サイゾーpremium  > 特集  > 裏社会学  > 社会学的に自殺を考察【2】/【宿命的自殺】とはなんだ?
第1特集
社会学的に自殺を考察【2】

女性は家族の奴隷?――デュルケームが触れなかった宿命的自殺

+お気に入りに追加

前記事「男女共同参画で若い女性の自殺率が増加!?――なぜ毎年一定数の人が死ぬのか? 自殺大国・21世紀日本の自殺論」では「自殺の4類型」をもとに、現在の自殺について考えてきたが、登場したのは3つだけ。残された宿命的自殺とは、一体なんなのか?

1804_P080-083_P80_300.jpg
エミール・デュルケーム

 デュルケームは『自殺論』の中で、自殺を「自己本位的自殺」、「集団本位的自殺」、「アノミー的自殺」、「宿命的自殺」の4つの類型に分類したというのは本文の通りだが、実は「宿命的自殺」に関しては、アノミー的自殺の注釈でしか触れていない。なぜ、デュルケームは宿命的自殺を説明しなかったのだろうか? 阪本氏はこう語る。

「『自殺論』では、離婚率が高まると男性の自殺率は上がる一方で、女性は離婚しても自殺する人は少ないと示されています。離婚に制約がある国では、女性の自殺は多いですが、離婚しやすい国では女性の自殺は減る。そのため、デュルケームは法律で離婚を禁止すれば、男性の自殺は防げるけど、近代国家である限りそんなことはできないとまで言っているんですね。

 では、なぜ女性は離婚で自殺しないかというと、それには家族という縛りから解放されたという、フェミニスト的な解釈があるからです。女性は家族という組織に隷属した状態であって、それで抑圧されているから自殺してしまうという、宿命的自殺の典型だという考え方があるんですね。そのことから、デュルケームが宿命的自殺を本文に入れなかったことについては、『女性の自殺を語るのを避けたのではないか?』と、フィリップ・ベナールが『デュルケムと女性、あるいは未完の『自殺論』 アノミー概念の形成と転変』(新曜社)で言及しています。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...
この記事を購入※この記事だけを読みたい場合、noteから購入できます。

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年2月号

日本のタブー

日本のタブー
    • 【芸能界】権力構造とパワハラの闇
    • 【女性の社会進出】で浮き彫りになった問題
    • 【ヤフーニュース】という怖い権力
    • 【ヤフトピ】が抱える懸念点
    • 【GREEN KIDS】が紡ぐ移民の歌
    • 【共産圏】らで禁忌化するラップ
    • 風水が後押しする【タッキー】社長就任
    • 【豊川稲荷とメリー喜多川】の共鳴
    • 不正入試で揺れる【医学部】の闇
    • 米国の【大麻解禁】と処方薬汚染
    • 【処方薬】の犠牲になったポップスター
    • 塗り替えられた【五輪ユニフォーム】
    • 【原発と精神病院】そして戦後日本
    • 慰めとしての百田尚樹【日本国記】
    • 【ストロング系チューハイ】レビュー
    • ストロングゼロが霞む【米国】ヤバい酒

小阪有花、危険なエロス

小阪有花、危険なエロス
    • 元祖タブーグラドル【小阪有花】

NEWS SOURCE

    • ヤリ手社長の徹底管理!【米津玄師】の実態
    • 【官邸ポリス】と警察官僚内紛の点と線
    • 【ネットフリックス】でテレビ業界崩壊?

インタビュー

    • 【宮下かな子】姉御肌女優の管理術
    • 【舐達磨】シーンをかき回す熊谷のラッパー
    • 【金属バット】劇場出禁!? 異端漫才師の生き様

連載

    • 【長澤茉里奈】ストロング系なんです。
    • 【犬童美乃梨】筋トレ女子、秘密の習慣
    • いとしの【戸田恵梨香】
    • 自由な【インターネット】は終わった
    • 一茂、良純【中年ジュニア】の時代が到来
    • 知られざる【北島三郎】まつり話
    • 【スタバ】を襲う謎のコーヒー起業家
    • 【Zapp】ロボット声の魔力
    • 町山智浩『運び屋』
    • 【ゴーン前会長逮捕】から考える社会の劣化
    • 小原真史の「写真時評」
    • 五所純子の「ドラッグ・フェミニズム」
    • 「念力事報」/憎みきれないハゲダルマ
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ研究所」
    • 【ちびまる子ちゃん】がその他大勢に与えた救済
    • 【スヌープドッグ】のローライダーを塗った男
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 不死鳥のごとく蘇った【天才ブルワー】
    • 【ゲイメディア史】群雄割拠時代の幕開け
    • 幽霊、呪われた平成と世直しの幻想。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』