>   >   > ASKAに捧ぐ!【麻薬文学】

――ファンタジーやノンフィクションなどで、ドラッグを取り扱った文学は多い。かつてはビートニク世代と呼ばれる小説家たちが、盛んにドラッグを文学に取り入れていった。翻って現代日本ではどうだろうか? コンプライアンスが厳しくなった昨今、果敢にドラッグを小説の題材に取り入れた作品を紹介していく。

1701_bungaku_230.jpg

──ドラッグを扱った文学作品を紹介していく本企画。まずはドラッグと文学の相性について伺いたいです。

石丸元章(以下、石丸) 僕は書く立場なのでドラッグをよくモチーフに使うんですが、実に使い勝手のいいアイテムなんですよ。物語の中である日突然、狂ってしまう人物って描きにくいじゃないですか。でも、その理由としてドラッグは最適というか、使いやすいんです。

海猫沢めろん(以下、) すごくわかります。新人賞の下読みをしていると、主人公が破滅する理由としてドラッグが出てくることが多々ありますから。ただ、「この作者、絶対にやったことないだろ」って思うことが多い。一口にドラッグと言ってもアッパー系、ダウナー系、サイケ系とあるのに、その区別すらない作品もありますからね。

磯部涼(以下、) 作者がドラッグをやっているか、やっていないか。ドラッグ文学を語る上では、根本的な話になりますよね。ただ、ドラッグをやっている最中は、文章を書けないでしょう? 書いてもシラフでは読めたものじゃないというか。

 書けないし、書くよりも楽しいことすると思います。そもそも作者がドラッグをやっているかどうかも読み手の想像になるけど。例えば、文学で思いつくのは芥川賞を取った篠原一さんの『壊音 KAI-ON』【1】、あれはなんとなくやっていない気が。あと、日本で一番有名なドラッグ文学といえば、村上龍の『限りなく透明に近いブルー』【2】ですけど……。

 うーん、どうだろう。ただ、描写を見ると、少なくとも書いているときはやっていない気がする。

 それこそ石丸さんの『SPEEDスピード』【3】は、やっている最中に書いたんですか? “シャブ乗り文体”というか、めちゃくちゃ好きな作品なんですけど。

 ありがとうございます(笑)。やってたりやってなかったり、フラッシュバックしてたり。もうメチャクチャです。

 やりまくってる時期ではあったと(笑)。ドラッグをやっている作者として有名なところでは、ヘロイン中毒だったウィリアム・バロウズがいます。彼の“カットアップ”という小説の手法も、普通には書けないから採用したんだと思いますが。

 そうそう。書いた原稿を切り刻んで、それらの言葉をランダムに並べる手法ね。『スピード』も全部で300枚くらいの本なんだけど、1000枚以上書いてカットアップもしてます。ドラッグがキマっている時に書いた文章って、段違いに饒舌になる。10行ですむフレーズを、100行以上書いてたりするんです。各所に奇妙で意味不明な部分も出現する。カットアップすると、雰囲気を残したままブラッシュアップできるんだよね。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...
この記事を購入※この記事だけを読みたい場合、noteから購入できます。

Recommended by logly
サイゾープレミア

2018年9月号

日本のタブー

日本のタブー
    • 【中国】が目指す究極のディストピア
    • 【韓国人になりたい若者】と美容整形
    • 【オウム真理教】が利用したドラッグ
    • Kダブが語る【愛国ソング】の是非
    • なぜヤバい【大学】は生まれるのか?
    • 危険な【大学図鑑】2018
    • ヤバい【配信ドキュメンタリー】
    • すぐ見られる【ドキュメンタリー】12選
    • 【ジェントリフィケーション】の功罪
    • 【豪雨災害】の裏にある宅地開発
    • 【スピリチュアル】業界の最新事情
    • 流行りの【子宮系】ってなんだ?
    • 衰退する【宗教】にすがる政治家のなぜ
    • 【葬儀ビズ】と首都開教
    • 学問としての【心霊とオカルト】
    • 暴かれた【暴力団】最大のタブー
    • 減少する全国の【暴力団】

美人YouTuber"配信不可"グラビア

美人YouTuber
    • 【うなぎひまわり】禁断の着衣とは?

NEWS SOURCE

    • 活発化する【公安調査庁】のお粗末さ
    • メディアが黙殺した【タモリ】タブー
    • 【小室哲哉】不倫騒動のその後

インタビュー

    • 【湯川ひな】演技に目覚めた17歳
    • 【男劇団青山表参道X】イケメン戦国時代に殴り込み
    • 【なでしこ寿司】女人禁制の世界に波風を立てる

連載

    • 【小倉優香】基本的に不摂生なんです。
    • 【永尾まりや】自然体美女の夏の予定
    • 【朋ちゃん】を慰めるやつはもういない
    • 日本のテレビ局は韓国を見習うべき
    • 高須基仁の「全摘」
    • EZ DO【BON】DANCE爆誕
    • 哲学者・萱野稔人の「"超"哲学入門」
    • 【ジェイ・パーク】「元2PM」の看板も今は昔
    • 町山智浩/『ソーリー・トゥ・バザー・ユー』労働SFが描く暗黒郷
    • 【新聞社】が抱える病巣と復活への道
    • 小原真史の「写真時評」
    • 「念力事報」/殺人猛暑2018
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ研究所」
    • 【未来のミライ】酷評から見える、相互理解の絶対的難しさ
    • ロリータの写真を撮るメキシコ人カメラマン
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 映画の世界から【ビール】道へ
    • 幽霊、草食系十字軍と不能者の憎悪。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』