>   >   > 【アナと雪の女王】レリゴーに対する女子の誤解
連載
フィクションで解剖――オトメゴコロ乱読修行【10】

エルサはヤンデレおひとりさまだった!? 『アナと雪の女王』レリゴーに対するキラキラ女子の誤解

+お気に入りに追加

――サブカルを中心に社会問題までを幅広く分析するライター・稲田豊史が、映画、小説、マンガ、アニメなどフィクションをテキストに、超絶難解な乙女心を分析。

1602inadas.jpg
『アナと雪の女王』

 国内女性タレントがブログアクセス狙いで行う「すっぴん公開」も、ハリウッドに場所を移せば若干のジェンダー臭と自己啓発臭を帯びてくる。唇とボディがエロすぎ姐さんことスカーレット・ヨハンソン然り。英国が誇る肉太演技派女優、ケイト・ウィンスレット然り。

 2015年8月、2人はフェイスブックにノーメイク写真をアップし、「ありのままの自分を愛しましょう、受け入れましょう」といった主旨の、長ったらしい……もとい、真摯なメッセージを発信した。ショウビズ界では昨年辺りから「ありのまま」の女性の美しさを押し付け……もとい、高らかに謳いあげるトレンドがあるようだ。

「ありのまま」。この言葉にいい加減、辟易している御仁も多かろう。そう、言わずと知れたディズニーアニメ、『アナと雪の女王』の主題歌「レット・イット・ゴー ~ありのままで~」(日本語吹き替え版:松たか子)である。というわけで、何度も視聴した方にはほとほと申し訳ないが、一応同作のあらすじを紹介しよう。

※本文中にはネタバレがあります。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミア

2017年12月号

チラリと魅せる和モノ写真進化考

チラリと魅せる和モノ写真進化考

真木しおり、Gカップのリムジンパーティ

真木しおり、Gカップのリムジンパーティ