連載
お騒がせ男の"最初で最後の懺悔録"──高須基仁 の「全摘」 No.53

女優でなく取締役として会見で泣いた高畑淳子、もうテレビは諦めて舞台で全国行脚しろ!

+お気に入りに追加

──年齢不詳、職業不明、痛風持ち……老獪タカスが、自らの五臓六腑をすする気合で過激に告白&提言

1610_takasu1710_230.jpg
「赤毛のアン」にはAKB48の藤田奈那が出演しているため、私の後ろではAKBメンバーたちが観劇。彼女たちとは顔見知りだが、「私の近くにいるとイメージが悪くなるぞ」と言っておいた。

 愛川欽也とうつみ宮土理が建てた中目黒の「キンケロ・シアター」で、ミュージカル「赤毛のアン」を鑑賞し、思わず涙を流した。

 上演したのは、梅沢重雄氏が理事長を務める日本航空学園主宰「ウィングシアター」である。元劇団四季の女優・相良まみが総合演出を務め、毎年、ミュージカル公演を行っている。「赤毛のアン」は東京、静岡、山梨で上演された。舞台には、カタルシスがある。

 高校時代の友人で劇団青年座の演出家・鈴木完一郎は、2009年7月に亡くなった。同年9月にお別れの会が開かれ、青年座社長や制作本部長、多くの俳優たちが駆けつけ、完一郎の演出家としての異才ぶりを偲んだ。完一郎と青年座同期の俳優・西田敏行は、会場で私の姿を見つけると「高須さん、完一郎から、よく噂を聞いていたよ」と初対面ながら握手を求めてきた。

 会場には、高畑淳子も来ていた。そのときすでに青年座の取締役になっていたと後から聞いたが、彼女は私に一瞥をくれただけで何も言わずに去っていった。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

サイゾープレミア

2017年2月号

過激な「マンガ」読本

過激な「マンガ」読本

"経済予測記事"はなぜハズれるのか?

    • 【経済予測記事】はご都合主義?
    • 経済学者が語る【金融緩和バトル】
    • 経済誌【制作の舞台裏】

カルチャー化する"メンヘラ"の謎

カルチャー化する
    • 【青山ひかる】が病みかわコス!
    • カジュアル化する【病み】
    • 【松永天馬】が語るメンヘラ

インタビュー

連載

    • 【平嶋夏海】もう少し遊びたかったんです。
    • 【山崎真実】Dカップの無為自然
    • MoeにKoiする5秒前
    • 大統領選を揺るがした【フェイクニュース】
    • 迫りくる教育の【2020年問題】
    • 高須基仁の「全摘」
    • 人はなぜ【忘年会】を開くのか?
    • 南米のマツリ・ダンス文化
    • 哲学者・萱野稔人の「"超"哲学入門」
    • 月刊カルチャー時評/『真田丸』
    • 【ア・トライブ・コールド・クエスト】黒人音楽の常識を変えた!
    • 【恒例運転者事故続発】誤ったイメージ醸成の理由
    • 町山智浩の「映画でわかる アメリカがわかる」
    • 『男子の生き様』俳優・宮城紘大
    • 増える依存症と経営赤字【カジノ法案】の真実
    • 小原真史の「写真時評」
    • 「念力事報」/プーチン最強伝説
    • ジャングルポケットの「アダルトジャングル探検録」
    • 【紙の月】女の正義は状況や気分によって容易に更新される
    • 磯部涼の「川崎」
    • アメリカにはない【日本のSM】
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 更科修一郎の「批評なんてやめときな?」
    • 花くまゆうさくの「カストリ漫報」