>   >   > 学生時の逮捕から現在までお世話になった女...
連載
高須基仁の暴言・放言・妄言録 私は貝になりたい 第63回

学生時の逮捕から現在までお世話になった女性たちをすべて実名で振り返る

+お気に入りに追加

「しゃべるな!」と言われたことを、あちこちでしゃべりまくり、命まで狙われたこともあるというタカス。周囲から怒られる度に「貝になる」と誓うのだが、その方言癖はいまだ健在だ。

1101_takasu.jpg
トミー時代、UNOカード日本発売の仕掛け人として、おもちゃ専門誌の表紙を飾ったこともあった。その後、外資系おもちゃ会社の社長を務め、バブル期を謳歌。海外に出かける機会も多く、アントワープでエロスの究極を体験。性的に解放された。今は、あの頃の遺影を抱えて生きているようだ。

 私は常々、羊羹のようにスパッと切る人生はイヤだ、チーズを切るようにギザギザに切り、またいつかくっつけばいいなと思っていた。だが、それは不可能なのだとしみじみ感じた。

 なんのことかというと、離婚のことである。いやはや、離婚ってのは、たいへんだな。私が全部悪いということで腹は決めているが、それでもズシリとくるものがある。

 テレビや連載コラムで亭主との仲を暴露している中瀬ゆかりみたいでイヤだが、今回は"忘れられない4人の女"について振り返ってみたい。

 まずひとりは、学生時代、中央大学の映画研究会に在籍する傍ら、日刊スポーツ芸能ニュースのライト持ちのアルバイトをしていたとき知り合った、岩上登美子さん。当時、彼女はまだ高校生だった。スラッとしていて長い髪を真ん中で分けて、カルメン・マキのような雰囲気の子だった。私が学生運動でパクられたときは、何回も差し入れに来てくれた。「あなたにはモスグリーンがよく似合う」と言っていたことを覚えている。今でもモスグリーンの服をなんとなく選んでしまうのはそのせいか。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミア

2017年10月号

(裏)動画案内2017

(裏)動画案内2017

チラリと魅せる和モノ写真進化考

チラリと魅せる和モノ写真進化考
    • みうらうみ「現役音大生の(禁)水着」

哲学的アニメ批評的水着グラビア

哲学的アニメ批評的水着グラビア
    • 【鹿目凛】と東大教授の化学反応

インタビュー

連載

    • 【青山ひかる】ニコ動が好きなんです。
    • 【藤田ニコル】彼氏と聴いてたback number
    • 『ユアタイム』、下から見るか?横から見るか?
    • 日本企業の【AI・IoT】は絶望的な結果!?
    • ゲス不倫くらいで騒ぐな!地下格闘技を見ろ!
    • 【菊地成孔】ミュージシャンと文筆家、2つの顔トーク
    • 思い出を作る【米軍基地】の盆踊り
    • 哲学者・萱野稔人の「"超"哲学入門」
    • 【2パック】ラッパーの物語が銀幕へ
    • 世界はいま本当に【テロ】の時代か?
    • 【アダルトチルドレン】ですべては親のせい!?
    • 町山智浩の「映画でわかる アメリカがわかる」/『デトロイト』
    • 【理工系優位】がもたらす大学教育と知の劣化
    • 小原真史の「写真時評」/戦死者たちの肖像(中)
    • 打ち上げミサイル、下から見るか?横から見るか?
    • ジャングルポケット/ずっと舐めていられる!擬似ちくびの魅力
    • 【打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?】女心と秋の空は、まるで神隠し
    • 「バイオクイーン」ショコラの果てなき野望
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • YouTuberよどこへ行く…幽霊、現代香具師たちの難儀な炎上
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』