>   > 【EMI】お尻を振るのが巧いです
連載
[短期集中連載]サイゾー動画(c)プレゼンツ プレミアムエンドルフィン【1】

【GO-GOダンサー・EMI】お尻を振るのが巧いから、男には背面騎乗位が喜ばれるかな☆

+お気に入りに追加

――クラブ・シーンを艶やかに彩るGO-GOダンサーたち。その知られざる“性態”に迫る!

1610_gogo01_520.jpg
(写真/石黒淳二)

[今月のGO-GOダンサー]
EMIちゃん https://twitter.com/catbooty0425

 ニコニコ動画にて放送中の音楽バラエティ・チャンネル〈サイゾー動画(c)〉。その中のセクシー番組『エンドルフィン』に登場するGO-GOダンサーたちは普段、深夜のクラブでキワどい衣装をまとって踊り、観客を沸かせているが、プライベートも過激!? そんな彼女たちの“性活”をノゾキ見する短期集中連載、第1回は「HIP HOP GO-GO DANCER QUEEN CONTEST 2015」で優勝したEMIちゃんのセックスライフを探る!

――GO-GOダンサーのコスチュームは過激なので、ビッチなイメージで見られませんか?

EMI「“GO-GOダンサー=ビッチ”って思われていいし、むしろそう思われないとダメ。お客さんを翻弄して誘惑して、それでも手が届かないからチップを頂けるんです。そうやって稼ぐのが、私の仕事だから。普通に考えたらビッチですよね。私生活までビッチって言われたらイヤだけど」

――では、私生活のほうのセックスはどんな感じなんですか?

EMI「真面目にアクティブですね。誰でもいいからしたいってわけじゃなくて、気持ちいいセックスは追求したい。だから、相手が彼氏とか好きな人じゃなくてもしてるかも」

――出会いはクラブが多いですか?

EMI「やっぱり、クラブが多いかなぁ。あ、でも今日、タイから帰ってきたら、成田空港で外国の人にいっぱい道を聞かれましたね。まあ、ナンパだったんですけど、私、『電話番号、教えて』って言われたら、とりあえず教えるんですよ。そうすれば、すぐどっか行ってくれるし、知らない番号には出なければいいから。あと、『何やってんの?』『名前、なんていうの?』『どこ住んでるの?』って質問攻めしてくる人が多いけど、『自分から名乗りなよ』って思っちゃう。だから、ちゃんと名刺とかくれる人はいいですよね。ナンパは紳士的じゃないと(ハート)」

――なるほど。ところで、アクロバティックなダンスのテクニックが、セックスで生かされる場面はありますか?

EMI「背面騎乗位とか喜ばれるかな。あの体位って、男の人からはアレが出入りするのが丸見えで、ナイスビューだと思うんですよ。しかも、ダンサーはお尻を振るのが巧いから、上下ピストンだけじゃなくて、腰を前後にグラインドさせたり回転させたり、いろいろできるのね。それが、男の人は気持ちいいみたい」

1610_gogo02_520.jpg
(写真/石黒淳二)

――EMIさん自身は、どんなセックスが気持ちいいですか? 男性のアレの大きさが重要だと思われていますが……。

EMI「硬いのが好みだけど、サイズはあんまり気にしないかな。私の場合、キスだけでイケるときもあって。男の人は射精がゴールだと思ってることが多いけど、触り合ってるだけでもセックスになるんですよ。その究極がSMかもしれない。私、実はSM嬢もやっているんですけど、SMはイカなくても気持ちいいものなんです。まあ、厳密にはSM=セックスではないんですけど。

それはともかく、セックスの最中は優しさが大事だなって。例えば、正常位で激しくヤッてるときにベッドからずり落ちそうになると、よく男の人ってザザッて雑に女の人のポジションをずらすじゃないですか。あれ、腰をそっと抱えて持ち上げてくれるだけで、キュンとしちゃう(ハート)大事なものを扱うように気遣われるのが、女の理想ですからね」

――そういう意味で、セックスの上手な男性を見分けるコツは?

EMI「イイなと思った男の人には、『これまで女の子とどのくらい長く付き合ったの?』って聞くようにしてるんです。何人とヤッたかじゃなくて、ひとりと何回したかが巧さにつながるので。だから『3年』とか返ってくると、『おお!』って思う。でも、元カノの悪口を言う人は最悪。印象がダダ下がります」

――セックスについて、深く追求しているんですね。

EMI「はい、これからも追求していきたいと思います(ハート)」

(構成/五所純子)

1610_gogo04.jpg

『エンドルフィン』
「出てしまった部分はモザイクで対応」をコンセプトに、DJ SPACE KID、YOUNG HASTLE、AV女優、GO-GOダンサーらが登場するお色気バラエティ番組。覆面ダンサーがセックスについて語り合う「マスクの女たち」、接写の限界に挑戦した「BEDROCK SHOW」といった企画もあるので、ご両親や奥様のいないところでご覧ください!


1610_gogo03.jpg

サイゾー動画(c)
日本で最も過激な音楽バラエティ動画チャンネル。ニコニコ動画にて会員登録制の4番組を毎週放送している。日本語ラップ界の第一線で活躍するラッパーから、魅惑のGO-GOダンサーまで登場。過去には、KOHHの海外公演を独占生中継したことも。今後は、YouTube上にも放送を拡大予定。〈http://ch.nicovideo.jp/cyzo-c

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

サイゾープレミア

2017年2月号

過激な「マンガ」読本

過激な「マンガ」読本

"経済予測記事"はなぜハズれるのか?

    • 【経済予測記事】はご都合主義?
    • 経済学者が語る【金融緩和バトル】
    • 経済誌【制作の舞台裏】

カルチャー化する"メンヘラ"の謎

カルチャー化する
    • 【青山ひかる】が病みかわコス!
    • カジュアル化する【病み】
    • 【松永天馬】が語るメンヘラ

インタビュー

連載

    • 【平嶋夏海】もう少し遊びたかったんです。
    • 【山崎真実】Dカップの無為自然
    • MoeにKoiする5秒前
    • 大統領選を揺るがした【フェイクニュース】
    • 迫りくる教育の【2020年問題】
    • 高須基仁の「全摘」
    • 人はなぜ【忘年会】を開くのか?
    • 南米のマツリ・ダンス文化
    • 哲学者・萱野稔人の「"超"哲学入門」
    • 月刊カルチャー時評/『真田丸』
    • 【ア・トライブ・コールド・クエスト】黒人音楽の常識を変えた!
    • 【恒例運転者事故続発】誤ったイメージ醸成の理由
    • 町山智浩の「映画でわかる アメリカがわかる」
    • 『男子の生き様』俳優・宮城紘大
    • 増える依存症と経営赤字【カジノ法案】の真実
    • 小原真史の「写真時評」
    • 「念力事報」/プーチン最強伝説
    • ジャングルポケットの「アダルトジャングル探検録」
    • 【紙の月】女の正義は状況や気分によって容易に更新される
    • 磯部涼の「川崎」
    • アメリカにはない【日本のSM】
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 更科修一郎の「批評なんてやめときな?」
    • 花くまゆうさくの「カストリ漫報」