>   > 精神異学~忘れられた治療法~【5】/【治療共同体】で精神病院を開放せよ!?
連載
精神異学~忘れられた治療法~【5】

【精神科医・岩波明】「治療共同体」で精神病院を“開放”せよ!?

+お気に入りに追加

[語句解説]「治療共同体」

1711_Maxwell_Jones_250.jpg

英国の精神科医、マックスウェル・ジョーンズなどが提唱した、精神疾患に対する治療概念であり、またその具体的実践としての治療法。統合失調症などの精神疾患は脳の器質的な病ではなく、社会からの抑圧やコミュニケーションの不全にこそ原因があり、「開放的で自由な病院」においてそれらの原因が取り除かれれば、そうした精神疾患は治癒する、と考えた。60~70年代の左翼的な時代背景もあり、一時期日本でも普及した。


「治療共同体」という言葉は、どこか理想主義的な響きを持っています。かつて多くの精神科医や治療スタッフは治療共同体の考え方の信奉者となり、その実践のためにかなりの時間と労力を費やしてきました。

 この概念は精神科の治療、特に入院治療における基本的な理念を提唱したものですが、では治療共同体とは具体的に何を意味しているかといえば、明快に説明するのは簡単ではありません。というのは、その指し示す対象は実際多岐にわたり、提唱者それぞれによって異なる部分も多いためです。

 にもかかわらずこの“治療法”が注目されていたのは、ひとつにはいわゆる反体制運動をはじめとした時代背景があります。またひとつには、その理想主義的な内容が多くの人にアピールしたことがあるでしょう。

 現代のように向精神薬による薬物療法が精神科の治療において中心的な役割を担うようになったのは、実は1960年代以降のことです。それ以前はどうだったかといえば、睡眠薬などが一部の患者に使用されていたにすぎず、現在は標準となっている有効な治療方法はほとんど見いだされていませんでした。

 確かにこの当時、たとえばうつ病に対しては、アンフェタミンなどの精神刺激薬の投与が行われることもありました。これには多少の有効性は認められましたが、現在の抗精神病薬に相当するような薬物はまだ未発見の時代です。よって、もっとも重症な疾患かつ社会的な問題も大きい統合失調症に対しては、有効な治療手段などまだ何も存在していなかったのです。

 そうした状況であったため、統合失調症を中心とした精神科患者は、病院とは名ばかりの巨大な施設に収容され「隔離」されていました。フランスの哲学者ミッシェル・フーコーが指摘した通り、精神科患者に対しては「大きな閉じ込め」が行われていたのです。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミア

2018年2月号

マンガ(禁)大全2018

マンガ(禁)大全2018
    • 【マンガ業界】最新動向
    • ネット時代【リイド社】の戦略
    • 【韓国】ウェブトゥーンが凄い
    • 【韓国マンガ】傑作6選
    • 【しらほしなつみ】コミケで見られない素顔
    • 「君たちはどう生きるか」レビュー【お笑い芸人・おたけ】
    • 「君たちはどう生きるか」レビュー【田中考】
    • 「君たちはどう生きるか」レビュー【辛酸なめ子】
    • 「君たちはどう生きるか」レビュー【精神科医・岩波明】
    • 「君たちはどう生きるか」レビュー【クロサカタツヤ】
    • 「君たちはどう生きるか」レビュー【磯部涼】
    • 「君たちはどう生きるか」レビュー【小林雅明】
    • 「君たちはどう生きるか」レビュー【更科修一郎】
    • 【井出智香恵】背筋も凍るレディコミ
    • 【リバーズ・エッジ】映画化のナゼ
    • 肉食系女子が読む【岡崎京子】座談会
    • 【少女マンガ】のファッション研究
    • プロが見る【風早くん】の服装
    • 服部昇太【80年代】マンガへの礼賛!
    • 【ナチス描写】の海外規制事情
    • 【エロ描写】は海外でこう扱われる!
    • 本家を超える【スピンオフ】を探せ!
    • マンガの神様の【スピンオフ】作品
    • ポスト【ウシジマ】貧困マンガ
    • 【藤子・F・不二雄】の変態的な性癖
    • マンガ家【下半身ゴシップ】

基礎教養としてのフリーメイソン

基礎教養としてのフリーメイソン
    • 【橋爪大三郎×フリーメイソン幹部】陰謀論の基礎知識

酒井萌衣「卒業」と「初体験」

酒井萌衣「卒業」と「初体験」
    • 【酒井萌衣】元SKE48が初水着!

NEWS SOURCE

インタビュー

連載

    • マルサの女/【わちみなみ】
    • 【柳ゆり菜】初めてジャネットで踊った日
    • 【岡田サリオ】時代は巨乳から巨尻へ
    • 【沙月とわ】海に行ったことがない女
    • 巨人のコーチになった異色の陸上選手
    • 私と【美玲】を連れてって
    • 2018年は本格的なIT制度の見直しが始まる
    • 高須基仁の「全摘」
    • 【ヤリマン】のトークに無限の可能性
    • 【アイドル】が音頭に没頭する背景
    • 哲学者・萱野稔人の「"超"哲学入門」
    • 【AV出演強要問題】女優たちの悲痛な願い
    • 【新型うつ病】が隆盛する生きづらい日本
    • 町山智浩「映画でわかる アメリカがわかる」/『スリー・ビルボード』
    • 【ポスト・トゥルース時代】の保守とリベラルの役割
    • 小原真史の「写真時評」
    • 「念力事報」/UFO入門2018
    • ジャングルポケットの「アダルトジャングル探検録」
    • なぜ女芸人は「ブス」をネタにするのか?
    • アッシュ・ハドソンの「アングラ見聞録」
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」/span>
    • 幽霊、それでもマンガは楽しき商売。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』