>   > 期待するのはパンチラと胸チラ!? なぜ、...

──アイドルらのパンチラや胸チラなど、いわゆるハプニングショットが売りの"お宝系雑誌"。だが、長引く出版不況の影響をモロに受けてしまい、休刊が相次いでいる──。そんな業界のあだ花ともいえるお宝系雑誌の制作舞台裏を、関係者が語る。

1106_jyoshianabest10.jpg

 当初は写真週刊誌の数ページにすぎなかったハプニングショットだが、90年代中盤「お宝ガールズ」や「BUBKA」(いずれもコアマガジン)が火付け役となり、同様の写真を多数掲載したお宝系雑誌が雨後のたけのこのように創刊ラッシュを迎えた。その中のひとつに、女子アナを専門に扱う媒体が登場し、新たな読者層を開拓。これまで、女子アナ関連の雑誌・単行本を多数制作してきた編集プロダクション「KyoPro」代表・松本京也氏は、次のように語る。

「当時は毎月のように女子アナ系ムックや増刊誌の制作依頼があり、全盛期の雑誌レギュラーは月30~50本。締切は1日5本という日もあり、コンビニに行けば必ず毎日携わった雑誌が発売されていました。その分、ネタが大量に必要になるので、全国のパパラッチ約80人を総動員するなど、結構大がかりなプロジェクトでしたね」

 その後、00年代に入ると、音事協(日本音楽事業者協会)が「肖像権の侵害」を掲げ、お宝系雑誌相手に複数の訴訟を起こし、一部の芸能人の写真が使用困難となったものの、こと女子アナにおいては無風、あるいは追い風さえ吹いていたという。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

人気記事ランキング
  1. 1やっぱり不倫はアウト! 全CMが放送中止で渡辺謙が大ピンチ!2017.5.17
  2. 2結局は国内向けのプロモーションに過ぎない!? 日本人アーティスト海外進出の皮算用とは!?2017.5.24
  3. 3あばれる君、イモトアヤコ、平野ノラ…生き残るのは誰だ? キャラ芸人を乱発するナベプロ――ブルゾンも使い捨て!? の育成戦略2017.5.17
  4. 4恐喝、根回し、ケタはずれのパワーゲーム……エージェント同士の殴り合いも!? ドンが牛耳った米国の芸能界2017.5.23
  5. 5佐々木希と渡部建の結婚に希望を見いだしている独身中年男性は、身のほどをわきまえるべきである。【佐々木】は希の風が吹く2017.5.23
  6. 6日本テレビの内定を断ったフジテレビのスーパールーキー・久慈暁子アナ“唯一の弱点”とは?2017.5.11
  7. 7お台場は今日も火事……河本準一の「生ポ」ネタでくりぃむ有田とフジがまた炎上2017.5.8
  8. 8【クロサカタツヤ×角 勝】“不作為”こそ罪 勘違いされたオープンイノベーションのまっとうな始め方2017.5.22
  9. 9成功の鍵は、圧力、妨害、そして根回し?マイケル・オーヴィッツによるハリウッド支配術2017.5.23
  10. 10【鈴木信也】ジャンプから消えたマンガ家はどうなる? 元ジャンプ作家が仕掛ける“穏やかな反撃”2017.5.24
Recommended by logly
サイゾープレミア

2017年6月号

「教育勅語」とはなんだったのか?

「教育勅語」とはなんだったのか?
    • 【教育勅語】の歴史学
    • 【教育勅語】と天皇
    • 【教育勅語】口語訳全文

三上悠亜が語る「アイドルの終焉」

三上悠亜が語る「アイドルの終焉」
    • 三上悠亜「アイドルになりたかった」

インタビュー

連載