サイゾーpremium  > 特集  > 本・マンガ  > あいつぐ倒産でジリ貧【出版取次】大ピンチ
1604_1-1_column1.jpg

 昨年6月、業界4位の取次「栗田出版販売」が民事再生法の適用を申請し、今年2月には5位の「太洋社」が倒産の方針を発表。中堅取次の相次ぐ破綻で、出版界に激震が走っている。栗田は業界3位で経営再建中の大阪屋と統合し、「大阪屋栗田 OaK出版流通」として今春から再出発を果たすことが決定したが、ある出版営業担当者はこう語る。

「大阪屋では、物流を日販に委託し、自社では仕入れと営業だけ行っている。新会社にも日販の専務が入るので、より日販色は強くなっていくでしょう」

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...
この記事を購入※この記事だけを読みたい場合、noteから購入できます。

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2020年9月号

Zeebraが語る自戒と課題と未来への鍵

Zeebraが語る自戒と課題と未来への鍵

「神部美咲」“擬似里帰り”グラビア

「神部美咲」“擬似里帰り”グラビア

NEWS SOURCE

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ