>   >   > 【バカAV監督】インタビュー
第1特集
新時代の幕開け?バカAVの可能性【3】

「飛影はそんなこと言わない」の発祥に迫る! 【市原克也監督】が明かす、伝説のバカAVの真相

+お気に入りに追加

――1996年、1本のAVが世に放たれた。題名は『欲情列島宅配便 私の処女を奪いに来てッ!!』。アテナ映像が制作したこの作品は伝説のバカAVとして一部では有名だ。今回、この作品の出演者が20年ぶりにその裏側を語った。

1611_column_image_230.jpg
20年ぶりに本作を観た市原監督。この一件のせいで『幽☆遊☆白書』は、未だに読みたくないらしい。

『欲情列島宅配便 私の処女を奪いに来てッ!!』――本作を“伝説”へと押し上げたのは、出演者である28歳の素人OLだった。彼女はいわゆる腐女子で、マンガ『幽☆遊☆白書』にハマっており、その登場人物になりきって処女を喪失したいと希望する。しかし、大好きなキャラクターである”飛影”の名を叫びながら喘ぐ女性に、同作を知らないスタッフはドン引き。男優に至っては勃たなくなるなど、撮影は難航を極める。重苦しい空気の作戦会議や、『幽☆遊☆白書』について勉強するシーンが大半を占め、最終的には萎えたイチモツを無理矢理ねじ込んで終了、という凄まじい内容だ。実際の収録から完成までに2年かかった本作は、その異様さから「もはやAVではなくドキュメンタリー」「史上最も哀しい処女喪失」などと、ネットを中心にカルト的な人気を博している。

 今回、本作に男優として出演していたAV監督・市原克也氏との接触に成功。20年ぶりに映像を見ながら解説してくれた。

──本作がネットを中心に有名になっていることはご存じでしたか?

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

サイゾープレミア

2017年3月号

グラビア写真学

グラビア写真学

ジリ貧ラジオが今背負うもの

ジリ貧ラジオが今背負うもの
    • 今【ラジオ】が"本番"な理由
    • 【星野源】が伊集院光を倒す日
    • 過激な【深夜お笑い番組】
    • ニッポン放送【女性アナ】カレンダー
    • 【音楽番組】は"事故"の宝庫
    • 【書き起こし】で広がるラジオの輪

AVと女性の性欲、そしてポルノグラフィ

AVと女性の性欲、そしてポルノグラフィ
    • 【腐女子】熟女セクシー女優×政治学者

インタビュー

連載