>   > 【須田慎一郎】が喝破「三木谷は経団連のペット」
第2特集
楽天・三木谷浩史は日本経済を変えるのか?【4】

"経団連"のペット三木谷が画策する維新の会とのタニマチ関係――経済ジャーナリスト・須田慎一郎

+お気に入りに追加

1208_suda.jpg

須田慎一郎(すだ・しんいちろう)
1961年、東京都生まれ。経済ジャーナリスト。経済紙記者を経て、現職。政財界に精通しており、『ワイド!スクランブル』(テレビ朝日)の火曜コメンテーターとしても活躍。近著に『暴力団と企業 ブラックマネー侵入の手口』(宝島社新書)がある。


──今回は「三木谷浩史が日本を変えるのか」というテーマですが、まず、現在までの三木谷氏の功績についてはどうお考えでしょう?

須田慎一郎(以下、) 正直なところ、功績が思いつきません。もちろん、ネット通販という事業をいち早く立ち上げて、業界トップに育て上げたわけですから、ビジネスセンスがあったのは間違いない。でも、楽天というビジネス形態は、三木谷がやらなかったとしても、ほかの誰かがやっていたはずです。

 しかも、楽天は登場時こそ日本の流通に変化をもたらしたのかもしれませんが、それで終わり。その後は、ユーザーを囲い込んで減らさないための施策しか行っていません。

──とはいえ、三木谷氏はIT企業として経団連に加盟するなど、財界での存在感は小さくないですよね?

 彼はなんだかんだ言って、日本興業銀行出身のピカピカのエリートですから。財界人にしてみれば、自分たちと同じ側の人間なんです。

──そんな典型的な財界エリートともいえる三木谷氏が、11年経団連を脱退。今年6月には「新経済連盟(新経連)」を立ち上げ、いわば反旗を翻したわけですが、これはなぜでしょうか?

 大きなきっかけは、TBS買収の失敗でしょう。確かに三木谷は経団連という日本のインナーサークルに名前を連ねるようになりましたが、そこでの彼はしょせん、財界重鎮のペットのような立場でしかなかったわけです。その立場に甘んじるなら経団連も悪くはないのですが、彼の場合、財界でのし上がろうという野心があった。そのひとつの発露がTBSの買収だったと思います。三木谷からすれば通信と放送の融合というのは必然の流れですし、財界は味方になってくれると踏んでいた。ところが、結局最後はその財界からもハシゴを外されてしまった。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミア

2018年10月号

最強のグラビア

最強のグラビア
    特別グラビア(1)
    • 【TikTok】で話題の美人姉妹が水着に!
    ピタピタのヨガウェアがエロい!?
    • ヌケる【筋トレ】グラビア雑誌
    • 【Tarzan】はエロい? 厳選グラビア
    特別グラビア(2)
    • 【山地まり】女性も悶えるセクシーショット
    グラビアを支える縁の下の力持ち
    • 表舞台に立てない!【レタッチャー】のトホホ話
    特別グラビア(3)
    • イメージビデオ界の新星【安位薫】18歳の肉体
    グラドルの登竜門!秋葉原イベントの裏側 声優のグラビア的価値とは?
    • グラビア業界を席巻する【声優】ブームの危険性
    • この【声優】の写真集がすごい!
    特別グラビア(4)
    • 【青山ひかる】がヒップホップなセクシーコス
    女性も楽しめるエンターテイメント空間
    • グラビアで見る【バーレスク】文化概論
    • 【バーレスク東京】オーナーが語る歴史
    奥深い遺影の世界
    • 人生最期のグラビア【遺影】研究
    極楽とんぼ・加藤浩次も大炎上
    • 過激すぎる【AbemaTV】のお色気番組

EXILE・関口メンディーの肉体美

EXILE・関口メンディーの肉体美
    • 【関口メンディー】特別グラビア

NEWS SOURCE

インタビュー

連載

    • 【小瀬田麻由】大失恋したんです。
    • 【本郷杏】美しすぎるポンコツ
    • 【吉岡里帆】を脱がさないで
    • 【ニッポンのサラリーマン】のポテンシャル
    • 特別対談【横浜銀蝿・翔×高須基仁】
    • 【ボン・ジョヴィ】とボンダンス
    • 哲学者・萱野稔人の「"超"哲学入門」
    • 【オークワフィナ】女優?芸人?なフィメールラッパー
    • 町山智浩/『クレイジー・リッチ』ハリウッドで起きたアジア人革命
    • 【移民】を認めない世界第4位の移民大国日本
    • 小原真史の「写真時評」
    • 「念力事報」/平成さくらももこ絵巻
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ研究所」
    • 【オーシャンズ8】肩肘張ったフェミからの脱出
    • 陰毛に執着するオーストラリア人アーティスト
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • クラフトビールを仕込む異色の【ラーメン屋】
    • マスターベーションの悩みから生まれた【薔薇の種】
    • 幽霊、グラビアの美少女よもやま話。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』