>   >   > 経済効果と歴史を紐解く【2】/男子の疑問【生理用ナプキン】Q&A
第1特集
経済効果と歴史を紐解く【2】

男性諸君の素朴な疑問にナプキンちゃんが答える!――生理用ナプキンQ&A

+お気に入りに追加

――男性から寄せられた生理用ナプキンに関する素朴な疑問に、ナプキンちゃん(羽付き)がズバッとお答えするよ!

1808_P050-053_img003_300.jpg
(絵/沖真秀)

Q.素材は何でできてるの?
A.使い捨てナプキンの一般的な構造は、肌に触れる「表面材」の下に「吸収体」、さらにその下に「防漏材」があって、さらに下に粘着剤が付いた「ズレ止め材」があるナプ。「表面材」にはほとんど全ての商品で不織布が使われてるナプね。ちなみに、「吸収体」に使われている「高分子ポリマー」が皮膚から吸収されて毒! っていうのが布ナプキン急進派の主張ナプ。でもこれは間違いナプ。奥さんがそんなこと言い出したら要注意ナプ。

Q.羽ってなんのためにあるの? ゴワゴワしないの?
A.カーッ! どうせCMで「羽付き~♪」とか言ってるの聞いただけナプね!? 2問目でもう腹立っちゃったナプ! 羽はナプキンがショーツからズレないようにするためのものナプ。生理用ショーツのクロッチ(股間部分の布)は、サイドが空いた二重になってるんだナプ。羽部分の裏側には粘着材が付いているから、上の布を持ち上げて、ナプキンをショーツに固定するように布の裏側に粘着部を貼り付けるナプ。餃子のハネみたいに飛び出してるわけじゃないナプよ!

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミア

2018年8月号

橋本梨奈とギャル文化再考

橋本梨奈とギャル文化再考