サイゾーpremium  > 特集  > これが正しい演歌の歴史! 大阪大学準教授...

――神聖な日本の文化と思われている演歌。そうしたティピカルなイメージを覆すのが、『創られた「日本の心」神話』という一冊の新書。その著者に話を訊いてみた。

nihonnnoshinwa1107.jpg
『創られた「日本の心」神話』

 広く日本の大衆に親しまれている「演歌」。それが見せかけの「国民音楽」だとしたら……。演歌を軸に戦後日本のレコード歌謡史を論じた『創られた「日本の心」神話』(光文社新書)の著者・輪島裕介氏に、演歌が生まれた契機について伺った。

「演歌はもともと明治から大正初期にかけての"演説歌"が語源ですが、今で言ういわゆる『演歌』風の歌曲は、昭和初期のレコード産業の成立と共に生まれました。しかし当時はレコード会社が作る流行歌はそれ自体西洋風と見られ、民謡調、浪曲調の要素が大々的に入ってくるのも戦後に入ってから。それらがひとまとまりに"演歌"として認識されるのは60年代後半以降。高度経済成長の真っただ中で、国民の間で日本回帰のムードが高まった時代、五木寛之や寺山修司といった対抗文化的な知識人たちは、夜の巷の情念を歌った古臭い歌=艶歌(演歌)を"これこそが日本の庶民の歌だ"と肯定的に取り上げ、さらに高度成長の一段落後、北国や農村を"失われた古きよき日本"として歌うものに変貌しました。それがジャンルとしての演歌の成立に寄与したところは大きい」

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2020年12月号

ドラッグの教科書

ドラッグの教科書
    • 【薬物四法】の成立秘話
    • 【日米マリファナ】最新(裏)事情
    • 【大麻と人種】に迫るドキュメンタリー
    • 【舐達麻】がブチかます大麻論
    • 【幻覚剤】の医学的研究
    • 【ミッドナイト・ゴスペル】の見方
    • 【米ラッパー界】ドラッグ最新事情
    • 【元売人トリオ】と契約したエミネム
    • 【ドラッグ表現】の最前線
    • 【満州アヘンスクワッド】麻薬と昭和
    • 【人類とドラッグ】の1万年史
    • 【アンサングシンデレラ】薬剤師はどう見たか
    • 【処方薬】に蝕まれる日米社会
    • 【大麻成分CBD】のグレーゾーン
    • 【CBD】がよくわかるブックガイド
    • 【緊急避妊薬】と堕胎利権
    • 【ピル市販】海外の実態
    • 【サイケデリックス】と宗教的体験
    • マンガの【トンデモドラッグ描写】
    • 【シャブとサウナ】都市伝説を徹底調査

「佐藤あいり」気鋭の女優の美しきボディ

「佐藤あいり」気鋭の女優の美しきボディ
    • 【佐藤あいり】気鋭の女優の美しきボディ

NEWS SOURCE

インタビュー

連載