サイゾーpremium  > 特集  > 本・マンガ  > 金と暴力団が絡む!? 【芸能人暴露本】の知られざる顛末

――奔放な下半身事情や赤裸々な異性関係まで、出版されるたびに話題になる芸能人の暴露本。こうした出版の裏では、どのような“力”が働いているのだろうか?最新作から歴史的暴露本まで、業界を熟知する関係者が、アノ話を語り尽くす──。

[座談会参加者]
A… 芸能評論家
B… 中堅芸能リポーター
C… 大手出版社編集者

1209_az_noriP.jpg
『酒井法子隠された素顔』(イースト・プレス)

──芸能人の書いた本はたくさんありますが、今回は普通のタレント本とは一線を画す、いわゆる「暴露本」「告白本」について話を伺いたいと思います。出版の裏側で何が起きていたのか、どんな影響があったのか。まず最近だと、長谷川理恵が出した『願力』【1】が話題になっていますね。

A 結婚に合わせて出版しただけあって、本人は自叙伝に近いイメージなんだろうけど、これって完全な暴露本(笑)。長谷川の場合、もともとタレントとしてのヒキは弱くて、恋愛を売りにしてきたわけだし、出るべくして出たといえる本だ。

B それにしても、実業家であるダンナさんの話はともかく、過去に付き合っていた男たちの記述なんか、よほど恨みがあったとしか思えない。実名は書いてないけど明らかに神田正輝や石田純一とのことだし、このへんの空気の読めなさが世間から嫌われる要因なんだろうね。

C 神田も石田も、この本に関しては大人の対応に終始している。別れた時点で、こうなることはわかってたんだろう(笑)。まあ、石原軍団のスタッフは激怒していたけどね。

B 長谷川としてはこの本を出すことで過去のイメージに区切りをつけて、次のステップに移るきっかけにしたかったんだけど、不倫バッシングやマラソンにハマるエピソードなど、書かれている過去の話がひどすぎてファンまでドン引きさせてしまった。暴露本は「自分をさらけ出した」と評価される半面、反発も食いやすいけど、ここまで嫌われるケースも珍しい。

A 長谷川の本が商売上の理由で出されたものだとすれば、必要に迫られて書かれたのが酒井法子の『贖罪』【2】。言うまでもなく、覚せい剤で逮捕されたのりピーが、芸能界復帰に向けて書いた「反省文」ってところだね。

B ただ、この本が出るまでの間に、すでに山ほど報道がされていたし、便乗本も『孤独なうさぎ』(双葉社)など3冊も出ていたから、新鮮味はなかった。もちろん本人の言葉は重要なんだけど、「覚せい剤は旦那のせい、逃亡や黙秘は子どものため」という言い訳に終始する内容では、世間の共感を得られたとは思えない。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年7月号

ヤバい本150冊

ヤバい本150冊
    • どうなる【出版業界】の諸問題
    • 【クラウドファンディング】ヤバい本
    • 【ネットの自由】を啓発する思想本
    • 【A-THUG×BES】の獄中読書
    • 識者が推す【ラップ】現代史選書
    • 【橘ケンチ×手塚マキ】読書の愉楽
    • 【椿原愛】Fカップ読書グラビア
    • ベストセラーを生む【書籍広告】
    • 【アジア移民文学】に見る差別の現実
    • 【世界の移民】たちが叫ぶ幸福論
    • 増加する【脱北者】文学
    • 【朝の読書】のイビツな思惑
    • ポリコレNGな【童話】の世界
    • 米国で【禁書】扱いされる童話
    • 【人間革命】本としての評価

乃木坂46・斉藤優里「7秒のしあわせ」

乃木坂46・斉藤優里「7秒のしあわせ」
    • 【斉藤優里】卒業記念写真集

NEWS SOURCE

    • 【ピエール瀧】に非情な処分を下したソニー
    • 増税前に選挙を!【安倍政権】の思惑
    • 映画【新聞記者】が与えた永田町への衝撃

インタビュー

    • 【芽島みずき】ポカリガールは14歳の美少女
    • 【日比遊一】樹木希林も認めた映画監督の実力
    • 【ROLAND】「俺か、俺以外か。」名言ホストの野望

連載

    • カバーガール/平嶋夏海
    • 【高崎かなみ】期待の新人モデル水着撮
    • 【川栄】ベイビー
    • 【Wi-Fi】の電波が人を安心させるサービスに
    • 【更科功】化石人類から見える人間の根源(後)
    • 高須基仁/後藤新平と大谷翔平の2大「平」が時代を切り開く
    • 罵声飛び交う【三社祭】の醍醐味
    • 過酷な中国受験戦争【教育アプリ】の進化
    • 【ゲーム・オブ・スローンズ】とヒップホップ党
    • 町山智浩/【ロング・ショット】ロマコメの最新系主人公
    • 【官邸】への権限集中が招く弊害と行く末
    • 小原真史の「写真時評」
    • 五所純子「ドラッグ・フェミニズム」
    • 笹 公人「念力事報」/トランプと接待バカ一代
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/『家族はつらいよ』後期高齢者向けポルノの戯論
    • 【処方薬でキマる】アメリカ薬物事情
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 伊藤文學/三島由紀夫に美輪明宏、薔薇族を彩った著名人
    • 幽霊、卑しき自己啓発本サロン商売。
    • 花くまゆうさくの「カストリ漫報」