サイゾーpremium  > 特集  > 新参者は肉の質で勝負? 一番うまい肉丼ぶ...

──「丼ぶりはうまくてなんぼ!」という読者諸氏のために、自らステーキハウスも経営する元プロレスラー、ミスター・デンジャーこと松永光弘氏に食べ比べてもらいつつ、原材料について、各お客様センターに問い合わせてみた。

脂ものってやわらかさも◎

1202_yoshinoya.jpg

■元祖・牛丼の帝王は健在か?
吉野家
牛丼並盛(380円)
カロリー
1円当たり1.8kcal
380円/674kcal
運営:吉野家/創業:1899年/店舗数:1189店/メニュー例:焼味豚丼並盛(380円)、こく旨カレー並盛(330円)

[肉質]★★★☆☆  
肉の質は高い。さすがに牛丼の代名詞として長らく君臨したチェーンだ。脂がのっているし、食感もやわらかく絶妙だ。他チェーンと100円の価格差があるものの、いつも安定した味を出せる地力は高く評価したい。

1202_yoshinoya_mise.jpg

[お客様センターの回答]
牛肉:アメリカ産が99%。1%がカナダ産。「中国産では?」と聞くと「根も葉もない噂」と頑強に否定/部位:ショートプレート(バラ肉)/飼育法:非公表/米:北海道米に秋田米をブレンド。



ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2020年9月号

Zeebraが語る自戒と課題と未来への鍵

Zeebraが語る自戒と課題と未来への鍵

「神部美咲」“擬似里帰り”グラビア

「神部美咲」“擬似里帰り”グラビア

NEWS SOURCE

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ