>   >   > うんこの向こう側にあるジェンダー文化装置【1】/【うんこドリル】から考えるミソジニー
第1特集
うんこの向こう側にあるジェンダー文化装置【1】

200万部超えの大ヒット漢字練習帳を、スカトロ愛好家の東大教授が徹底分析!『うんこ漢字ドリル』で考える悲しき“うんこ的”ミソジニー

+お気に入りに追加

――200万部超の大ヒットベストセラーとなっている、小学生向け漢字ドリル『うんこ漢字ドリル』。これを、本誌ではおなじみの東京大学文学部美学科教授にして稀代のスカトロジストの三浦俊彦大先生が、徹底分析! いま、哲学的うんこ批評のトビラがおごそかに開かれる!

元トレーダー社長の一撃
『うんこ漢字ドリル』とは?

1709_unko_drill123456_230.jpg
文響社発行の「うんこ漢字ドリル」シリーズ、全6冊。うんこが詰まってます!

 2017年3月に発売され、現在大ヒットとなっている小学生向け漢字練習帳シリーズ。6学年分の6冊から成り、発売からわずか2カ月の時点でシリーズ累計200万部超を記録。「出席番号順に うんこをてい出する。」など、すべての例文に「うんこ」の語が使用されているのが最大の特徴であり魅力でもある。

 同シリーズを発行する文響社は2010年に設立された新興出版社で、学習書を発行するのはこれが初。同社代表の山本周嗣氏は元リーマン・ブラザーズのトレーダーで、2007年に大ヒットした自己啓発書『夢をかなえるゾウ』などで知られる作家・水野敬也氏の盟友としても知られる。


『うんこ漢字ドリル』はタブー破り? 教材にうんこを採用したことがですか? いや、違うでしょう。

 父が 会社で うんこを もらして 帰って きた。(2年生)

 うんこをもらす先生だけれど、ぼくは 尊敬しています。(6年生)

 たしかにあのドリルの世界では、親や先生がしょっちゅううんこをもらします。しかし……、

 男子は 一日中 うんこの 話を して います。(1年生)

 女の子の 前では うんこの 話は やめて おこう。(1年生) 

 そう。『うんこ漢字ドリル』が侵した本当のタブーは、うんこと見せかけて、実はジェンダーじゃないですかね……。先生がうんこしている挿絵ときたら、すべて男の先生。小学校教員は7割近くが女だというのに……。家族うんこも、父と祖父はうんこしまくり・もらしまくりなのに、母と祖母は一回もうんこしてません。

 授業参観で、父がせい大にうんこをもらした。(4年生)

 イクメンが増えた男女平等的昨今とはいえ、授業参観で男女平等ランダムに親を指さしたら母親にあたる確率が高いと思うのですが……。子どもなりのリアリティに配慮したんですかね。おとうさんがうんこもらしたら笑えるけど、おかあさんがそうなったら悲しい……と。いや、だから、そう決めつけちゃダメでしょって話なわけで。

 校長や町長のうんこを見に行く会、もいっぱい出てきますが、やはり挿絵はみんな男。

 うんこをがまんしながら 演奏を続けるピアニスト。(6年生)

って、ピアニストなら女がイメージ的に合う気がするんですが、挿絵はやっぱり男ですねぇ。女子定位の現場モノは全学年通じて3つだけで、

 うんこを もらした 妹を かばう。(2年生)

 かの女は、うんこを使った 護身術で身を守ったそうだ。(5年生)

って、幼すぎたり実用的すぎたりでうんこ色希薄だし、唯一うんこのためのうんこをしてくれている年上の女は

 姉が 音楽に のって うんこを して いる。(1年生)

 ノリノリなら挿絵がほしかった……。

 挙式の直前まで うんこをしていました。(4年生)

 花嫁花婿が向かい合ってる挿絵ですが、臭気マークが描かれているのは花婿のお尻だけ。

 う~ん……。リアルうんこは「男の領分」だという意味ですか? そんなことないと思うんですが……。

 とはいえ、この〈やられた感〉は半端じゃありませんね。ああ、どうして俺が思いつかなかったかなあ。うんこで勉強とはな! 世評はいろいろですが、あんな声こんな声はいつものことですね。「週刊新潮」から引用しましょう。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...
この記事を購入※この記事だけを読みたい場合、noteから購入できます。

Recommended by logly
サイゾープレミア

2018年9月号

日本のタブー

日本のタブー
    • 【中国】が目指す究極のディストピア
    • 【韓国人になりたい若者】と美容整形
    • 【オウム真理教】が利用したドラッグ
    • Kダブが語る【愛国ソング】の是非
    • なぜヤバい【大学】は生まれるのか?
    • 危険な【大学図鑑】2018
    • ヤバい【配信ドキュメンタリー】
    • すぐ見られる【ドキュメンタリー】12選
    • 【ジェントリフィケーション】の功罪
    • 【豪雨災害】の裏にある宅地開発
    • 【スピリチュアル】業界の最新事情
    • 流行りの【子宮系】ってなんだ?
    • 衰退する【宗教】にすがる政治家のなぜ
    • 【葬儀ビズ】と首都開教
    • 学問としての【心霊とオカルト】
    • 暴かれた【暴力団】最大のタブー
    • 減少する全国の【暴力団】

美人YouTuber"配信不可"グラビア

美人YouTuber
    • 【うなぎひまわり】禁断の着衣とは?

NEWS SOURCE

    • 活発化する【公安調査庁】のお粗末さ
    • メディアが黙殺した【タモリ】タブー
    • 【小室哲哉】不倫騒動のその後

インタビュー

    • 【湯川ひな】演技に目覚めた17歳
    • 【男劇団青山表参道X】イケメン戦国時代に殴り込み
    • 【なでしこ寿司】女人禁制の世界に波風を立てる

連載

    • 【小倉優香】基本的に不摂生なんです。
    • 【永尾まりや】自然体美女の夏の予定
    • 【朋ちゃん】を慰めるやつはもういない
    • 日本のテレビ局は韓国を見習うべき
    • 高須基仁の「全摘」
    • EZ DO【BON】DANCE爆誕
    • 哲学者・萱野稔人の「"超"哲学入門」
    • 【ジェイ・パーク】「元2PM」の看板も今は昔
    • 町山智浩/『ソーリー・トゥ・バザー・ユー』労働SFが描く暗黒郷
    • 【新聞社】が抱える病巣と復活への道
    • 小原真史の「写真時評」
    • 「念力事報」/殺人猛暑2018
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ研究所」
    • 【未来のミライ】酷評から見える、相互理解の絶対的難しさ
    • ロリータの写真を撮るメキシコ人カメラマン
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 映画の世界から【ビール】道へ
    • 幽霊、草食系十字軍と不能者の憎悪。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』