】から考える社会の劣化
    • 小原真史の「写真時評」
    • 五所純子の「ドラッグ・フェミニズム」
    • 「念力事報」/憎みきれないハゲダルマ
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ研究所」
    • 【ちびまる子ちゃん】がその他大勢に与えた救済
    • 【スヌープドッグ】のローライダーを塗った男
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 不死鳥のごとく蘇った【天才ブルワー】
    • 【ゲイメディア史】群雄割拠時代の幕開け
    • 幽霊、呪われた平成と世直しの幻想。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』