>   >   > 学生時の逮捕から現在までお世話になった女...
連載
高須基仁の暴言・放言・妄言録 私は貝になりたい 第63回

学生時の逮捕から現在までお世話になった女性たちをすべて実名で振り返る

+お気に入りに追加

「しゃべるな!」と言われたことを、あちこちでしゃべりまくり、命まで狙われたこともあるというタカス。周囲から怒られる度に「貝になる」と誓うのだが、その方言癖はいまだ健在だ。

1101_takasu.jpg
トミー時代、UNOカード日本発売の仕掛け人として、おもちゃ専門誌の表紙を飾ったこともあった。その後、外資系おもちゃ会社の社長を務め、バブル期を謳歌。海外に出かける機会も多く、アントワープでエロスの究極を体験。性的に解放された。今は、あの頃の遺影を抱えて生きているようだ。

 私は常々、羊羹のようにスパッと切る人生はイヤだ、チーズを切るようにギザギザに切り、またいつかくっつけばいいなと思っていた。だが、それは不可能なのだとしみじみ感じた。

 なんのことかというと、離婚のことである。いやはや、離婚ってのは、たいへんだな。私が全部悪いということで腹は決めているが、それでもズシリとくるものがある。

 テレビや連載コラムで亭主との仲を暴露している中瀬ゆかりみたいでイヤだが、今回は"忘れられない4人の女"について振り返ってみたい。

 まずひとりは、学生時代、中央大学の映画研究会に在籍する傍ら、日刊スポーツ芸能ニュースのライト持ちのアルバイトをしていたとき知り合った、岩上登美子さん。当時、彼女はまだ高校生だった。スラッとしていて長い髪を真ん中で分けて、カルメン・マキのような雰囲気の子だった。私が学生運動でパクられたときは、何回も差し入れに来てくれた。「あなたにはモスグリーンがよく似合う」と言っていたことを覚えている。今でもモスグリーンの服をなんとなく選んでしまうのはそのせいか。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

人気記事ランキング
  1. 1羽生結弦の「目指している世界」を考えてみた/スケオタエッセイスト・高山真が見た四大陸選手権2017.2.23
  2. 2三原舞依の伸びしろ、オズモンドの完成度と危うさ…スケオタエッセイスト・高山真が見た四大陸選手権(女子編)2017.2.21
  3. 3羽生結弦、宇野昌磨、ネイサン・チェン…フィギュアスケートのグランプリファイナルに見た、「進化」と「狙い」とは2016.12.12
  4. 4女帝化する指原莉乃、噂される京楽の離脱…AKB最新ウラ事情2017.2.17
  5. 5菅田将暉になくて、伊野尾慧にあるものとは? 雑誌を占拠するジャニーズ、被写体としての実力を問う!2017.2.24
  6. 6美人度は政治家にとって必要か? 政策よりも資質と裏の顔を表す! グラビアとしての政治家公式写真2017.2.17
  7. 7“フォーマット”を踏襲しているだけ!? 篠山紀信は本当にスゴいのか? グラビアカメラマンの写真的功罪2017.2.22
  8. 8フォーマットの発明者【篠山紀信】から革新者まで――有名グラビアカメラマンの基礎知識2017.2.22
  9. 9小倉優子はベッド撮影がNGだった!水着が過激化したのは小池栄子のおかげ?下乳もM字開脚もNG!グラビアタブーの正体2017.2.21
  10. 10未成年との淫行疑惑で活動自粛中の【狩野英孝】に違法賭博疑惑も浮上か!?2017.2.6
サイゾープレミア

2017年3月号

ジリ貧ラジオが今背負うもの

ジリ貧ラジオが今背負うもの
    • 今【ラジオ】が"本番"な理由
    • 【星野源】が伊集院光を倒す日
    • 過激な【深夜お笑い番組】
    • ニッポン放送【女性アナ】カレンダー
    • 【音楽番組】は"事故"の宝庫
    • 【書き起こし】で広がるラジオの輪

AVと女性の性欲、そしてポルノグラフィ

AVと女性の性欲、そしてポルノグラフィ
    • 【腐女子】熟女セクシー女優×政治学者

連載