サイゾーpremium  > 特集  > タブー  > 誰が誰のために“規制”するのか【2】/キスもNG?保険ありきの【MV】事情
第1特集
誰が誰のために“規制”するのか【2】

映像業界も頭を抱える自主規制――キスシーンすらNG?保険ありきのMV事情

+お気に入りに追加

――社内レコ倫の網をかいくぐったものの、レコ倫で「歌詞に問題あり」となった場合、伏せ字やピー音、歌詞の非掲載などで対応する――とはこちらの記事で触れた通りだが、ほとんどのアーティストがCDのリリースよりも先に撮影している“ミュージックビデオ”はいかがなものか?

1709_ongaku_column_230.jpg
見えないこともないけど……の被害の一例。

 さて、聴覚ではなく視覚的に訴えてくる映像作品でも、自主規制の波は荒ぶっているのだろうか? ミュージックビデオを手がける映像業界関係者に話を聞いた。

「一昔前はバンドマンが楽器を弾きながらタバコを吸う演出が当然のようにありましたが、今はレーベル側がアーティストにタバコを吸わせようとしません。仮に問題が起きそうな映像を撮影した場合、『もし問題になったときの場合に』という保険の映像を撮影しておくこともあります。さすがに撮り直しとなると時間も制作費もかさんでしまいますからね」(映像業界関係者A氏)

 歌詞はレコ倫の審査を受けるが、基本MVに検閲は入らないため、より一層の自主規制が働いていると指摘するのはB氏だ。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...
この記事を購入※この記事だけを読みたい場合、noteから購入できます。

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2020年2月号

新しいニッポンのタブー

新しいニッポンのタブー

川瀬もえ、エロくてキュートで清らかに。

川瀬もえ、エロくてキュートで清らかに。
    • 小悪魔【川瀬もえ】が脱ぐ

インタビュー

連載

    • 表紙/華村あすか「イオンで十分なんです」
    • 【桜田茉央】ミスマガ受賞者の箱入り娘
    • 【AV界】期待の新人セクシー下着
    • 【鈴木ふみ奈】タレントと企業のカンケイ
    • 【増田と鷲見】のラブゲーム
    • 【AI】がインターネットを根底から揺さぶる
    • 【五所純子】「ドラッグ・フェミニズム」
    • 【萱野稔人】"殴り合い"はなぜ人間的なのか
    • 機構影響を受けぬ【雪まつり】
    • 【丸屋九兵衛】キアヌ・リーブスを語る
    • 【町山智浩】「リチャード・ジュエル」FBIとマスコミの欺瞞
    • 【薬物事件】をめぐる刑罰と報道の問題点
    • 小原真史の「写真時評」
    • 笹 公人「念力事報」/ゴーンの大脱出
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/「アナと雪の女王」にモヤる理由
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 大手ビールメーカー出身者が【ブルーパブ】を開業
    • 更科修一郎/幽霊、闘争で情念を語る少年マンガ。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』