>   >   > 厳格なユダヤ人の信仰とジョークとロックン...
連載
町山智浩の「映画がわかる アメリカがわかる」 第29回

厳格なユダヤ人の信仰とジョークとロックンロール

+お気に入りに追加

【今月の映画】

1003_machiyama.jpg
『ア・シリアス・マン』
1967年、アメリカ中西部──。妻とふたりの子どもと暮らす、ユダヤ人大学教授ラリーの人生は、ごくごく真っ当なものだった。だがある日、妻のジュディスが離婚を切り出し、人生の歯車が狂い始める。子どもの素行不良、肉親の交通事故、卒業をめぐる賄賂などマジメなユダヤ人教授に多くの災難が降りかかり……。
監督/ジョエル・コーエン、イーサン・コーエン 出演/マイケル・スタールバーグ/リチャード・カインド 日本公開は未定。

 コメディアンにはユダヤ系が多い。マルクス兄弟とウディ・アレンのほかにも、メル・ブルックス、ピーター・セラーズなど挙げればキリがない。

 実際、数千年にわたって弾圧されてきたユダヤ系はジョークの宝庫として知られている。笑いは過酷な現実から自分を守る盾だった。祖国を失い、差別され、宗教裁判で拷問され、ポグロムで家を焼かれ、ホロコーストで虐殺された。あまりに理不尽だ。こんな現実は受け入れ難い。なら、笑い飛ばすしかない。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

人気記事ランキング
  1. 1あばれる君、イモトアヤコ、平野ノラ…生き残るのは誰だ? キャラ芸人を乱発するナベプロ――ブルゾンも使い捨て!? の育成戦略2017.5.17
  2. 2やっぱり不倫はアウト! 全CMが放送中止で渡辺謙が大ピンチ!2017.5.17
  3. 3お台場は今日も火事……河本準一の「生ポ」ネタでくりぃむ有田とフジがまた炎上2017.5.8
  4. 4日本テレビの内定を断ったフジテレビのスーパールーキー・久慈暁子アナ“唯一の弱点”とは?2017.5.11
  5. 5音事協を取り巻く団体のトップは芸能界の重鎮? JASRAC収益は143億円! 音事協と関連団体の“絆”2017.5.22
  6. 6【クロサカタツヤ×角 勝】“不作為”こそ罪 勘違いされたオープンイノベーションのまっとうな始め方2017.5.22
  7. 7メディアへの圧力団体という虚像――タレント肖像権をチラつかせる音事協はタブー団体なのか?2017.5.22
  8. 8裏社会とのつながりを憂慮した歴代のトップたち…芸能界の重鎮が歴任! 音事協会長の履歴書2017.5.22
  9. 9GSと田邊社長が築いた芸能システム――一介のドラマーが芸能界のドンへ! グループ・サウンズから見る芸能史2017.5.21
  10. 10佐々木希と渡部建の結婚に希望を見いだしている独身中年男性は、身のほどをわきまえるべきである。【佐々木】は希の風が吹く2017.5.23
Recommended by logly
サイゾープレミア

2017年6月号

「教育勅語」とはなんだったのか?

「教育勅語」とはなんだったのか?
    • 【教育勅語】の歴史学
    • 【教育勅語】と天皇
    • 【教育勅語】口語訳全文

三上悠亜が語る「アイドルの終焉」

三上悠亜が語る「アイドルの終焉」
    • 三上悠亜「アイドルになりたかった」

インタビュー

連載