>   > アッシュ・ハドソンのアングラ見聞録【9】/「バイオクイーン」ショコラの果てなき野望

――カメラマン・デザイナー、そして親日家としても知られるアッシュ・ハドソン。そんな彼が自らが体験した日本の“アングラ文化”を詳細にレポート。

1710_ASH_10_PH_520.jpg
ショコラ/インスタグラム〈@chocola0910

 ある日、大阪の友達から「女性でドラァグクイーンの格好をしているパフォーマーがいるから、会ってみないか?」と1枚の写真を見せてもらった。そこには、男性がドラァグクイーンに扮装しているかのように着飾った人物が写っていて、俺は日本はおろか、アメリカのゲイ・カルチャーにも詳しくないから、「女性がドラァグクイーンをやっている」ことに衝撃を受けた。

 こうしたドラァグクイーンの格好をしているレズビアンの女性を〈バイオクイーン〉と呼称するらしい(日本のゲイ・カルチャーに詳しい友人の話によれば、国内で女性のバイオクイーンは3~4人しかいないそうだ)。サンフランシスコでは、バイオクイーンのイベントも催されているみたいで、俄然興味が湧いてきたので、写真に写った女性と会うことにした。

 彼女の名前は「ショコラ」という。取材時、彼女はノーメイクで現れた。とてもかわいらしい女性で、すでに10年近くバイオクイーンとして活動していると笑顔で語る。

「私はバイオクイーンのファッションが気に入って、この活動を始めることにしたの。でも、私はレズビアンじゃないの。だから、ゲイ・カルチャーそのものにどっぷり浸かっていたわけではないのよ」

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミア

2017年11月号

ファッション(禁)コレクション2017

ファッション(禁)コレクション2017

本誌特選!8人の(サ)な女たち

本誌特選!8人の(サ)な女たち
    • 歴代カバーガールグラビア傑作選

山地まり、大人Kawaiiレトロモダン水着

山地まり、大人Kawaiiレトロモダン水着
    • 【山地まり】Fカップとレトロ

連載