>   > 公務員試験に学生殺到で倍率は100倍! ...
1101_cover_korea3.jpg
格差社会は韓国でも社会問題になりつつあるようで……。

 当特集【1】でも触れた通り、韓国の雇用情勢は、日本と同様、あるいはそれ以上に悪化している。特に大卒者の就職率は、50・5%と、日本のそれをはるかに下回る(日本は60・8%)。韓国の学歴重視のお国柄はつとに知られていることだが、05年度時点で高等教育への進学率は89%と群を抜いて高い(日本は54%、アメリカで82%)。受験戦争の厳しさは日本以上で、ドラマ『ドラゴン桜』がかの国でリメイクされ、話題を呼んでいるのもうなずける状況だ。それだけの戦いをくぐり抜けても就職が保証されるわけではないとなれば、韓国の若者にとっては人生設計などあったものではないだろう。

 日本でも不況が続くと公務員人気が上昇するのは常だが、韓国でもそれは同様のようで、一般企業への就職を諦めた学生の中には、公務員試験を目指す者も多いという。

「公務員試験の勉強のために、大学を休学する学生もいるといいます。でも、たとえばソウル市の職員の求人倍率はひどい年だと100倍を超えることもあるくらいで、サムスングループなど財閥系企業への就職と同じくらい難しいんじゃないでしょうか。大学卒業後も何年も公務員を目指して浪人し続ける若者もいます。まるで科挙試験のようですよね(苦笑)」(ソウル在住日本人)

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

サイゾープレミア

2017年2月号

過激な「マンガ」読本

過激な「マンガ」読本

"経済予測記事"はなぜハズれるのか?

    • 【経済予測記事】はご都合主義?
    • 経済学者が語る【金融緩和バトル】
    • 経済誌【制作の舞台裏】

カルチャー化する"メンヘラ"の謎

カルチャー化する
    • 【青山ひかる】が病みかわコス!
    • カジュアル化する【病み】
    • 【松永天馬】が語るメンヘラ

インタビュー

連載

    • 【平嶋夏海】もう少し遊びたかったんです。
    • 【山崎真実】Dカップの無為自然
    • MoeにKoiする5秒前
    • 大統領選を揺るがした【フェイクニュース】
    • 迫りくる教育の【2020年問題】
    • 高須基仁の「全摘」
    • 人はなぜ【忘年会】を開くのか?
    • 南米のマツリ・ダンス文化
    • 哲学者・萱野稔人の「"超"哲学入門」
    • 月刊カルチャー時評/『真田丸』
    • 【ア・トライブ・コールド・クエスト】黒人音楽の常識を変えた!
    • 【恒例運転者事故続発】誤ったイメージ醸成の理由
    • 町山智浩の「映画でわかる アメリカがわかる」
    • 『男子の生き様』俳優・宮城紘大
    • 増える依存症と経営赤字【カジノ法案】の真実
    • 小原真史の「写真時評」
    • 「念力事報」/プーチン最強伝説
    • ジャングルポケットの「アダルトジャングル探検録」
    • 【紙の月】女の正義は状況や気分によって容易に更新される
    • 磯部涼の「川崎」
    • アメリカにはない【日本のSM】
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 更科修一郎の「批評なんてやめときな?」
    • 花くまゆうさくの「カストリ漫報」