サイゾーpremium  > 特集  > 肉のプロ "ミスター・デンジャー"松永光...

――肉の仕入れから、調理まで自ら行い、BSE問題も経験したという松永光弘氏に、"肉商売"の難しさと、現在の丼ぶり戦争の結末を聞いた──。

1202_matsunaga.jpg
(画像提供/小沢 聖)

 牛丼戦争で生き残る店はどこか? 味だけでいえば吉野家で決まり。「吉野家って脂身が多いじゃん」という声を聞くけど、牛丼ならではのやわらかい食感は、脂の良し悪しで左右される。牛肉は脂が多いパーツのほうが高値なんだ。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2018年12月号

"異能作家"たちが語る「文学、新宿、朗読」論