サイゾーpremium  > 特集  > 本・マンガ  > 出版社は【芸能人】の言いなり!?
第1特集
出版界の最大タブーを暴露!【1】

【文芸編集者座談会】『火花』効果で芸能人作家が印税交渉開始! 出版社は、芸能界の言いなり!?

+お気に入りに追加

――単価の高い単行本が売れれば、会社に数億円の利益をもたらすのが文芸の世界。そのため、多くの出版社にとって作家のゴシップはタブーとなっている。そこで本稿では、出版界の一大権力である文壇の裏側を、関係者にこっそり聞いてみた。

1604_booktalk1.jpg
文藝春秋、新潮社、講談社……と版権が転々とした『三匹のおっさん』の講談社版サイト。

【座談会参加者】
A:30代・大手出版社編集者
B:40代・大手出版社編集者 
C:30代・中堅出版社編集者

A 文芸特集ということで、書籍編集部がある出版社ではタブーとされている、人気作家や文芸界のあれやこれやを語ってほしいとのことだけど、実は最近は作家のほうもコンプライアンスにやたらと敏感なので、さほどネタはないんだよね。とりあえず昨今、一番の話題作といえばピース・又吉直樹の『火花』【1】だろう。昨年12月時点で240万部と、芥川賞受賞作の中でも歴代1位の発行部数を記録している。

B 今年4月に映像化も決定しているから、まだまだ伸び続けるだろうね。

A 又吉は、『火花』の売り上げだけではなく、ほかの文庫本の売り上げにも波及効果を及ぼしている。太宰治をはじめ、又吉がテレビで過去の文豪たちを紹介することで、本屋の文庫本売り場が動くこともしばしば。そんな又吉効果からか、なぜか急に三島由紀夫のマイナーな作品『命売ります』【2】が脚光を浴びている。版元では、昨年7万部の増刷をしたそうだ。

C 映像化されたわけでもないのに、めぐりめぐっての又吉効果かな? 又吉とは関係あるかないかわからないが、筒井康隆の『旅のラゴス』(新潮社)も1994年の作品なのになぜか突然売れ始め、10万部の大増刷となった。何が売れるかは本当に読めない時代だよ。

A 又吉は本の帯でもひっぱりだこだね。僕が携わった本も、又吉が帯を書いたら、飛ぶように売れたことがあった。

C だから、さっきから又吉を絶賛していたのか(笑)。

B 今、書籍絡みで一番強いのは、又吉とマツコ・デラックスだろう。文芸書ではないけど、マンガ『翔んで埼玉』(宝島社)は、『月曜から夜ふかし』(日本テレビ)でマツコ・デラックスが絶賛したところ、30万部を突破する勢いになった。今まで、帯文の世界では爆笑問題・太田光の影響力が強かったけど、影響力という意味では又吉、マツコ、西加奈子あたりに世代交代が進んでいる印象だね。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...
この記事を購入※この記事だけを読みたい場合、noteから購入できます。

Recommended by logly
サイゾープレミア

2018年11月号