連載
写真時評~モンタージュ 現在×過去~

「国民的女優」原節子の誕生

+お気に入りに追加
1602_ph_01.jpg
アーノルド・ファンク監督作『新しき土』のプレス記事などを集めた解説本『Die Tochter des Samurai(サムライの娘)』(Steiniger/38年/写真:木村伊兵衛/国際交流基金蔵)

 昨年11月、原節子の訃報が流れた。42歳という若さで引退し、半世紀以上もの間、公の場から遠ざかっていたが、キャリアの始まりも特異な女優だった。

 原節子が一躍スターの座に就いたのは、山中貞雄監督作『河内山宗俊』の撮影の見学に来たドイツ人監督、アーノルド・ファンクの目に留まり、1937年の日独合作映画『新しき土(独タイトル:サムライの娘)』(日本側共同監督は伊丹万作)のヒロイン役に抜擢されてからだった【108ページ写真】。原節子が演じたのは、花嫁修業の一環で茶道、華道、琴、弓道、剣道、薙刀などをたしなむ大和撫子でありながら、ドイツ語も話すモダンな女性だった。ドイツ帰りの婚約者がドイツ人女性と懇意になってしまったことから自殺を試みるが、郷土愛を取り戻した男性に助けられて結婚し、満洲(=新しき土)を開拓するために共に入植するというラストになっている。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミア

2017年9月号

日本のタブー2017

日本のタブー2017

チラリと見える和モノ写真進化考

チラリと見える和モノ写真進化考
    • 園都「B90センチGカップを隠しながら」

早乙女ゆう、食品サンプルとカラむ

早乙女ゆう、食品サンプルとカラむ
    • 【18歳の現役JD女優】禁断のカラみ

NEWS SOURCE

連載

    • 【小倉優香】運気上がってるんです。
    • 【早乙女ゆう】食品サンプルとカラむ!
    • 【萩原みのり】ゆずの「いつか」に涙する
    • プロで日本王座も獲ったボクシング選手
    • 俺が大丈夫って言えば【すず】はきっと大丈夫で
    • 日本の遅れた【IT】事情を改善する最後のチャンス
    • サブカルチャーの終焉を見た
    • 【田原総一朗】というジャンルが見せるトークの妙
    • 祭りと【フリースタイル】の相性
    • デイヴィッド・ヒュームの【人性論】を読む
    • 【モブ・ディープ】黄金期を支えた巨星墜つ
    • 世界はいま本当に【テロ】の時代か?
    • 謎の【スメリズム】は18世紀欧州の"気功法"!?
    • 『この世に私の居場所なんかない』義憤に燃える介護士の血みどろコメディ
    • 【ポスト安倍候補】が語る自民党の「これまで」と「これから」
    • 戦死者たちの肖像(上)
    • もやもや籠池劇場
    • 男にはマネできないこの回転!まわるバイブで未知の体験を
    • 【サプリ】「こじらせ女子」とは社会に立ち向かう女性たち
    • 「フェティポップ」とはなんぞや?
    • 【紀宮様の婚約会見】を振り返り、眞子様と小室さんの未来を占う
    • タブーすぎる野球裏話…幽霊、興行は清濁併せ呑む暇つぶし
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』