>   >   > アメリカの闇がまざまざと 忘れられた棄民...
連載
町山智浩の「映画がわかる アメリカがわかる」 第49回

アメリカの闇がまざまざと 忘れられた棄民たちヒルビリーの神話

+お気に入りに追加

雪に隠れた岩山のように、正面からは見えてこない。でも、映画のスクリーンを通してズイズイッと見えてくる。超大国の真の姿をお届け。

『ウィンターズ・ボーン』

1110_machiyama.jpg

17歳の少女リーは、貧しい田舎町で、病気の母と幼い妹弟と暮らしていた。しかし、そんな中、自宅を保釈金の担保にしたまま失踪した父を見つけなければ、自宅が差し押さえられてしまうことが発覚。彼女は父を探し始めるのだが……。

監督/デブラ・グラニック 出演/ジェニファー・ローレンス、ジョン・ホークスほか 日本では、10月29日より公開


 映画『ウィンターズ・ボーン』のヒロイン、リー・ドーリー(ジェニファー・ローレンス)は、ミズーリのオザーク山地に住む17歳の少女。父は覚せい剤の密造で逮捕され、母は精神を病んでいて何もできない。幼い弟と妹の面倒はリーが看るしかない。

 ところが父親は保釈されてすぐに行方不明になった。父が出頭しないと保釈金のカタとして家が差し押さえられる。家族を抱えたリーは父を探すため、オザークの闇社会に入り込んでいく。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミア

2017年5月号

学校では習わない"日本のキリスト教"史

学校では習わない
    • スコセッシの【沈黙】は嘘だらけ!?
    • 宣教師と【キリシタン】の実態

姫乃たまグラビアと「アイドル限界説」

姫乃たまグラビアと「アイドル限界説」
    • 連続解散に見る【アイドル】の限界
    • 【里咲りさ】が語るグループの終わり方
    • 【姫乃たま】が語るアイドル3年周期説