>   > 反論はすべて予測通り!? 『抗がん剤は効...
1107_cancer03_top.jpg
「文藝春秋 2011年 01月号」

「以前は、『乳がんには有効な場合もある』としていたけど、今回の本では『意味がない』と言い切った。白血病などの血液がん以外の、固形がんには無意味、というのはこれまで通りです」

 近藤氏がそう結論づけた論文『抗がん剤は効かない』が「文藝春秋」の1月、2月号に掲載され"抗がん剤論争"が勃発。氏が挙げるその根拠と、寄せられた反論は次の通りだ。

 まず、抗がん剤の有効性を証明するデータには人為的操作が加わっていて、信用性が疑わしいということ。具体的には、抗がん剤が効かない場合、生存曲線は素直に右下がりになるが、抗がん剤の有効性を示すデータの生存曲線は、右側の下がり具合が緩やかになる。しかし、グラフには不自然な直線が入り、これが有効性を見いだすために操作した証拠だ、というのが近藤氏の主張だ。これに対し、「週刊文春」の誌面(11年1月20日発売号)で反論を展開した国立がん研究センター中央病院の勝俣範之腫瘍内科医長とテキサス大学MDアンダーソンがんセンターの上野直人教授らは「がんと無関係の原因で死亡するケースも多いため、理想的な右下がりの形にならないことは普通で、これをもって人為的操作の証拠とはいえない」とした上で、臨床試験のチェック体制は非常に厳しく、近藤氏の挙げるような操作ができるほど甘くないと指摘している。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミア

2018年6月号

オトナの写真学

オトナの写真学

忍野さら"暗室"グラビア

忍野さら
    • 【忍野さら】の危険な部分にレンズが迫る

インタビュー

連載

    • 【日向カリーナ】筑前煮が好きなんです。
    • 【優木まおみ】アイドルから教わる初心
    • 【原あや香】モグラ女子の謎の習慣
    • パラリンピック1964-2020
    • 【彩芽】とスキャンダル
    • 漫画村が開けた「ブロッキング」のヤバさ
    • 高須基仁の「全摘」
    • 異様な空気が高揚を促す【奇祭】
    • 哲学者・萱野稔人の「"超"哲学入門」
    • 【ミシェル・ンデゲオチェロ】丸刈り才女の面目躍如
    • 【森友文書改ざん】法務省が抱えた積年の恨み
    • 統合失調症や自閉症は【母親】のせい!?
    • 町山智浩/『バトル・オブ・ザ・セクシーズ』正義のラケットで女生憎悪を打ち砕け!
    • 【フェイスブック】個人情報商用利用の問題点
    • 小原真史の「写真時評」
    • 「念力事報」/燃える宇船
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ研究所」
    • 【星野源】ドラえもんの歌詞の妙技
    • ガンズ・アンド・ローゼズTシャツをめぐる裏話
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 幽霊、性からの逃走に聖痕の闘争を。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』