>   > 反論はすべて予測通り!? 『抗がん剤は効...
1107_cancer03_top.jpg
「文藝春秋 2011年 01月号」

「以前は、『乳がんには有効な場合もある』としていたけど、今回の本では『意味がない』と言い切った。白血病などの血液がん以外の、固形がんには無意味、というのはこれまで通りです」

 近藤氏がそう結論づけた論文『抗がん剤は効かない』が「文藝春秋」の1月、2月号に掲載され"抗がん剤論争"が勃発。氏が挙げるその根拠と、寄せられた反論は次の通りだ。

 まず、抗がん剤の有効性を証明するデータには人為的操作が加わっていて、信用性が疑わしいということ。具体的には、抗がん剤が効かない場合、生存曲線は素直に右下がりになるが、抗がん剤の有効性を示すデータの生存曲線は、右側の下がり具合が緩やかになる。しかし、グラフには不自然な直線が入り、これが有効性を見いだすために操作した証拠だ、というのが近藤氏の主張だ。これに対し、「週刊文春」の誌面(11年1月20日発売号)で反論を展開した国立がん研究センター中央病院の勝俣範之腫瘍内科医長とテキサス大学MDアンダーソンがんセンターの上野直人教授らは「がんと無関係の原因で死亡するケースも多いため、理想的な右下がりの形にならないことは普通で、これをもって人為的操作の証拠とはいえない」とした上で、臨床試験のチェック体制は非常に厳しく、近藤氏の挙げるような操作ができるほど甘くないと指摘している。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミア

2017年10月号

(裏)動画案内2017

(裏)動画案内2017

チラリと魅せる和モノ写真進化考

チラリと魅せる和モノ写真進化考
    • みうらうみ「現役音大生の(禁)水着」

哲学的アニメ批評的水着グラビア

哲学的アニメ批評的水着グラビア
    • 【鹿目凛】と東大教授の化学反応

インタビュー

連載

    • 【青山ひかる】ニコ動が好きなんです。
    • 【藤田ニコル】彼氏と聴いてたback number
    • 『ユアタイム』、下から見るか?横から見るか?
    • 日本企業の【AI・IoT】は絶望的な結果!?
    • ゲス不倫くらいで騒ぐな!地下格闘技を見ろ!
    • 【菊地成孔】ミュージシャンと文筆家、2つの顔トーク
    • 思い出を作る【米軍基地】の盆踊り
    • 哲学者・萱野稔人の「"超"哲学入門」
    • 【2パック】ラッパーの物語が銀幕へ
    • 世界はいま本当に【テロ】の時代か?
    • 【アダルトチルドレン】ですべては親のせい!?
    • 町山智浩の「映画でわかる アメリカがわかる」/『デトロイト』
    • 【理工系優位】がもたらす大学教育と知の劣化
    • 小原真史の「写真時評」/戦死者たちの肖像(中)
    • 打ち上げミサイル、下から見るか?横から見るか?
    • ジャングルポケット/ずっと舐めていられる!擬似ちくびの魅力
    • 【打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?】女心と秋の空は、まるで神隠し
    • 「バイオクイーン」ショコラの果てなき野望
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • YouTuberよどこへ行く…幽霊、現代香具師たちの難儀な炎上
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』