>   >   > 誰が誰のために“規制”するのか【1】/【音楽業界】の歌詞"自主規制"問題
第1特集
誰が誰のために“規制”するのか【1】

病名・宗教・性差別――何が可で、何が否なのか?ドラッグ礼賛は即座にNG !?音楽業界の歌詞“自主規制”問題

+お気に入りに追加

――いつからだろうか、音楽業界は、表現の自由に対する自主規制の波が高まってきている。それは対象となる人物や団体、企業からの苦情と対峙するのを回避する策であり、不特定多数からのネット炎上を避けるためでもあるという。しかし、それを恐れて本当に“良作”は生まれ得るのだろうか……?

病名・宗教・性差別――何が可で、何が否なのか?ドラッグ礼賛は即座にNG !?音楽業界の歌詞自主規制問題の画像1
忌野清志郎率いるRCサクセションのアルバム『COVERS』の「素晴しすぎて発売出来ません」の新聞広告は、ある意味で斬新である。

 テレビや新聞などマスコミの世界と同様に、さまざまな形で“自主規制”せざるを得ない状況となっている音楽業界。古くは1988年、RCサクセションのアルバム『COVERS』に収録された「サマータイム・ブルース」が原発問題を扱ったことが原因で、当時の発売元であった東芝EMIが新聞広告にて「素晴しすぎて発売出来ません」と宣言。その上で同作の発売を中止したように、作品を心血注いで作り上げたアーティストの努力が大きな力によって無残にも踏みにじられるケースすらあったのも事実だ(ただし『COVERS』の場合は、のちに別レコード会社から発売)。また、発売中止とまではいかなくても、レコーディング前の歌詞にチェックが入って、内容を変更させられているなんてケースは日常茶飯事のように起きており、例えば「歌詞にクスリや病名を入れたら書き直させられた」なんていうアーティストの声も、実際に耳にしたことがある。

 憲法で認められている表現の自由という大前提がありながら、誰がそのような圧力をかけているのか? そこで真っ先に槍玉が挙がるのが「レコード倫理審査会」(通称・レコ倫)であり、「レコ倫が表現の自由を奪っている」などという都市伝説もまことしやかに語られている。〈音楽業界内におけるタブー=自主規制〉を招いている諸悪の根源は何なのか? レコ倫への直接取材に加え、さらにベテラン・レコード会社スタッフによる現場からの声も交えながら探ってみたい。まずは、レコ倫を運営している日本レコード協会の理事である畑陽一郎氏に、審査の基本的な流れを聞いた。

「レコ倫は日本レコード協会に加盟するレコード会社の委員と、さらに有識者の先生方4人で構成されています。各レコード会社がリリースするすべての邦楽が対象であり、まずは委員の間で分担をし“粗選り”という予備審査を月2回のペースで行います。そこで歌詞になんらかの問題が見受けられる曲をピックアップ、各レコード会社へフィードバックしたり、先生方の見解もうかがいながら、最終的に残った要検討作品を毎月1回開催される審査会にて審議します。そこで、レコード会社と有識者の委員が言葉の意味だけでなく、前後の文脈からも検討を加え、それが世に出た場合の社会的影響などを考慮した上で“問題あり”と判断された作品に関しては、当該レコード会社に対して注意・勧告を行うことになります」

 具体的な数字を挙げると、各レコード会社からレコ倫へ毎月提出されるのが800~900曲で、年間では約1万曲。昨年は、そこから19作品が要検討作品として取り上げられ、最終的に“問題あり”として注意・勧告がなされたのが3作品であったという。

「3作品のうち2つが薬物、ひとつが民族差別でした。レコ倫で制定した〈レコード制作基準〉に従って審査・判断をしているのですが、基本になっているのは法令違反を推奨するような歌詞ではいけないということ。それによって社会の秩序、公序良俗を乱すものであってはいけないという考えです。実際、粗選りによって審査の対象として挙がってくるものとして、多く出現するのが薬物表現と差別・侮辱系の表現です。差別・侮辱系の表現はさまざまですが、民族差別呼称、特定宗教などの侮辱が例として挙げられます。

 差別・侮蔑に該当するかの判断は、該当する方々の受け止め方も考えなければなりません。最終的には表現の自由という考え方もあるでしょうが、仮に問題ともなれば、表現者が責任を取らないといけないわけでして、抗議を受ける可能性も考慮して対応を判断する必要があります」(畑氏)

 差別・侮辱系に関しては、あからさまな差別用語だけではなく、我々が普段、特に意識せずに使っているような言葉であっても、審査の対象となるケースもある、というわけだ。

 なお、昨年問題ありと判断された3作品に関しては、歌詞カードで該当部分を伏せ字にするなどの対応が行われたという。また、過去には問題部分の音声処理がなされたケースもあったようだが、音まで編集する対応は非常に稀であるという。大手メジャーレコード会社でディレクターを務めるA氏は、こう証言する。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...
この記事を購入※この記事だけを読みたい場合、noteから購入できます。

Recommended by logly
サイゾープレミア

2018年6月号

オトナの写真学

オトナの写真学
    • 【アラーキー問題】の本質とは?
    • 【小原真史】私写真という怪物について
    • 【板倉由美】法的問題はどこにあるのか
    • 【黒瀬陽平】法に触れた芸術家は沈黙すべきでない
    • 【田中東子】フェミニズムとアラーキー
    • 進化する【LGBT】写真の美意識
    • インスタ炎上姫【水原希子】研究
    • 【水着グラビア】は性の商品化か?
    • アメリカ写真雑誌と【人種差別】
    • 奇妙すぎる【戦争写真】を発掘
    • サイゾー的【カメラ批評】
    • 写真が形作ってきた【偽史】
    • 報道写真をめぐる【加工】の境界線
    • 歴史を変えた【報道写真】の光と影
    • 【AI】進化でカメラマンが消滅する日
    • 世界を変える最先端【画像技術】
    • 【学問としての写真】最新潮流
    • 海外の【写真教育】事情
    • デジタル時代の【お焚き上げ】事情

忍野さら"暗室"グラビア

忍野さら
    • 【忍野さら】の危険な部分にレンズが迫る

NEWS SOURCE

インタビュー

連載

    • 【日向カリーナ】筑前煮が好きなんです。
    • 【優木まおみ】アイドルから教わる初心
    • 【原あや香】モグラ女子の謎の習慣
    • パラリンピック1964-2020
    • 【彩芽】とスキャンダル
    • 漫画村が開けた「ブロッキング」のヤバさ
    • 高須基仁の「全摘」
    • 異様な空気が高揚を促す【奇祭】
    • 哲学者・萱野稔人の「"超"哲学入門」
    • 【ミシェル・ンデゲオチェロ】丸刈り才女の面目躍如
    • 【森友文書改ざん】法務省が抱えた積年の恨み
    • 統合失調症や自閉症は【母親】のせい!?
    • 町山智浩/『バトル・オブ・ザ・セクシーズ』正義のラケットで女生憎悪を打ち砕け!
    • 【フェイスブック】個人情報商用利用の問題点
    • 小原真史の「写真時評」
    • 「念力事報」/燃える宇船
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ研究所」
    • 【星野源】ドラえもんの歌詞の妙技
    • ガンズ・アンド・ローゼズTシャツをめぐる裏話
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 幽霊、性からの逃走に聖痕の闘争を。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』