サイゾーpremium  > 特集  > [2度のがんから復活した俳優]黒沢年雄が...

――著書『二流の芸能人が、何度がんになっても笑って生きている理由』【1】で2008年に膀胱がんの手術を受けていたことを告白した俳優、黒沢年雄。92年にも大腸がんを経験した氏は、2度のがん宣告の際、共に最初は誤診され見逃された後、"運良く"発見されたことで助かったのだという。.前出の近藤誠氏とは違い、患者目線から「早期発見と腕のいい先生の手術で助かった」と言い切る黒沢氏に、がんと闘うために読むべき本と、自身が経験した「がんと芸能界」のシビアな関係を聞いた──。

1107_kurosawatoshio.jpg
(写真/田中まこと)

──黒沢さんは、2月に出版された『二流の芸能人が、何度がんになっても笑って生きている理由』で、08年に膀胱がんの手術をしたことを明かしていますね。2年前というと、バラエティ番組にも引っ張りだこでしたし、全然気が付きませんでした。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2021年2月号

“男性学”のススメ

“男性学”のススメ

「篠崎こころ」ラグジュアリーに魅せた麗しさ

「篠崎こころ」ラグジュアリーに魅せた麗しさ
    • 【篠崎こころ】召しませ #金髪ショー党

NEWS SOURCE

インタビュー

連載