>   > あの高城剛がLCCに噛み付いた!「ANA...
第1特集
ローコストキャリアに揺れる航空業界【2】

あの高城剛がLCCに噛み付いた!「ANAの決断は遅すぎだ!」

+お気に入りに追加
1101_cover_lcctakashiro.jpg
高城剛氏の著書『70円で飛行機に乗る方法』

 海外を飛び回るビジネスマンにとって、もはや飛行機は欠かせない足となっている。そんな飛行機に年間50回以上搭乗するというのが"ハイパーメディアクリエイター"と呼ばれている高城剛氏だ。高城氏自身、その先見の明を生かして2008年には『70円で飛行機に乗る方法』(宝島社新書) という本も執筆しているほど。常に時代の100歩先を行く高城氏はLCCの将来について、そしてANAの未来についてどのように考えているのだろうか?

「LCCが日本に就航するだろうということは、5年前から確信していました。日本でもようやく活発化してきたようですが、諸外国からは相当遅れています。ANAの参入も、タイミングを逃しているのでうまくいかないでしょう。ANAのLCCが成功するためには、エアアジアを買収して、経営に一切口を出さないことくらいじゃないですか?

 現在、日本の航空会社は必要以上に人件費が高く、会社にまとわりつくしがらみも大きすぎます。そもそもナショナルフラッグのような既存の航空会社とLCCのような新興航空会社は、大規模サーバーとノートPCくらいに構造が異なっているんです。そのような前提を理解していない日本人には、いつまでたってもLCCの本質がわからないでしょうね。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

サイゾープレミア

2017年4月号

悪法の研究――正義と法の歴史学

悪法の研究――正義と法の歴史学

片岡沙耶と考える下着デザイン事情

片岡沙耶と考える下着デザイン事情
    • 男は知らない【下着事情】

連載