>   >   > 「ファンキー・ホモ・サピエンス」【53】/【クライヴ・デイヴィス】黄金の耳を持つ名物社長
連載
「ファンキー・ホモ・サピエンス」【53】

【クライヴ・デイヴィス】黄金の耳を持つユダヤ人名物社長

+お気に入りに追加

『Clive Davis: The Soundtrack of Our Lives』

1712_FHS_12_JK_230.jpg

(販売元:SMJ)

ドキュメンタリー映画のサウンドトラックは、半世紀にわたるクライヴ・デイヴィスのキャリアを追う、20曲入りコンピレーション。ジャニス・ジョプリンに始まり、アース・ウィンド&ファイアーやアレサ・フランクリンを経由してアリシア・キーズへ。ちょうど折り返し地点にホイットニーの代表曲が収録される美しさ。


 ヒップホップ界には名物社長が多い。日本でも間もなく公開される、2パックの伝記映画『オール・アイズ・オン・ミー』で、またも暴れるシュグ・ナイトも、その宿敵だったパフィことショーン・コムズも。

 だが、考えてみれば――。ヒップホップ以前の時代だって、ブラック・ミュージックが盛んなレコード会社に限って、名物社長が妙に多かった気がする。モータウンのベリー・ゴーディはもちろんのこと、駐米トルコ大使の息子としてワシントンDC(つまり黒人だらけ)に住んでいるうちにリズム&ブルースに目覚めてしまったアトランティックのアーメット・アーティガン、「幼少期に海で溺れてラスタマンに助けられた」という伝説があるアイランドのクリス・ブラックウェル、などなど。

 だが、そんな社長列伝の筆頭にあげるべきは、キャリア50年を経て今も現役活躍中のあの人だろう。

 クライヴ・デイヴィスだ。

 デイヴィスは1932年生まれの85歳。古くからユダヤ人街があるニューヨークはブルックリン、クラウンハイツで生まれたユダヤ系アメリカ人だ。

「弁護士になるためにハーバード・ロースクールを出たのに、レコード会社に入ってしまった」とは本人の弁だが、そんなキャリアも弁護士事務所への就職がきっかけだった。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミア

2017年12月号

チラリと魅せる和モノ写真進化考

チラリと魅せる和モノ写真進化考

真木しおり、Gカップのリムジンパーティ

真木しおり、Gカップのリムジンパーティ