>   > 伝説のジャズメンは、みんなドラッグが大好...

──ドラッグを創作の源とした末に廃人になったジャズ・ミュージシャン、敵対グループとの抗争の中で銃殺されたギャングスタ・ラッパー、マトモな演奏ができないアウトサイダー・バンド……。音楽ライター・磯部涼が"ヤバイ音楽本"を再定義し、その正しい読み方を教示!

1107_daniel.jpg
躁鬱病に苦しんできた孤高の天才音楽家ダニエル・ジョンストンは、【3】の書籍で取り上げられている。DVD『悪魔とダニエル・ジョンストン』がキングレコード/トルネード・フィルムより発売中。c2005 YIP! JUMP、LLC.

 音楽関連の"ヤバイ"本をいくつか紹介しようと思う。『語源由来辞典』によると、「やばいは、『具合の悪いさま』『不都合』を意味する形容動詞『やば』を形容詞化した語で、もとは盗人や香具師などの隠語であった」。それが、「1980年代頃から若者言葉で(略)『格好悪い』の意味として用いられ、90年代から『凄い』の意味が派生し」たという。

 "ヤバイ"を"凄い"の意味で使いだしたのは、グラフィック・デザイナーのスケート・シングという説が有名だ。そして、彼周辺の音楽家──例えばスチャダラパー等を通じて一般化したのだろうが、やはり、90年代後半に活動を共にした小沢健二が、当時、「オリーブ」誌の連載『DOOWUTCHYALIKE』の第46回「『やばい』について」で、同用法について「本当に凄いものはドラッグと同じで法に触れてしまうような力を持っているため、"ヤバイ"と形容するのがいちばんしっくりくる」というような解説をしていたことからも推測するに、それは、"マリファナ"の隠語から転じて、"最高"を意味するようになったアメリカのスラング"ドープ"の翻訳版なのだろう。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミア

2017年8月号

大人のための「エロ」読本

大人のための「エロ」読本

チラリと見える和モノ写真進化考

チラリと見える和モノ写真進化考
    • 椿原愛「和製ミランダ・カーのチラリズム」

インタビュー

連載

    • 【RaMu】母を沖縄に連れて行きたいんです。
    • ハワイのボンダンスとフクシマオンドの故郷(後編)
    • 話題のユニット【PKCZ】独占インタビュー
    • 【岡田結実】RADWIMPSの歌詞に心打たれる
    • 不定期連載「東京五輪1964-2020」
    • 【渡辺麻友】は、AKBを卒業しまゆゆー!
    • 【日本人エンジニア】の未来と弱点
    • 高須基仁の「全摘」
    • 門外不出のトークショー【名倉潤】のテレビへの愛
    • 【喧嘩祭り】が根絶されない理由
    • 哲学者・萱野稔人の「"超"哲学入門」
    • 【TLC】史上最強の女性グループ15年ぶりの最終作
    • 【金塊強盗多発】に見る「警備会社」の歴史
    • 精神錯乱を【マラリヤ感染】で治癒せよ
    • 町山智浩の「映画でわかる アメリカがわかる」
    • 【水道民営化】の目的は老朽化対策か海外事業参入か?
    • 小原真史の「写真時評」
    • 「念力事報」/上からマユコ
    • ジャングルポケットの「アダルトジャングル探検録」
    • 【ハッピー・マニア】が変えた日本人女性の結婚観
    • SNSでやりとりされるエロ写真や動画の真実
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 更科修一郎の「批評なんてやめときな?」
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』