>   >   > 色情霊との性的行為――そのエクスタシーの原理に迫る【1】/【色情霊】の正体を精神科が分析
第1特集
色情霊との性的行為――そのエクスタシーの原理に迫る【1】

出会えるポイントは“レム睡眠”?江戸後期から語り継がれる色情霊、精神科医がそのメカニズムを分析!

+お気に入りに追加

日本では古くから幽霊とセックスする──色情霊との性体験を綴った作品が多く残されている。それは必ずしも“フィクション”として語られるものだけではなく、現代まで“実体験”として語られているケースも少なくない。果たして、色情霊は本当に存在するのか? 精神科の医師と共に迫ってみたい。

出会えるポイントはレム睡眠?江戸後期から語り継がれる色情霊、精神科医がそのメカニズムを分析!の画像1
幽霊とのセックス体験は文学やマンガ、映画など、これまでにも多くの作品で描かれてきた。それは果たして、ただの妄想の産物なのか、それとも……。(写真/@prelude2000_flickr)

「夜明け前に金縛りに遭い、目に見えない何かに乗っかられる感覚がありました。そして手探りで上半身を触られたんです。金縛りに遭うとき、いつもだったら首を絞められるのに、その日は手が下に下りていって、股間を触られました。ズボンを下ろされる感覚があって、パンツも脱がされている感じがしました。実際には下ろされてはいなかったのですが……。そして、その後に股間を触られている感触があって、それがすごく気持ちいいんです。はっきりエクスタシーを感じましたし、実際に触られているよりはるかに気持ちよかったです――」

 これは幽霊とセックスしたという50代の男性A氏の体験談だ。A氏のように、性的な行為を迫ってくる幽霊、いわゆる「色情霊」に遭遇したという報告例は決して少なくない。ネット上でも「色情霊」で検索すると、こういった体験談が多数寄せられていて、なかには“真剣な悩み”として相談する人もいる。

 本来、恐怖や畏怖の対象であるべき幽霊が、エロいことをしてしまっているなんて……。呪いや祟りといった類ではなく、純粋にエロが目的の幽霊など、存在していいのだろうか! 

 すでに夢精とは年齢的に無縁となってしまった身(筆者の年齢は30代後半)。しかも最近は精力自体衰えているゆえ、寝ているだけでエロい体験ができるというのは非常に興味深い。  

 しかし、現実的に考えて、色情霊体験とはどのような状態にあるのか? できるだけ怖い要素を排除しつつ、体験できそうな方法を探ってみたい。

 そもそも色情霊とは、そのスジのマニアたちの間では「性や恋に対する未練を残したまま死んでしまった者が、その執着から現世で幽霊となり、異性と性交をしようとするもの」とされている。特に日本ではその存在は昔から言い伝えられており、国際日本文化研究センター名誉教授で日本の美術史家・春画研究家としても知られる早川聞多氏によると、随筆などにも色情霊と思わしき現象が数多く書かれているという。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...
この記事を購入※この記事だけを読みたい場合、noteから購入できます。

Recommended by logly
サイゾープレミア

2017年11月号

ファッション(禁)コレクション2017

ファッション(禁)コレクション2017
    • 【タレントブランド】の内情と成否
    • 【Supreme×ヴィトン】コラボの裏側
    • 【ダニエル・ウェリントン】バカ売れの謎
    • 【裏原系】人脈のその後
    • 【遠山茜子】B-GIRLになる!
    • 【インスタグラマー】の熾烈な戦い
    • 【IT】が進むファッション業界の未来
    • インスタの太鼓持ち【女性ファッション誌】
    • 【デーブ・スペクター】が語るトランプのスーツ
    • 【メラニア夫人】への衣装提供拒否の裏側
    • 【ZOZO】の好きな所、嫌いな所
    • 【ファッション史】から見るゾゾ
    • 【送料自由化】を物流の専門家が分析
    • 【メルカリ】が勝った本当の理由
    • 【メルカリ出品者】が語る闇市の姿
    • 【ホットペッパービューティー】の罠
    • 【スポーツアパレル】がパリコレ占領中
    • 【ナイキ】の最先端戦略を覗き見!
    • 【高級機械式腕時計】はなぜ高い?
    • 【スマートウォッチ】台頭は吉か?凶か?

本誌特選!8人の(サ)な女たち

本誌特選!8人の(サ)な女たち
    • 歴代カバーガールグラビア傑作選

山地まり、大人Kawaiiレトロモダン水着

山地まり、大人Kawaiiレトロモダン水着
    • 【山地まり】Fカップとレトロ

NEWS SOURCE

    • 【安室奈美恵】引退宣言で揺れる音楽業界
    • 【市川海老蔵】と松竹の懐事情
    • 【ジュリーさん】がアベマ企画に大激怒

インタビュー

    • 【吉田まどか】福岡女のシンデレラストーリー
    • 【CASCADE】元祖おしゃれ系バンドの今
    • 【CHAI】女たちが追い求めるかわいい

連載

    • 【今野杏南】これで最後なんです。
    • 【佐藤江梨子】政治性が響くモンパチの歌
    • 【長澤茉里奈】合法ロリ生春巻き
    • 【斉藤由貴】スローな由貴でいてくれ
    • 【インターネット】への誤解がもたらす日本の危機
    • 【特別編】九州に格闘技界旋風起こす男
    • 【元・モー娘。】歌よりも正直なトーク
    • 【三波春夫】が2017年に蘇る
    • 哲学者・萱野稔人の「"超"哲学入門」
    • 【フレンチ・モンタナ】モロッコ系最強ラッパー
    • 【電通過労死事件】から考える労災
    • 【治療共同体】で精神病院を開放せよ!?
    • 町山智浩の「映画でわかる アメリカがわかる」/『バリー・シール』
    • 世界一災害に弱い【東京】備えなき首都大災害
    • 小原真史の「写真時評」
    • 赤い屍と緑のタヌキ
    • ジャングルポケット/フェラペチーノで自分好みのプレイを!
    • 【最高の離婚】夫婦の溝を埋める最良のテキストドラマ
    • ボディペインティングが導く愉楽
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 幽霊、政治と信仰と破綻の円環構造。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』