>   > 女装家ミッツ・マングローブ×ドラァグクィ...

──女装コラムニストのマツコ・デラックスが、AKB48らと並んで"今年の顔"と称され、"新・視聴率の女王"とも呼ばれた2010年。これまで"にぎやかし"として起用されてきたおネエタレントの需要は、おすぎやピーコの頃とはまた違った、毒舌コメンテーターとして変化しつつある。もはやお茶の間にも定着した彼女たちを求める人々の真意は、いかがなものか?

1101_okama_tobira.jpg
(写真/有高唯之)

 2010年の芸能界を振り返る上で欠かせないのが、自らを"デブ女装コラムニスト"と称するマツコ・デラックスの大ブレイク。また、同氏と旧知の仲である"女装家"、ミッツ・マングローブの台頭も印象深い。

 これまでにも日本の芸能界では、ダンサーとしても活躍するKABA.ちゃんやニューハーフタレントのはるな愛をはじめ、ゲイの芸能人が定期的にブレイクしてきた。さらに「女装」という観点から見ても、古くは歌手の美輪明宏、近年では美容家のIKKOらの先人がおり、そういった意味でマツコとミッツは、決して新しい存在には映らないかもしれない。しかし、「出自」という観点で見てみると、両名と先人たちとは決定的な違いがあることがわかる。「女装」の中でも、奇抜な衣装とメイクでショーを行う「ドラァグクイーン」に該当する2人の土壌には、日本が誇るゲイタウン・新宿二丁目があるのだ。これまでの芸能界は"二丁目的なもの"を積極的に露出させることはなく、同様の先人でここまでブレイクした人もいないに等しかった。

 こうした変遷をたどっていながらも、ゲイの芸能人に対するメディアの取り上げ方は、今も昔も形式的である感が否めない。メディアでは女装もニューハーフも「おネエタレント」とひとくくりにされ、世間が思う"おネエタレント像"に沿うようにデフォルメされがちな現状を、当事者たちはどう感じているのだろうか。その"本音"を探るべく、二丁目でのパフォーマンス活動を10年近く共にしながら、現在は芸能界に進出したミッツ・マングローブ、片や今も二丁目のステージを基盤に活躍し続けているエスムラルダの両名に話を聞いてみた。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミア

2018年1月号

「SEX」新論

「SEX」新論
    • 【現代アート】のセックス表現
    • 感じる【ドラマ】のエロシーン
    • 規制をかいくぐる【地上波エロ描写】
    • 鬼畜エロを描く【野島伸司】
    • 日本人【巨乳】受容の70年史
    • 【大澤玲美】美巨乳をかく語りき
    • 米音楽業界【セックスシンボル】学
    • ゲイの【セックスシンボル】像とは?
    • 【ハメ撮り】とエロ動画の考現学
    • 【中国】がハメ撮り大国になる!?
    • 【フェミニズム】セックス論の歴史
    • 【セックス議論】を牽引した9冊
    • 決定!【ちんこ】の新しい単位
    • 【セックス論文】の真意を読む
    • 【性】を通して社会を見る2冊
    • 【海外】で紹介される日本の性風俗
    • 【東京】ナイトライフ案内
    • 【男色】が武士の出世を左右したワケ
    • 時代で見る【男色】文化の変化
    • 【井原西鶴】の最大傑作は男色だった?

チラリと魅せる和モノ写真進化考

チラリと魅せる和モノ写真進化考
    • 【森咲智美】不適切な愛人バディ

小池と都ファの報道モンダイ

小池と都ファの報道モンダイ
    • 【都知事】スキャンダル頻出のワケ
    • 【小池都知事】は本に何を描くか?
    • 【都知事本】7冊読み比べ
    • 【メディア】は都知事の味方か?
    • 【小池都政】が目指す条例制定の動き

NEWS SOURCE

    • 【紅白&レコ大】で芸能界2大巨頭がバトル
    • 【ライザップ】負ののれん代と株操作
    • アベマか総合か?【日馬富士】争奪戦

インタビュー

    • 【加藤梨里香】アツい演劇論がほとばしる女優
    • 【東京ゲゲゲイ】ドリカムも絶賛するエンタメ集団
    • 【沖田臥竜】ペンを武器に息巻く元ヤクザの夢

連載

    • 【都丸紗也華】毎日体型が変わるんです。
    • 偶然の導きで体操を始めた少女
    • 【安室奈美恵】を愛してマスカット
    • 日本社会が直面するデジタル革命の理想と現実
    • 高須基仁の「全摘」
    • 【田中裕二】イチ野球ファンとして語る
    • 【家電】が楽器にリボーンする祝祭
    • 哲学者・萱野稔人の「"超"哲学入門」
    • 【座間殺人事件】なぜ異常な殺人を犯したか?
    • 【精神障害者】と座敷牢の真実
    • 町山智浩の「映画でわかる アメリカがわかる」/『否定と肯定』
    • 【カタルーニャ】独立宣言の真意
    • 小原真史の「写真時評」
    • 「念力事報」/新しい地図と古い地図
    • ジャングルポケットの「アダルトジャングル探検録」
    • 【泣き虫チエ子さん】子どもを作らないことを選択する幸福論
    • バーレスクダンサーのチラリズム
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 幽霊、滅びつつ栄えるポルノの国で。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』