>   > 【企画編】雑誌グラビアから文房具まで「こ...
第3特集
3D映像は世界を変えるのか!?【4】

【企画編】雑誌グラビアから文房具まで「こんな"3D"ってアリなんですか!?」

+お気に入りに追加

──昨年来のブーム以前から存在する雑誌の付録やグラビア、謎の3D文房具まで、映像作品以外の3D関連グッズもご紹介!!

1104_3D_goods.jpg
『フェイク・3D・サングラス』。肝心の3D映像には対応していないらしい。


 3D技術を取り入れているのは、いわゆる映像分野だけではない。新聞、雑誌などの紙媒体は、むしろそれらより積極的、継続的に3Dを利用してきたといっていい。その代表例が、雑誌メディアの袋とじなどに見られる3Dグラビアだ。

 また、新聞メディアにおいても、下で取り上げる日刊スポーツ以外にも、11年1月から、朝日新聞が毎週日曜の朝刊の中で、写真や広告などを中心とする3Dページを掲載している。広告業界においては、映像・紙を問わず、広告手法としての3Dの潜在能力を評価する動きも広まっているようだ。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

サイゾープレミア

2017年4月号

悪法の研究――正義と法の歴史学

悪法の研究――正義と法の歴史学
    • 歴史で見る【悪法】のトリセツ
    • 【悪法】は司法でどう扱われるか?
    • 【悪法】誕生のカラクリ
    • 【法哲学者】が語る悪法対処法
    • 【刑法改正】は穴だらけ?

片岡沙耶と考える下着デザイン事情

片岡沙耶と考える下着デザイン事情
    • 男は知らない【下着事情】

連載