>   >   > 【アメリカのヒップホップ】に根付くコーラン
第1特集
イスラム過激派の文化的背景【5】

ジハードを憂い、教義を過激に礼賛する アメリカのヒップホップに深く根付くコーランの教え

+お気に入りに追加

――本稿では視点を変えて、熱心なイスラム教徒であるヒップホップのラッパーたちのリリックから、その"思想"を読み取りたい。なぜ、アメリカの黒人ラッパーたちはイスラムに惹き付けられたのか。そしてイスラムがヒップホップに与えた影響とは?

1503_islam_05.jpg
ラッパーとしてデビューし、今や世界的に知られるようになったモス・デフa.k.a. ヤシーン・ベイは、正統派ムスリムとして知られている。

 いまだにヒップホップというジャンルには、偏見を持つ者が多い。危険で暴力的、かつ犯罪に直結する歌詞(リリック)の内容が、一般的に害悪のイメージを与えるから——。

 ある種、正解かもしれないし、それは大きな誤解でもある。結論から言ってしまえば、アメリカのヒップホップは、イスラム教が存在しなければ生まれ得なかった音楽と言えよう。それほど、ヒップホップとイスラム教の関係値は深い。

 果たして、イスラム教とヒップホップは、どのように邂逅し、誕生したのか。そして、ヒップホップに根差すアーティストの思想というのは、過激なものなのだろうか? 本稿では、アメリカのヒップホップにおけるイスラム教との関係性、そしてラッパーたちのリリックから、そこに潜む真実を読み取っていきたい。

1503_islam_04.jpg

  「Words I Never Said」(11年)Lupe Fiasco
〈Jihad is not holy war, where's that in the worship? Murdering is not Islam, and you are not observant. And you are not a Muslim〉

―ジハードは聖戦ではないぞ/どこにそんな信仰があるんだ/殺人はイスラムではない/お前らは厳格な教徒でないし ムスリムではない―

 これはシカゴ出身のラッパーで、スンニ派のムスリムであるルーペ・フィアスコのアルバム『Lasers』に収録されたの一節である。今回のシャルリー・エブドの事件を考えると、つい最近書かれたかのようなリリックだ。また、彼は昨年に「イスラムが将来、全世界を席巻することがあると思うか?」という質問に対して、自身のツイッター上で肯定的な答えを示したり、「オサマやサダムが俺たちの指導者だなんて思うな」とラップした過去もある。

 ここで誤解していけないのは、ルーペはイスラムの教義を伝えるためにラップしているわけではない、ということだ。もちろん、教義をいかに伝えるかに特化した"ムスリム・ラップ"というのも、メインストリーム・ヒップホップ【註1】とは、また別のところに存在している。曲によってムスリムとしての自分の考えを言葉にしているという意味で、彼の場合は「ムスリムがラッパーになった」というより、「ラッパーがムスリムだった」と形容するのが正しい。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...
この記事を購入※この記事だけを読みたい場合、noteから購入できます。

Recommended by logly
サイゾープレミア

2018年7月号

タブーな本150冊

タブーな本150冊
    • 【出版業界】やっぱり死す!?業界裏話
    • 【EXILE】が熱く語る自己啓発本の世界
    • 【AI本】が説く人類の幸福論
    • 【サッカーとカネ】を暴く書籍群
    • 【鈴木ふみ奈】Hカップが本まみれ
    • 【人気声優】の新書が増えたナゼ
    • 【現役声優】話題の新書を辛口批評
    • 【韓国】の近代化を知るための1冊
    • 【脱北者】たちの告白本の中身
    • 【アメリカ人種差別】の今をえぐる本
    • 【LGBT】と日本近代文学(秘)史
    • 【アメリカ】文学とLGBT
    • ヤバい【SF小説】の耽美な世界
    • エキサイティングな【米国】の書評
    • 【ミチコ・カクタニ】のアートな書評
    • 【校閲者】が語る言葉狩り

SKE48・惣田紗莉渚 封印入浴グラビア

SKE48・惣田紗莉渚 封印入浴グラビア
    • 【惣田紗莉渚】の未公開セクシーショット

インタビュー

連載

    • 【RaMu】週5でラーメン行っちゃうんです。
    • 【池田美優】浜崎あゆみの歌が響く
    • 【森田ワカナ】吉木りさに憧れる童顔巨乳
    • 多額の強化費の先を見た飛込選手
    • 文春砲を食らった?【七瀬】ふたたび
    • 通信の理想と現実の狭間で揺れる中立性
    • 高須基仁の「全摘」
    • 【曽我部恵一】がFUCK YOU音頭を作る
    • 哲学者・萱野稔人の「"超"哲学入門」
    • 【ジャネール・モネイ】アンドロイドから人間へ
    • 【広島脱走事件】開放刑務所の奇跡的大成功
    • 【サヴァン症候群】なる局所的能力
    • 町山智浩/『ウインド・リバー』先住民保留地とアメリカの闇
    • 【タバコ規制】を妨げる利権たち
    • 小原真史の「写真時評」
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ研究所」
    • 【恋は雨上がりのように】日本男性のロリコン趣向
    • エロティック画像でメイクマネー
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 元米軍兵が【ビール】を使って町おこし
    • 幽霊、大人にならない老人の軽小説。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』