>   > 三上悠亜が語る「アイドルの終焉」/「アイドルになりたかった」

――2009年から14年まで某国民的アイドルグループに在籍、翌15年にはセクシー女優としてデビューし、トップ女優へと華麗なる転身を遂げた、三上悠亜。重度のアイドルのオタクであることでも知られる彼女が語る「アイドルの終わり方」とは?セクシーすぎるグラビアと共にお届け!

1706_01_Re_520.jpg
(写真/河西遼)

 2016年12月31日をもって、SMAPが25年の歴史に幕を閉じた。女性アイドルでは、AKB48を支えてきた小嶋陽菜がこの4月19日にグループを卒業、6月12日にはハロー!プロジェクト(以下、ハロプロ)の中心グループである℃-uteが結成12年にして解散、同ハロプロ内では、Berryz工房の活動休止を経て現在はカントリー・ガールズのプレイングマネージャーを務める“ももち”こと嗣永桃子が6月30日をもって芸能界を引退するなど、近年、人気アイドルの解散や卒業が相次いでいる。膨れ上がったアイドルバブルが崩壊を迎えつつあるいま、我々は、「アイドルのその後」について対峙せねばならないのかもしれない――。

 では、そんなときこの人はどう思うのか? かつて某国民的アイドルグループに所属しながら、数々のスキャンダルにまみれ14年4月に同アイドルグループを追われるように卒業。ところが翌15年6月、AV業界に華麗に転身してみせ、現在はトップAV女優として君臨する三上悠亜、その人だ。彼女には、知る人ぞ知るもうひとつの顔がある。生粋のアイドルオタク、なかでも、小学生時代からというディープなハロプロファンなのだ。

 自身が国民的アイドルグループに所属しながらアイドルオタクでもあり、また現在は、AV女優を中心としたアイドルグループ「恵比寿★マスカッツ」でさらなる活躍を見せている――。そんな業の深いキャリアを誇る彼女に、アイドルの輝きとはなんなのか、そしてその、悲しくも儚い“終わり”について話を聞いた。

 三上悠亜がアイドルの存在を知ったのは、小学校低学年のとき。テレビで「LOVE涙色」(2001年)を歌い踊る松浦亜弥の姿を見て、そのキラキラとした世界に心を奪われた。夢中になった彼女は、松浦が所属するハロプロの情報をパソコンで毎日のように追いかけるようになる。そこで出会ったのが、04年に平均年齢10・7歳という若さでデビューしたBerryz工房だ。

1706_02_520.jpg
(写真/河西遼)

「最初はキライだったんですよ。(メンバーの夏焼)雅ちゃん(デビュー当時12歳)の金髪を見て生意気だなって思って。でも、気になって見ちゃうんですよね。それで当時の親友と一緒に応援することに決めて、最初に行ったのが地元・名古屋で開催された『21時までのシンデレラ』(05年)のリリースイベントでした。部活終わりに駆けつけてメンバー全員と握手したんですけど、そのときのももち(嗣永桃子)が神対応すぎて、その瞬間からももち推しに。ヲタ仲間もできて、それから中3くらいまで、毎週土日はず~っとヲタ活してましたね」

 名古屋の中学生だった彼女にとって、アイドルの魅力とはなんだったのだろうか?

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...
この記事を購入※この記事だけを読みたい場合、noteから購入できます。

Recommended by logly
サイゾープレミア

2018年9月号

日本のタブー

日本のタブー
    • 【中国】が目指す究極のディストピア
    • 【韓国人になりたい若者】と美容整形
    • 【オウム真理教】が利用したドラッグ
    • Kダブが語る【愛国ソング】の是非
    • なぜヤバい【大学】は生まれるのか?
    • 危険な【大学図鑑】2018
    • ヤバい【配信ドキュメンタリー】
    • すぐ見られる【ドキュメンタリー】12選
    • 【ジェントリフィケーション】の功罪
    • 【豪雨災害】の裏にある宅地開発
    • 【スピリチュアル】業界の最新事情
    • 流行りの【子宮系】ってなんだ?
    • 衰退する【宗教】にすがる政治家のなぜ
    • 【葬儀ビズ】と首都開教
    • 学問としての【心霊とオカルト】
    • 暴かれた【暴力団】最大のタブー
    • 減少する全国の【暴力団】

美人YouTuber"配信不可"グラビア

美人YouTuber
    • 【うなぎひまわり】禁断の着衣とは?

NEWS SOURCE

    • 活発化する【公安調査庁】のお粗末さ
    • メディアが黙殺した【タモリ】タブー
    • 【小室哲哉】不倫騒動のその後

インタビュー

    • 【湯川ひな】演技に目覚めた17歳
    • 【男劇団青山表参道X】イケメン戦国時代に殴り込み
    • 【なでしこ寿司】女人禁制の世界に波風を立てる

連載

    • 【小倉優香】基本的に不摂生なんです。
    • 【永尾まりや】自然体美女の夏の予定
    • 【朋ちゃん】を慰めるやつはもういない
    • 日本のテレビ局は韓国を見習うべき
    • 高須基仁の「全摘」
    • EZ DO【BON】DANCE爆誕
    • 哲学者・萱野稔人の「"超"哲学入門」
    • 【ジェイ・パーク】「元2PM」の看板も今は昔
    • 町山智浩/『ソーリー・トゥ・バザー・ユー』労働SFが描く暗黒郷
    • 【新聞社】が抱える病巣と復活への道
    • 小原真史の「写真時評」
    • 「念力事報」/殺人猛暑2018
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ研究所」
    • 【未来のミライ】酷評から見える、相互理解の絶対的難しさ
    • ロリータの写真を撮るメキシコ人カメラマン
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 映画の世界から【ビール】道へ
    • 幽霊、草食系十字軍と不能者の憎悪。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』