>   > 【須田慎一郎】が喝破「三木谷は経団連のペット」
第2特集
楽天・三木谷浩史は日本経済を変えるのか?【4】

"経団連"のペット三木谷が画策する維新の会とのタニマチ関係――経済ジャーナリスト・須田慎一郎

+お気に入りに追加

1208_suda.jpg

須田慎一郎(すだ・しんいちろう)
1961年、東京都生まれ。経済ジャーナリスト。経済紙記者を経て、現職。政財界に精通しており、『ワイド!スクランブル』(テレビ朝日)の火曜コメンテーターとしても活躍。近著に『暴力団と企業 ブラックマネー侵入の手口』(宝島社新書)がある。


──今回は「三木谷浩史が日本を変えるのか」というテーマですが、まず、現在までの三木谷氏の功績についてはどうお考えでしょう?

須田慎一郎(以下、) 正直なところ、功績が思いつきません。もちろん、ネット通販という事業をいち早く立ち上げて、業界トップに育て上げたわけですから、ビジネスセンスがあったのは間違いない。でも、楽天というビジネス形態は、三木谷がやらなかったとしても、ほかの誰かがやっていたはずです。

 しかも、楽天は登場時こそ日本の流通に変化をもたらしたのかもしれませんが、それで終わり。その後は、ユーザーを囲い込んで減らさないための施策しか行っていません。

──とはいえ、三木谷氏はIT企業として経団連に加盟するなど、財界での存在感は小さくないですよね?

 彼はなんだかんだ言って、日本興業銀行出身のピカピカのエリートですから。財界人にしてみれば、自分たちと同じ側の人間なんです。

──そんな典型的な財界エリートともいえる三木谷氏が、11年経団連を脱退。今年6月には「新経済連盟(新経連)」を立ち上げ、いわば反旗を翻したわけですが、これはなぜでしょうか?

 大きなきっかけは、TBS買収の失敗でしょう。確かに三木谷は経団連という日本のインナーサークルに名前を連ねるようになりましたが、そこでの彼はしょせん、財界重鎮のペットのような立場でしかなかったわけです。その立場に甘んじるなら経団連も悪くはないのですが、彼の場合、財界でのし上がろうという野心があった。そのひとつの発露がTBSの買収だったと思います。三木谷からすれば通信と放送の融合というのは必然の流れですし、財界は味方になってくれると踏んでいた。ところが、結局最後はその財界からもハシゴを外されてしまった。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミア

2018年8月号

男と女の性愛学

男と女の性愛学
    • 美人は残れない【女子アナ】新世紀
    • 世界の【女人禁制】スポットの歴史
    • 広告と【ジェンダー】の亀裂
    • 【生理用ナプキン】の考現学
    • 男子の疑問【生理用ナプキン】Q&A
    • 新たな性犯罪【ディープフェイク】
    • 【ヒップホップと尻】を科学する
    • ヒップホップ界の【尻アイコン】6人
    • 【性器形成】手術の進化論
    • 【性器形成】のプロセスを解説
    • 【ブロックチェーン】で刻む愛
    • 【信用創出】が課題の婚姻制度
    • 【女性活躍】を謳う職場の嘘
    • 【女性マンガ家】のエロ実体験
    • LGBT時代に問う【BL】の功罪
    • 【おっさんずラブ】はゲイ差別か?
    • 【ハウツーSEX本】の歴史的変遷
    • 【芸能人】と一般人の合コン最前線

橋本梨奈とギャル文化再考

橋本梨奈とギャル文化再考
    • 日本一"黒い"グラドル【橋本梨奈】登場

インタビュー

連載

    • 【都丸紗也華】ラーメン禁止なんです。
    • 【さとうほなみ】おじさまとセッション
    • 【酒井萌衣】元SKE48、夏の決意
    • パラアスリートの社会復帰
    • 【珠理奈】に傷心
    • ニッポンを救うCDOに求められる条件
    • 高須基仁の「全摘」
    • 伝統を守る【神田明神】の挑戦
    • 哲学者・萱野稔人の「"超"哲学入門」
    • 【袴田事件再審棄却】検察と司法の体たらく
    • 町山智浩/『Leave No Trace』公園で発見された父娘の言えない傷
    • 【ゲノム編集】が侵す人類の未来
    • 小原真史の「写真時評」
    • 「念力事報」/サッカー日本代表に捧げる短歌
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ研究所」
    • 【あげくの果てのカノン】不倫にハマる卑屈女子の実態
    • 永井豪にインスパイアされた外国人アーティスト
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 和食に合う食中酒を求めて【ビール】を造る
    • 幽霊、女のいないポルノグラフィティへ。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』